Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

がんばれ高知!!eco応援団

番組情報
番組名

がんばれ高知!!eco応援団

放送時間
(日)11時00分~11時20分
番組紹介

「がんばれ高知!!eco応援団」は環境に対する素朴な疑問を基に、皆さんで環境問題を考えていこうという番組です。

地元を学ぶ友釣り体験

高知市土佐山にある小中一貫の義務教育学校「土佐山学舎」の4年生が、学校独自の教育カリキュラム『土佐山学』の一環として、鏡川でアユの友釣りを体験した。今回、初めてとなる活動には鏡川漁協や高知市内の釣具店、大手釣具メーカーが協力。技術指導や釣具の提供を行った。初心者には難しいとされる友釣りだが、およそ3時間で30匹ほどの釣果があった。この取り組みから、身近な自然を生かした環境学習の効果について考える。


間伐材で歴史を学ぼう

高知市上町にある「龍馬の生まれたまち記念館」でワークショップ「龍馬さんの紙芝居&木工で黒船づくり」が開催された。幕末、龍馬が江戸に出ていた時に、浦賀でペリー率いる黒船に出会ったエピソードの紙芝居を観た。そのあと、間伐材を使った黒船づくりを体験した。そして再び紙芝居「坂本家の山の森」の話で、森が川や海に及ぼす影響や森の大切さを学んだ。楽しみながら歴史や環境について学んだ様子を紹介する。


世界へ届け!木の魅力

高知市土佐山にある小中一貫の義務教育学校「土佐山学舎」は、1年生から9年生までの学年編成や『土佐山学』など独自の教育を進めている。その7年生が、カンナで削った木の屑から、自分たちで作ったコサージュ(衣服につける花飾り)の普及に取り組んでいる。目標は東京オリンピック・パラリンピックで利用されること。この活動を通して、地域から世界に目を向ける子どもたちの姿と、支援体制を紹介する。


ジビエで地域を元気に

高知商業高校の「ジビエ商品開発・販売促進部」の生徒が香美市香北町にある「韮生の里 美良布直販店」で『ジビエ・マルシ2019』を行った。野生鳥獣による食害が社会問題となる中、県内でも被害が多い香美市を元気にしようと実施。シカ肉を使ったカレーライスパンやジャーキー、シカの角を加工した箸置きなどを販売した。地元の食品加工グループも参加したこのイベントから、ジビエで地域交流を目指す生徒たちの思いを紹介する。


緑の整備で街を美しく

高知市の公園で低木植え込みの剪定作業が行われた。この作業は、高知市が取り組んでいる「初夏のまちを美しくする運動」の一環として、剪定のプロたちのボランティア活動で行われている。作業が行われたのは、高知市中央公園とはりまや橋公園。高知県造園業協会青年部と、高知市の公園を管轄する、高知市みどり課、高知市都市整備公社のみなさんが参加した。剪定バサミや機械を使って、公園の緑が美しく整備される様子を紹介する。