KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
テレっちのたまご
カテゴリ
■KJB (34)
■○○グルメ (22)
■あなたのまちの密かな自慢 (2)
■おけいこリサーチ (52)
■おしえて!ソニャエルくん (12)
■おでかけmarche (34)
■お知らせ (5)
■さけさかな (58)
■たつじんハント (10)
■オトナウェディング (1)
■チャチャッとレシピ (258)
■テレっちピックアップ (52)
■バックパッカーズ88 (10)
■高知ユナイテッドSC選手名鑑 (12)
■生ふら〜り (2)
■絶景弁当 (72)

番組情報
テレっちのたまご

「テレビ」に「高知」の全てをギュっと詰め込んだという意味の「テレっち」。そして“産みたて新鮮”というイメージで「たまご」をつけました。
新鮮であり、やさしさがあり、あたたかみのある情報番組を目指し、グルメやレジャーはもとより子育てや地域の情報など様々な話題を「生放送」ならではの切り口で放送いたします。
http://www.kutv.co.jp/teletchi/
【司会】
藤崎靖啓
藤崎美希
久保円華
石井俊大

【レポーター】
ツーライス(ヤス・大ちゃん)
野島信乃
古川なるみ


最近の記事
[チャチャッとレシピ]
■6月26日(月) 牛肉のオイ酢ター炒め
[おでかけmarche]
■6月23日(金)は越知町横倉山へ
[チャチャッとレシピ]
■6月23日(金)なんちゃってガパオ☆タイ風ご飯
[チャチャッとレシピ]
■6月21日(水)ロメインレタスとエビの中華炒め
[高知ユナイテッドSC選手名鑑]
■6月20日(火)第12回 14番MF堀江修平選手
[おけいこリサーチ]
■6月19日(月)はちぎり絵に挑戦!
[チャチャッとレシピ]
■6月19日(月)豚肉のあっさり塩炒め
[チャチャッとレシピ]
■6月16日(金)煮込みハンバーグ
[チャチャッとレシピ]
■6月14日(水)サラダ豆とゴーヤのさっぱり酢の物
[高知ユナイテッドSC選手名鑑]
■6月13日(火)第11回 13番MF村上魁選手

 
1
(1)
2
(1)
3
 
4
 
5
(1)
6
(1)
7
(1)
8
 
9
(2)
10
(1)
11
 
12
(1)
13
(1)
14
(1)
15
 
16
(1)
17
 
18
 
19
(2)
20
(1)
21
(1)
22
 
23
(2)
24
 
25
 
26
(1)
27
 
28
 
29
 
30
 
 

[おけいこリサーチ]
■6月19日(月)はちぎり絵に挑戦!
今回は「ちぎり絵」に挑戦!
教えてくださったのは
いの町和紙ちぎり絵サークルの
西野篤さんです。

いの町和紙ちぎり絵サークルでは、
月に1回、和紙ちぎり絵の第一人者
北村霞代子さんに指導を受けながら、
作品作りに取り組んでいるそうですよ。 
今回、ちぎり絵に使うのは
もちろん高知を代表する和紙
「土佐和紙」です。 
特に西野さんが好きな和紙は
「土佐典具帖紙」

カゲロウの羽にもたとえられる
世界一薄い和紙です。

ちぎり絵をする人たちにとっては
「宝の紙」なのだとか…。 
今回は、あじさいの
暑中見舞いはがきをちぎり絵で・・・。 
まずは和紙の基本的なちぎり方を
教わりました!

手でちぎる時は繊維に沿って
ひねりながらちぎります。 
ちぎってできる繊維の毛羽立ちを
極力なくしたい時は
鉄筆をつかって、
切り取っていきます。 
手でちぎったものと、鉄筆でちぎったもの。
違いわかりますか?

鉄筆でちぎった方が輪郭がはっきりしますよね。

和紙のちぎり方によって変わる
この毛羽立ちをうまく使って
表現していくのが
ちぎり絵の魅力の一つだとか。 
さて、早速久保アナも挑戦。
まずは花の部分に使う和紙を
選んでいきますよ!

西野さん曰く、ポイントは
「色」と「構図」
腕は関係ないのだとか…。 
和紙を選んだら、ちぎっていきます!
手や鉄筆を使って一つ一つ丁寧に…。 
いくつか、ちぎれたら
次は貼っていきます!

久保アナ、カラフルなあじさいを
考えているようですね。 
ただ、いきなり貼っていくのは不安が。
失敗したらどうしよう・・・
ちょっと怖いですよね・・。

でも大丈夫!実はやり直しがきくんです!

※ピンセットと水を使えば
はがせるのだそうです。 
「やり直しがきく」という言葉に
勇気付けられ、どんどん貼っていく
久保アナ。

薄い和紙を貼る時は、上からのりを
厚い場合は、裏にのりをつけて
貼っていきます。 
あじさいの花の部分ができたら、
次は葉脈や花芯など細かい部分を
いれていきます。

こうした細かい部分をしっかり
表現することで
あじさいらしくなるんですよ。 
最後は、和紙を細かくちぎったものを飾って完成です! 
 
ちぎり絵の体験は
いの町紙の博物館までお問い合わせください!
TEL 088−893−0886 
 

[おけいこリサーチ]
■5月15日(月)のテレっちは三味線!
5月15日(月)のおけいこリサーチは
三味線です!

教えていただくのは
二代目杵屋彌之吉さん。 
高知市出身の彌之吉さん。
高校を卒業後俳優を目指して上京。
演劇の勉強で始めた日本舞踊で
三味線に出会います。

その後、東京芸術大学に進み
歌舞伎や日本舞踊の舞台で活躍。
今では県内に拠点を移し、
教室も開いています。 
さて、三味線は全くの初心者の
久保アナウンサー。
早速教えていただきました!

今回教えていただくのは
細棹三味線といって
三味線の中でも小ぶり。
津軽三味線などとは違い
音も繊細です。 
三味線で一番難しいのが
撥さばき。

手首ではなく、
手の重さと撥の重さを使って
遠心力で撥を扱うんです。 
彌之吉さんいわく
三味線は「弦楽器」ではなく
「弦打楽器」

胴の部分を太鼓のように
撥でたたく
さらに弦を弾くことで
音を出しているんです。

だから、三味線一つで
いろんな表現ができるんですね。 
そして、棹の部分には
初心者でもわかりやすいように
「譜尺」がついています。 
久保アナ、今回は
「さくらさくら」と「よさこい節」を教わりまして、
よさこい節をスタジオで披露しました!

三味線教室、興味があるという方は
こちらまで! 
 

[おけいこリサーチ]
■5月8日(月)のおけいこリサーチはポーセラーツ
今回ご紹介するのはポーセラーツ
ポーセラーツとは、真っ白な食器に転写紙や絵の具でデザインするテーブルウェアクラフト。

世界でたった一つのオリジナルの食器が作れます! 
 
教えていただくのは
高知市内で教室を開いている
中島まゆみさん。

中島さんは
ピアノの先生でもあるんです! 
今回は転写紙でポーセラーツに挑戦!

転写紙で作ると基本失敗がないんです!
やり直しがきくところも、
初心者にとってはうれしいですよね! 
まずは食器にあわせてカットした
転写紙を水につけます。 
しばらくすると・・・
こんなふうにツルっと!
フィルムと台紙がはがれるんです! 
これをコップに貼り付けていきます!
これは簡単!! 
こちらが久保アナの作品!
イニシャルもあって素敵でしょ! 
スプーンもかわいくできました!

自分なりのデザインで
実用的でかわいい食器が作れるのが魅力的!

プレゼントにもいいですね。 
これを800℃で焼いて完成!
焼くのは先生がやってくださいます!

体験料は材料費込みで2500円〜!
ぜひあなたも自分用に!大切な人のプレゼントに!
作ってみてはいかがですか?

中島さんのポーセラーツ教室
ブログ:https://ameblo.jp/mamipiano-chinapainting/
HP:https://mamitakahome.jimdo.com 
 

[おけいこリサーチ]
■5月1日(月)のおけいこリサーチはシンクロ!
今回は視聴者の方からご連絡をいただきまして、
高知スイミングクラブシンクロチームに
お邪魔してきました! 
 
高知SCシンクロチームは
2002年のよさこい高知国体をきっかけに発足!

今、小学校2年生から高校2年生までが
練習に励んでいます! 
シンクロの練習といえば、曲にあわせて
水の中で演技を繰り返しているのかな?
と思われる方も多いのでは・・・

でも実際は、ひたすら泳ぐんです。 
多い時で、中高生の場合ですが
2000mから3000mは
1回の練習で泳ぐんだとか。

最高の演技をするために
体力とスタミナは欠かせない!
泳ぐことがすべての基本に
あるんですね。 
泳ぎ終わったら、
やっと演技の練習。

他のクラブと共同で
プールを使っているため、
時間も限られていますが、
集中して行うことで、
レベルの高い練習を
維持しているそうです。 
みんなシンクロは楽しいですか? 
 
東京から日本代表経験のある
コーチを招くなど、
関係者の努力も実り、
全国大会や国際大会で優秀な成績を
おさめる子供たちも! 
目標はみんな高いです!

今、男子も募集中!
お問い合わせはこちらまで!

高知スイミングクラブシンクロチーム
https://kochisynchro.jimdo.com 

[おけいこリサーチ]
■4月24日(月)のおけいこリサーチは「目指せ!DIY女子」
今回お邪魔したのは、高知市薊野のハマート薊野店! 
 
店内入ってすぐ右側にあるのが「DIYLAB」 
「家づくりをもっと楽しんで
自分たちの手で」をコンセプトに
女性や初心者でも使いやすい工具、
DIY関連商品などを提案。

DIYを気軽に楽しんでもらうため、
ワークショップなども
随時開催しています。 
今回、久保アナが参加させていただいた
ワークショップはこちら!

タイルの貼り方教室です。
基本のタイルの貼り方を学びながら、
ポットスタンド(鍋敷き)を
作ります! 
教えてくださるのは
福田佐和さん。

インテリアコーディネーターとして
こちらのLABで活躍されています! 
ワークショップは材料費込みで
今回は1,500円。

ただ内容によって変わりますので、
ご注意を!
お店の方に聞いてみてくださいね。 
使うタイルの色を決めて
デザインを考えていきます。

使う時のことを想像しながら
選んだり、考えたりするこの時間が
楽しいですよね! 
タイルを置く目印をつけたら、
接着剤でタイルを木の枠に
貼り付けていきます。 
久保アナいわく
「北欧!ムーミン!」の
イメージだそうです。

お分りいただけますでしょうか・・・。 
この後、
木枠にペンキを塗っていきます。

久保アナは淡いピンク色の
ペンキを選びました! 
ペンキが乾いたら、
隙間の部分に目地材を
埋め込んでいきます! 
目地材が乾いたら、
表面をアルコールなどでふき、
きれいにしたら完成です! 
 
一緒にワークショップに
参加してくださった
他のスタッフさんの作品。

素敵ですよね! 
同じものを使ったとしても、
全く同じものはできない。

人それぞれの味があります。
それこそが手作りならではの喜び。

福田さんが伝えたいことです。 
ハマート薊野店・HAMART DIY LABでは
他にも様々なワークショップを開催中!

ぜひ興味がある方は、こちらのHPまで!
http://diy.futagami.co.jp/?pagename=diy-lab 

 
/ 11