KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (166)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■10月23日 九州・沖縄のおいしいもの一堂に
[ニュース]
■10月23日 ヤフー高知センター開設10周年で地産外商フェア
[ニュース]
■10月23日 二十四節気「霜降」日高のコスモス見ごろ
[ニュース]
■10月22日 農業体験研修でお客さんの気持ちに寄り添う心を
[ニュース]
■10月22日 宿毛フェリー休止 再開のめど立たず
[ニュース]
■10月22日 大豊町の山中に生コンクリート落下で国が調査
[ニュース]
■10月21日 歯と口の健康いつまでも
[ニュース]
■10月20日 歩いてがん患者らを支援
[ニュース]
■10月20日 全国目指しリズムダンス
[ニュース]
■10月19日 とさでん交通が出前授業

 
1
(3)
2
(3)
3
(2)
4
(2)
5
(3)
6
(1)
7
(1)
8
(2)
9
(3)
10
(2)
11
(3)
12
(3)
13
(1)
14
(1)
15
(3)
16
(3)
17
(3)
18
(2)
19
(3)
20
(2)
21
(1)
22
(3)
23
(3)
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■10月23日 九州・沖縄のおいしいもの一堂に
 
九州と沖縄のおいしいものを一堂に集めた物産展が
高知市のデパートで開かれています。

この物産展はこれまで別々に開かれていた
九州と沖縄の物産展をひとつにまとめて、高知大丸が開きました。
31店舗が出店していて、佐賀のイカシュウマイや
福岡の辛子めんたいこ、鹿児島のさつま揚げに
沖縄のサーターアンダギーなど、
九州・沖縄の豊かな自然・文化に育まれた
おいしいものが並びます。

こちらは高知初登場!
福岡、TORIKAI CAFEの豆乳ガトーショコラです。
生クリームの代わりに豆乳が使われているため、
カロリーが抑えられているほか、小麦粉を使っておらず
口溶けが非常に滑らかな商品です。
6月には福岡の新しい定番おみやげを決めるコンテストで
3位に入賞していて、今注目のスイーツです。

(女性2人)
「おいしかったどこの店もおいしくて楽しかったです」
「きょうは(辛子明太子の)福さ屋が来ていると聞いて来た
 買えたのでホクホクしています」

九州・沖縄物産展は今月29日まで高知大丸で開かれています。 

[ニュース]
■10月23日 ヤフー高知センター開設10周年で地産外商フェア
 
IT業界大手の「ヤフー」が、
高知市に事業所を設けて10年が経ちました。
これを踏まえ東京本社では高知の地産外商フェアが開かれ、
県が、人材育成も視野に入れた一層の連携を求めました。

「ヤフー」は、2008年10月、高知市に事業所を設けました。
現在はおよそ80人体制で、オークションやショッピングの利用者を
サポートしています。
ヤフーでは、東京本社に勤務するグループ社員およそ7000人に、
事業所を設けている地域の認知度を上げようと、
各地のフェアを開いています。
きょうの高知フェアでは、社員食堂の一角に、
お菓子や水晶文旦など銀座のアンテナショップ・
まるごと高知の人気商品が並びました。

(ビスケットのファンという男性)
「ミレーが大好きなおやつだったんで、
 いろんな種類に驚いていついカゴに入れちゃいました。全部。」

高知の食材をふんだんに使ったランチには、
長い列ができました。
ヤフーでは食堂のシェフらが実際に高知を視察し、
生産者からこだわりを聞いた上で、
使用する食材とメニューを決めたとのこと。
四万十鶏やしらす、旬の四方竹を使った御膳や、
奈半利町の土佐赤牛のお重などが人気を集めました。
(女性)
「素材がおいしくって、カツオのたたきも分厚く
 切られていて、とってもおいしくいただきました。」 
(女性)
「新鮮な野菜や魚があると思うので、ぜひ行って
 みたいなと、今回の定食を食べて感じました」

またきょうは尾ア正直知事が、
ヤフー川邊健太郎(かわべ・けんたろう)社長と
会談を行い、今後の人材育成も視野に入れた
一層の連携を求めました。
(尾ア正直知事) 
「ITコンテンツ関係産業の振興に大変いま力を
 入れているところですから、タイアップさせていただければ
 ありがたい。」

ヤフーは今後も一次産業への貢献などを目的に、
高知との連携を継続する方針です。 

[ニュース]
■10月23日 二十四節気「霜降」日高のコスモス見ごろ
 
きょうは二十四節気のひとつ「霜降」。
霜がおり始めるころとされています。
日高村では8月に種をまいたコスモスが見ごろを迎えています。

「村の駅ひだか」に程近い1.6ヘクタールの畑では、
今コスモスが見ごろを迎えています。
このコスモスは、「日高村水と環境を守る会」のメンバーが、
8月末に種をまき育ててきました。
きょうは二十四節気のひとつ、「霜降」。
霜が降り始めるころとされ、また小雨がしとしとと
降る時期ともされています。

きょうの県内は雨が降ったところが多く、
コスモスもしっとりと雨に濡れていました。

今週末には畑で、村の駅ひだかとタイアップして
コスモス祭りが開かれる予定です。

(村の駅ひだか 朝日雄志郎駅長)
この村の駅も27日、28日は
新米まつりというイベントをやりますので、
コスモスまつりとそのイベントをお互い一緒にやりましょうと取り組んでいます。
まずは花を見てもらって十分堪能してもらっていろんな飲食物もありますので
そちらを召し上がってもらいたい是非ご来場いただきたいです

日高のコスモスの見ごろは来月上旬まで続きそうです。

会場のすぐ近くをJR土讃線が走っていて、
祭りの当日はトロッコ列車=幕末維新号が
運行される予定です。
幕末維新号は、コスモス畑を通過する際に
徐行運転する予定で、
コスモス祭りの会場では、トマトをイメージした
赤い紙風船を飛ばすイベントなども行われます。 

[ニュース]
■10月22日 農業体験研修でお客さんの気持ちに寄り添う心を
 
お客さんの気持ちに寄り添うことで
より良い仕事ができるよう
異業種の仕事を体験する取り組みが行われ、
参加者が汗を流しました。

(中川アナリポート)
「四万十町魚ノ川のこちらの畑では、
 およそ1ヶ月にわたるショウガの収獲作業が
 きょう始まりました。
 畑では大勢の方が慣れた手つきで作業を
 しているように見えますが、皆さん普段は
 銀行員として働いているんです!」

畑で汗を流すのは県内外で働く高知銀行の行員です。
高知銀行には農業経営について専門的な知識を持つ
「農業経営アドバイザー」と呼ばれる行員が24人います。
去年からはより実感をもって学んでもらおうと、
農業の実地体験を行っていて今年は25人の行員が参加しています。
体験は1泊2日で、きょうは四万十町で
ショウガやサトイモ、ピーマンの収獲や袋詰めを手伝いました。
ショウガの畑では、行員が“ヒゲ”と呼ばれる
ショウガの根を手作業で取り除くなどし、黙々と作業をしていました。
(行員)
「もう既に疲れています。頭が下がる思い。」
「私が担当している地区も農家の方が多くて、
 最近よく一緒に話す機会もあるので、
 実体験をもとに今までとは違い農家の苦労とかに
 共感できたらと思います。」

研修で行員を受け入れた「サンビレッジ四万十」は、
農作物が作られる過程を知ることで、
丹精込めて栽培する農家の気持ちを感じてもらえればと
話していました。 

[ニュース]
■10月22日 宿毛フェリー休止 再開のめど立たず
 
宿毛市と大分県佐伯市を結ぶ「宿毛フェリー」が
運航を休止しています。
背景には利用者の減少と燃料の高騰があります。

宿毛市片島の「宿毛フェリー」は、
高知と九州を結ぶ唯一の航路として1日3往復運航してきました。
「宿毛フェリー」によりますと、
ここ5年ほどは年間の輸送人員がおよそ4万人で、
ピーク時の半数近くに減少。
また、燃料となる重油の価格が、この1年で
1リットル当たり60円から85円程に上がり、
燃料代の資金繰りが悪化したということです。
このため宿毛フェリーは運航の休止を決め、
今月19日、高知運輸支局に届け出ました。
宿毛市をはじめ幡多6市町村と県は航路としての公共性に鑑み、
ドック代として最高2000万円までの補助金を
支出していましたが、自前の営業で賄う方針が示され、
平成25年度で打ち切ったということです。
運航休止を受けて宿毛市の中平市長は?

(宿毛市 中平富宏市長)
「宿毛市としても九州・佐伯市を結ぶ重要な航路ですので
 この船が止まっているのは非常に心配しています。
 情報の収集に努めていて市として何が出来るかを
 考えていきたいです。
 一日も早く再開していただきたいです。」

「宿毛フェリー」は運賃やダイヤ、便数の見直しが考えられるが、
具体策は決まっておらず再開の見通しは立っていないと話しています。 

 
/ 34