KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (283)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■12月15日 年賀状受け付け開始
[ニュース]
■12月14日 よさこい国際チームが来年の出場へネットで資金集め
[ニュース]
■12月14日 ユズ食べて育った土佐あかうしの試食会
[ニュース]
■12月13日 木曜市に旬がずらり・・しかし・・・
[ニュース]
■12月13日 岡本真夜さん観光特使に
[ニュース]
■12月13日 伝統の大敷網漁に密着
[ニュース]
■12月12日 チームラボ高知城光の祭 3万人に
[ニュース]
■12月12日 大型商業施設でテロ対応訓練
[ニュース]
■12月12日 手すき和紙で卒業証書づくり
[ニュース]
■12月11日 ロング巻き寿司づくり・今年は?

 
1
(1)
2
(2)
3
(3)
4
(3)
5
(3)
6
(3)
7
(3)
8
(1)
9
(2)
10
(3)
11
(2)
12
(3)
13
(3)
14
(2)
15
(1)
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■12月15日 年賀状受け付け開始
 
今年も残すところ2週間あまり。
郵便局ではきょうから
平成最後の年賀状の受け付けが
はじまりました。
高知市の高知中央郵便局では
セレモニーが行われ、
江ノ口保育園の園児たちが
受け付け開始をPRしました。
園児たちは
早速自分達が書いてきた年賀状を
ポストに投函していました。
日本郵便によりますと
今年の年賀状の元旦の配達数は
790万通と去年の93パーセントで
60万通減っています。
今回は平成最後、
皆さんどんな思いで
投函しているのでしょうか。
年賀状は
今月25日までに出せば
元旦に届くということです。 

[ニュース]
■12月14日 よさこい国際チームが来年の出場へネットで資金集め
 
世界12か国から踊り子が集まり、
今年のよさこい祭りに出場した桜舞ポーランド国際チームが、
来年の出場に向けクラウドファンディングで
支援を呼びかけています。
あす老舗チームと共演し、高知市でPRイベントを行う予定です。

よさこい鳴子踊りは世界28の国と地域に広がっていて、
県は2020年の東京オリンピック、パラリンピックでの
演舞を目指しています。
そんな中、今年のよさこい祭りには、
世界12か国から踊り子が集まった桜舞ポーランド
国際チームが初出場しました。
チームは2年連続の出場に向けて
クラウドファンディングで支援を呼びかけていて、
あす、高知市でPRイベントを行う予定です。
イベントには高知市のチーム帯屋町筋も
参加することになっています。
チームの代表、田中恵美子さんは
「さらに多くの世界の踊り子達と
 2019年の出場を目指したい。
 活動を知ってもらうきっかけになれば」と話しています。
イベントは午後5時半から、高知市の中央公園北口で行われます。 

[ニュース]
■12月14日 ユズ食べて育った土佐あかうしの試食会
 
柚子を食べて育った土佐あかうし=柚子だっこの
試食会が開かれました。
おいしいだけではなく体に優しいという柚子だっこが
さまざまな調理法で振舞われました。

試食会は、「柚子だっこ」の認知度を高めようと、
高知大学と龍馬学園が、流通や販売に携わる事業者らを
招いて開きました。
「柚子だっこ」は搾ったあとのユズの皮を
エサに混ぜて飼育された土佐あかうしです。
飼育・研究を行う高知大学の「あかうし研」によりますと、
ユズを与えることで、ヘルシーな牛肉になるといいます。
脂肪に含まれ、コレステロール値を適正に保つといわれる
「オレイン酸」が増加するためです。
調理したのは、現代の名工・島田和幸シェフです。
ローストビーフやしぐれ煮など、
柚子だっこの肉質を生かした4種類の料理が出されました。
私もローストビーフをいただきました。

参加した人たちは、料理を通して「柚子だっこ」の味や食感を
堪能していました。

コース料理として出された「柚子だっこ」を
初めて味わった「あかうし研」の学生は。

「あかうし研」は、今後、生産者や行政と
連携しながら安定した生産を行い、販路を確保することで、
「柚子だっこ」をブランド牛として広めることを目指しています。 

[ニュース]
■12月13日 木曜市に旬がずらり・・しかし・・・
 
高知市の街路市には
安くて立派な旬の野菜が並んでいます。
しかし、生産者からは
「豊作貧乏」と嘆く声も聞かれました。
店には、大根や白菜など
旬の野菜が並んでいます。
こちらの店では、
今月に入り台風の影響を
受けていない作物がとれ始めたことから、
野菜の値段が最大、半額にまで下がり
例年並みになったということです。
こちらの店は、
大きな野菜が目立ちます。
豊作によって、どの生産者も
値段を下げて売っているため
価格競争が激しくなっているといいます。
生産者は、
お年寄りのお客さんのために
なるべく小さくて軽い野菜を
店頭に並べるなど
今年ならではの工夫をしていました。
このほか
クリスマスやお正月用の花が並ぶなど、
高知市の木曜市は
師走らしい表情を見せていました。 

[ニュース]
■12月13日 岡本真夜さん観光特使に
 
高知出身のシンガーソングライター=
岡本真夜さんが、
県の観光特使に委嘱されました。
観光特使に委嘱されたのは、
県出身のシンガーソングライター=
岡本真夜さんです。
きょう高知市で
委嘱状の交付式が行われました。
このあと、
観光特使として活動するための
名刺も渡されました。
岡本さんは四万十市の出身です。
1995年にデビューし、
デビュー曲=「TOMORROW」は
200万枚のセールスを記録する
大ヒットとなりました。
現在は
ピアニストとしても活動する岡本さん。
ふるさと・高知に帰って来る時は、
いつも「ほっとする」といいます。
県が観光特使に委嘱するのは、
岡本さんで499組目です。
岡本さんは今後、SNSで
高知の魅力を発信するなどして、
さらなる高知のPR活動に
力を入れていきます。 

 
/ 57