あさコレ!

番組情報
番組名

あさコレ!

放送時間
毎週土曜日 あさ9時55分~
番組紹介

さわやかな朝に視聴者に役立つ情報をコレクションしてお届けします!

【リポーター】
古川なるみ
ハル

「まるごと!土佐甘とうのツナマヨダレ」

【材料】
土佐甘とう                     5本

【ツナマヨダレ】
ノンオイルツナ・・・1缶(70g)
白すりごま・・・少々
カレー粉・・・小さじ1/2
マヨネーズ・・・大さじ1
パセリ・・・少々

【作り方】
1、アルミホイルに土佐甘とうをまるごと乗せ、オーブントースターで焼く。
  3分程度焼いたらひっくり返して2分焼く。
  ※ご家庭のトースターの温度設定により、焦がさないよう時間を調整して下さい。
  ※魚焼きグリルなどでも大丈夫です。

2、【ツナマヨダレ】の材料を全て混ぜ合わせる。

3、器に焼きあがった甘とうを並べ、ツナマヨダレをかけたら出来上がり。

ヘタを切り落とさずまるごと焼くのがポイント。中の種も美味しくまるごと食べられます。

☆風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果が期待できるビタミンCが豊富に含まれています。
また、β-カロテンやビタミンEも多く含まれ、老化防止や免疫力アップにも繋がります。
丸ごと食べることで栄養素を逃さず摂ることができます。


なるみの“目指せ!女子力UP!” 「サーモン幽庵焼き 大根ステーキ 酢取り茗荷添え」

今月からは、和食を学んでいきます!
料理を教えてくれるのはホテル日航高知旭ロイヤルの刈谷和食調理長。
今回のテーマは【食材の下処理を学ぼう】です。

 

【材料】4人前
サーモン切り身・・・60g×4~5切
大根・・・1/2本
茗荷・・・5個

<調味料>
サーモン
 塩・・・少々
 ユズのスライス・・・2~3枚
 漬け地・・・酒:濃口醤油:みりん【1:1:2】

大根
 和風顆粒だし・・・少々
 炊き地・・・水:みりん:薄口醤油【14:1:1】
 黒コショウ・・・少々
 油・・・大さじ1
 バター・・・10~20g
 醤油・・・大さじ1

ミョウガ
 塩・・・少々
 甘酢・・・水:酢:砂糖【4:2:1】

 

【作り方】
≪サーモン幽庵焼き≫
サーモンに薄く塩をふり、臭みを取る。
表面に水分が浮き出てきたらキッチンペーパーなどで軽く拭き取り酒、濃口醤油、みりんとユズのスライスを入れた漬け地に40分漬けこむ。
キッチンペーパーを浸して被せると、まんべんなく味が染みこむ。
魚焼きグリル(ない場合はフライパンやトースター)できつね色に焼き上げる。
焦げやすいので、火力は中火以下で!

≪大根ステーキ≫
大根は幅3㎝位に切り、硬い筋の部分が残らないよう厚めに皮を剝き、面取りをする。
米のとぎ汁で竹串がすっと通る位まで下ゆでをし、火が通ったら水に晒す。
水、みりん、薄口醤油と和風顆粒だしを入れた炊き地で炊き上げ、氷水を張ったバットやボウルに鍋ごと浸け、冷まして大根に味を含ませる。
荒熱がとれたら大根の表面に黒コショウを振り、油を敷いたフライパンできつね色になるまで焼く。
仕上げにバターと醤油を焦がさないように絡め、完成!

≪酢取りミョウガ≫
沸騰したお湯で縦半分に切ったミョウガを30秒程度さっとゆがき、丘上げして塩を振り冷蔵庫で冷ます。
荒熱がとれたら、水、酢、砂糖を合わせてよく混ぜた甘酢に漬け込み完成!
漬けてすぐも長く漬け込んでもおいしく、和食の彩り、付け合せにぴったり。
保存は冷蔵庫です。


「生でシャキシャキ!簡単ニラナムル」

【材料】
ニラ                  1束

【A】
醤油                  大さじ3
酢                     大さじ1
ごま油              大さじ1
白すりごま       大さじ1
豆板醤              小さじ1/2

【作り方】
1、ニラは2〜3cm幅に切る。
2、【A】を混ぜ合わせる。
3、1に2をかけ、味が馴染んだらできあがり。
*豆板醤の量はお好みで。ニラは生のまま使うことでシャキシャキ感が楽しめます。2〜3時間で食べられますが、一晩置くとさらに味が馴染みます。

【アレンジレシピ1】
シンプルな塩やきそばにあえるだけで、彩りもばっちり!ニラ塩焼きそばに。

【アレンジレシピ2】
ご飯に乗せて、鶏がらスープなどのお出汁ををかけて韓国風茶漬けに!

☆ニラはスタミナ野菜の代名詞。
抗酸化作用を発揮するβ-カロテン、ビタミンE、Cやセレンのほか、カリウムやカルシウムも含む栄養満点の野菜です。

強い香りのもとであるアリシンは、ビタミンB1の吸収率をアップさせ、糖分の分解を促進する効果があります。血行を良くして体を温め、胃腸の働きも助けてくれます。



ちょっと大人なフルーツグラタン

(材料4人前)
・新高梨(皮をむき1/16カット)・・・8切れ
・ブドウ(湯むき)・・・8粒
・イチゴ(へたを取り1/2カット)・・・8個分
・オレンジ(皮をむきフィレにする)・・・8切れ
・キウイ(皮をむき1/8カット)・・・8切れ
・ブルーベリー・・・8粒
・ミント・・・4枚
・粉糖…少々

【カスタードクリーム】
材料A
--------------------------------------
・卵黄…2個
・グラニュー糖・・・48g
・コーンスターチ・・・12g
・牛乳・・・200cc
・生クリーム(8分立て)・・・200cc
・ブランデー(お好みで)・・・20cc
--------------------------------------

(作り方)

【カスタードクリームを作る】

  • 鍋に牛乳を沸かす
  • Aの材料をボウルに入れ、白っぽくなるまでピーターで混ぜる。
  • ②に牛乳を少しずつ加えピーターで混ぜる。
  • ③の液体をシノワでこし、鍋に入れ木べらで混ぜながら沸かす。
  • ④をバットに移し、氷水にあて冷ます。

【盛り付ける】

  • お好みのフルーツを食べやすい大きさにカットして皿に並べる。
  • 生クリームを8分立てにしたものとカスタードクリーム、ブランデ―をボウルで合わせよく混ぜる。
  • ①に②をまんべんなく流し、粉(ふん)糖(とう)をふり、バーナーで焼き色を付ける。
  • ミントを飾る。

 

<ポイント>

・カスタードクリームの上手な作り方
⇒卵黄とグラニュー糖、コーンスターチはボールでよく混ぜる。
鍋に入れて焦がさないように混ぜながら、しっかり沸かす。

・生クリームの泡立て方
⇒氷水を当てながら、ピーターを手首で動かす。