KUTVテレビ高知 原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい2018 LIVE配信 I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
テレっちのたまご
カテゴリ
■Chef's Kitchen (19)
■Village2018 (9)
■おけいこリサーチ (57)
■おでかけmarche (69)
■さけさかな (50)
■ソロメシ (30)
■チャチャッとレシピ (396)
■テレっちピックアップ (5)
■高知ユナイテッドSCサポーターズ (3)

番組情報
テレっちのたまご
月火水木金
16時15分〜16時50分

「テレビ」に「高知」の全てをギュっと詰め込んだという意味の「テレっち」。そして“産みたて新鮮”というイメージで「たまご」をつけました。
新鮮であり、やさしさがあり、あたたかみのある情報番組を目指し、グルメやレジャーはもとより子育てや地域の情報など様々な話題を「生放送」ならではの切り口で放送いたします。
http://www.kutv.co.jp/teletchi/

 

最近の記事
[チャチャッとレシピ]
■8月20日(月)お酢でさっぱり豚丼!
[チャチャッとレシピ]
■8月15日(水)アボガドのチョレギ風サラダ
[チャチャッとレシピ]
■8月13日(月)豚肉の肉じゃが風炒め
[チャチャッとレシピ]
■8月8日(水)牛肉とアボガドのオイマヨ炒め
[チャチャッとレシピ]
■8月6日(月)鶏肉の梅肉おろし
[さけさかな]
■8月2日(木) Baffone
[ソロメシ]
■8月1日(水) 上海
[Chef's Kitchen]
■7月31日(火)夏野菜と豆腐の優しい味あわせ
[チャチャッとレシピ]
■8月1日(水)油そば風混ぜそうめん
[チャチャッとレシピ]
■7月30日(月)牛肉と夏野菜のスパイス炒め

 
1
(3)
2
(1)
3
 
4
 
5
 
6
(1)
7
 
8
(1)
9
 
10
 
11
 
12
 
13
(1)
14
 
15
(1)
16
 
17
 
18
 
19
 
20
(1)
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[おでかけmarche]
■海の上のアスレチック!
今回やってきたのは、須崎市浦ノ内のシーパーク大島に誕生したコモドウラノウチ!
7月21日にオープンしたばかりのマリンレジャースポットです。 
目玉は四国初の「海上アスレチック」 
体験するのは我らが熱燗ドラゴン! 
海上アスレチックは専用のすべり止めシューズで遊びます
スベッっては困る芸人にとっても必須アイテム! 
 
海上アスレチック最難関がこちら 
 
あえなく撃沈のしんじょうさん 
続いて、おだっち! 
もうちょっと! 
撮影のためにはディレクターも渡らなければ 
しかし・・・ 
すべり台は子供たちに大人気! 
上から見るとこんな感じ 
無心になって楽しめますよ 
コモドウラノウチはマリンレジャーが満載! 
スピード感がものすごい! 
 
サップやシーカヤックも体験できますよ 
浦ノ内湾は内海で風や波の影響を受けにくいため
水面はとってもおだやか!初心者でも大丈夫! 
コモド浦ノ内は2日前までの予約制です
この夏は是非ご家族でお出かけください! 

[おでかけmarche]
■7月20日はスーパーバンド。ゴッチが吉良川町へ
今回は室戸市は白壁と水切瓦の町、
吉良川町にスーパーバンド。のゴッチがおでかけ。 
 
室戸といえばドラの地元。
それだけに今回は一緒に行きたかったみたいだけど、
ドラはお仕事でおでかけできず。 
吉良川町は明治から昭和初期にかけて
日本を代表する
良質の備長炭の生産地として
炭問屋や、京阪神へ搬出する廻船業で
繁栄した町です。 
当時を思わせる町並みは
ほんと画になります。 
路地裏に入ると
そこでも地域の生活感を感じられる
独特の景色を目にすることができます。 
 
まずゴッチが訪れたのは
周りと比べても見事ななめこ壁と見事な水切瓦が一段と目をひく
池田邸の蔵空間。 
 
築百二十年の蔵をカフェに、
邸宅を遍路宿に活用しています。 
実はお遍路中のツーライスも
去年宿泊して
お世話になっています。 
オープンから18年。不動の人気メニュー、
炭火自家焙煎コーヒーと手作りケーキのセットです。 
 
しかし蔵空間の一番の売りは
やはりこの空間そのもの。 
ふらりと庭へ出て炭問屋だったという
池田家の邸宅を見ると
当時の商家の作り、
間取りがよくわかります。 
ご主人の治英さんは
元々大手インテリアメーカーにお勤めでした。 
お話を伺ってると
お仕事を通じて培ってきたであろう
デザイン力や創造力は素晴らしいの一言。 
まだ手付かずの建物も今年改修し、
また新たな展開を考えているようですから
今後の蔵空間の
発展にもご注目を。 
 
そして蔵空間のすぐ近くに
去年9月にオープンしたばかりという魚処「玄」。 
そして蔵空間のすぐ近くに
去年9月にオープンしたばかりという魚処「玄」。 
吉良川備長炭の窯元として地元の若者の雇用創出や
地域おこしの活動に精力的に取り組む炭玄のお店です。 
オープン当初居酒屋だった「玄」でしたが
吉良川に訪れる観光客に
室戸のおいしい魚を食べてもらおうと
5月から金・土・日のみの
ランチを始めました。 
ゴッチがオーダーしたのは見た目にも一番贅沢な玄御膳。 
 
小ぶりながらも一尾丸々入ったキンメ煮は
インパクトありますね。 
なんせ、魚に関しては
舌の肥えている地元のお客さんが 
玄の魚はおいしいと
太鼓判を押すくらいですから
味は間違いありません。 
他にも刺身定食やあらだき定食、海鮮丼、
魚フライ定食などなど
850円〜1000円の
ランチもありますよ。
ランチタイムは11時から午後2時です。 
 
吉良川町は国道55号沿いに観光客用の駐車場もあります。
ぜひ、室戸方面におでかけの際にはお立ち寄りください。

ちなみにドラも高校時代は吉良川の海や川で友達と遊んだそうですよ。 
 

[おでかけmarche]
■北川村温泉ゆずの宿
北川村にやってきました。今いる場所は 
かつて魚梁瀬森林鉄道が走っていた小島橋!
森林鉄道の橋の中でも最大の橋です。 
なんと国の重要文化財に指定されています。
長さは143m!長い! 
奈半利川にかかるこの橋を渡った先にあるのが 
北川村温泉ゆずの宿です 
リニューアルオープンしたばかりです 
県産の木材。主に杉をふんだんに使っています。
その半分は地元北川村産なんだとか。 
 
天井も高くて気持ちいい! 
支配人にご案内いただきます。
こちらのお風呂は四国随一とも言われる・・・ 
 
いやあ楽しみです! 
中は広々してますね 
さすが、ゆずの生産量日本一の北川村です
シャンプーにコンディショナーにボディーソープ全てにゆずが入ってます。 
気持ちいい!!最高だーーー! 
なんでもこちらの泉質は、美肌の湯の代表格とされる
炭酸水素塩泉ということです。 
 
お湯はトロトロしていて
まるで石鹸のようなヌルヌル感を感じます! 
四国ナンバーワンとも言われるだけあります。
いやあ、素晴らしい! 
同じ泉質で、家族やカップルで気兼ねなく入れる
貸切風呂もありますよ 
せっかくなのでお部屋も見せていただくことに 
こちらは和洋室 
そんでもって・・・ 
この景観ですよ!全室から奈半利川が見えます。
さっき渡ってきた小島橋も格別ですね! 
お風呂はヒノキ風呂!贅沢! 
開放感満点! 
続いて宿泊者専用のレストランへ 
1人前の量がすごい・・・
地元食材にこだわっているそう。 
 
 
 
中でも特にこだわっている料理が 
目の前の奈半利川でとれた天然の鮎です。
木の芽ミソをのせて焼き上げているので
なんとも言えない極上の香りが! 
こちらも地元でとれた鹿のロースト!
赤ワインの香りが獣臭さを無くしています。
マスタードもポイントとのこと。 
山と川の自然に包まれた中で入るトロトロ温泉!
そしてこの美味しい料理!来ない理由が見つかりません!
癒されること間違いなしのスポットですよ! 

[おでかけmarche]
■6月22日(金)仁淀川町だんだんの里へ!
今回はスパバン。ゴッチが
仁淀川町長者地区におでかけしてきました。 
 
ちなみに酒場詩人吉田類さんのふるさとです。
雨にかすむ長者の山里の景色、すばらしい景色です。 
連なる石垣棚田。その歴史はおよそ400年。 
 
コンクリートだと
400年は持ちませんからねぇ。 
先人の知恵と
石組みの技術、見事です 
長者の守り神のように天に伸びる、長者の大イチョウの木。
樹齢は1200年、樹高は15mという巨木です。 
 
江戸時代に材木の一部として切り出されたり、
火事や台風の被害にも合いながら樹勢はますます元気だそうです。
ちなみに一番高い時で40mあったそうですよ。 
 
役場にスタッフが「ほんとですかぁ?」と聞くと
「本当です」との答え。
40mのイチョウ...圧倒的な巨木です。 
この日のお目当は
この大イチョウの横にある農家レストラン「だんだんの里」です。 
 
毎日は営業していませんが、
素朴ながらも、ほんとに
おいしいお食事がいただけます。
しかも安い! 
 
ゴッチがいただいたのはだんだんの里、おすすめの「星ケ窪カレー」。 
 
真ん中の穴にカレールー。
変わった盛り付けですが 
これには意味が・・・ 
星ケ窪には昔、
隕石が落ちてできたという窪みがあり、
今は池になっています。
隕石とはロマンがある話。
真偽のほどはわかりませんが、
本当だったらうれしいですけどねぇ。
ちなみに本当だとしたら
日本で唯一の隕石孔になります。 
しかも星ケ窪は昭和30年頃まで
西日本一の規模と言われた
草競馬が行なわれていて、 
なんと2万人もの見物客が
集まったそうです。 
つまり星ケ窪カレーは
このクレーターにできた池を
表現しているのです。 
今はキャンプ場になっています。
水も使えますし、トイレも完備で
使用料は無料という隠れた穴場です。
夜は星がすごいそうです。
夜になると人工的な光、ゼロですからね。 
そして「だんだんの里」に込められた意外な意味。
このネーミング、だんだん畑のだんだんからきてると思いきや、
それだけではなかったのです。 
 
この地区に残る「だんだんよ」という地元言葉。これは「ありがとう、また明日ね」という意味。
だんだんの里には訪れる人たちにこうした優しい思いがたっぷり詰まっているのです。 
 
景色だけでもほんとに来た甲斐があったと思える
見事な山里の景観。高知市からは車で1時間40分ほどです。
途中ドライブイン引地橋、ゆの森や中津渓谷と
ドライブコースに見所もいっぱい。是非おでかけのご参考に。 
 

[おでかけmarche]
■日高村オムライス街道
今回は5年目を迎える日高村オムライス街道の
新メニュー4品を食べ尽くします! 
1品目は、とことんトマトにこだわった「トマトだらけのオムライス」 
そのオムライスを提供しているのは村の駅ひだかの中にあるカフェ 
 
どんなオムライスなのかというと 
とってもカラフル!その名も、とまとオムライスです 
ソースはケチャップではありません
なんと糖度が高いフルーツトマトを使っています!
贅沢!!! 
とにかく甘い!
適度な酸味もたまりません 
トッピングにもフルーツトマトが!さらに! 
実はご飯にもトマトピューレが!
まさにトマトづくしのオムライスです 
トマトの風味満載のオムライス!
最高でした。 
続いては、1皿で2つの美味しいが楽しめる贅沢なオムライス! 
こちらも村の駅ひだかの中にあります 
デミグラスソースの香りが食欲をそそるハンバーグオムライス!
ハンバーグともオムライスとも相性抜群のソースです 
デミソースとケチャップライスが相まって
美味しさ倍増! 
デミグラスソースは喫茶店を30年以上続けていた
店長のお母さん直伝! 
 
子供の頃へタイムスリプできる
どこか懐かしさを感じるハンバーグオムライスでした 
3品目は、和風でも洋風でもないオムライスです 
喫茶わのわ2号店にやってきました 
今までにない香りが立ち上ります 
 
少し辛めの中華風オムライスです 
命名したのはオムライス大使にも任命されている
日高村出身の漫画家「くさか里樹」さんです 
ピリ辛よりも少し辛めかも?! 
中のご飯はなんと!えびチャーハン! 
オムライスの懐の深さが感じられるメニューです 
最後は、お好み焼き屋さんのオムライスです 
日高村の人気のお好み焼き屋さんです 
ソースの香りがたまりません! 
そばメシの上に、オムレツがのったオムライスです 
オムレツの中身は、トマトとチーズ 
そばメシにはトマトのピューレが入っています
ソースとトマトの組み合わせが斬新! 
これぞ男飯!といったオムライスです 
2019年3月末までスタンプラリーも行われています
5店舗で1000円引き、9店舗で2000円引き+オリジナルグッズ。
割引はオムライス街道参加店舗だけでなく、村の駅ひだか他
村内の量販店やガソリンスタンド、美容室でも受けられますよ
スタンプラリーの台紙付きパンフレットは各参加店舗に置いています 

 
/ 14