KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV

 第441回 審議会だより

テレビ高知放送番組審議会

第441回審議会議事の概要 
1.開催年月日
平成23年2月4日(金)
2.出席委員(敬称略)
委員長 石川 啓子
副委員長 下岡 正文
委員 荒川 浩一
池田 あけみ
小松 加枝
坂本 世津夫
会社側出席者 竹村 修己(専務取締役)
井上 良介(常務取締役報道技術センター長)
小島 一水(取締役編成営業局長)
久禮田 徹(取締役総務局長)
事務局 笹岡 良昭 (事務局長)
欠席委員 佐竹 新市

3.議事の概要

(1)議題
番組の合評 「じゃらん!2モーニング」
放送:1月15日(土)9時25分〜10時20分

(2)審議の概要 
上記番組視聴の上、合評
次回定例会の確認
その他報告事項

(3)上記番組に対する委員の意見の概要は次の通り

  • 軽さ、テンポの良さが全体的に変動しない構成が良い。
  • 高速道を利用した御当地バーガーへの着目は面白い。高速道料金も合わせると情報力が高まる。
  • 情報満載の地域密着番組で、行楽など行動の切っ掛けになる。
  • 物を食べる時の音が気になる。マイク位置など配慮を。
  • スタジオの色彩トーンなど、ウキウキ明るくなる華やかさが欲しい。
  • すごく面白い訳でもないが、かと言って面白くなくもない。
  • ライブ感があり、高知のローカル番組は大事である。
  • ふざけたオヤジキャラの設定が、時々心配になる。他の番組のナレーションでもこのキャラが登場することがある。嫌いではないが痛い。
  • 柔らかいネタの中にもシリアスなネタを入れていかないと、カジュアルばかりでは飽きる。メリハリが必要。
  • 伝言板のカメラアングル、カメラワークが気になる。
  • 連絡先など、情報が分かりづらいケースが映像的にある。
  • グルメとなると同時に店の紹介ともなり、隈なく選択するという配慮が必要だ。
  • ひも付きであってもスマートに爽やかに処理して欲しい。
  • 食べ物を粗末に扱うような印象を受ける。全てを食べなくても、料理人の苦労話や作っている所を素直に巡ってもいいのでは。
  • 食べての満腹感や、それを越した苦しさは分かるが、作る人が聞くと「えっ」というコメントもあり要注意である。
  • 食べるシーンで前に注文した物の食べ残しが残っている。映像的な配慮が必要。
  • 食べるシーンで口元が汚れるが、一度でいいからティシュで拭うようなカットがあれば、心遣いを感じる。
  • いやらしさのない品のある食べ方には、ちょっとしたカメラの配慮が必要。