KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
テレっちのたまご
カテゴリ
■あなたのまちの密かな自慢 (2)
■おけいこリサーチ (54)
■おでかけmarche (37)
■さけさかな (62)
■オトナウェディング (2)
■チャチャッとレシピ (280)
■テレっちピックアップ (52)
■バックパッカーズ88 (11)
■高知ユナイテッドSC選手名鑑 (17)
■絶景弁当 (72)
■冷たいスイーツ特集2017 (3)

番組情報
テレっちのたまご
月火水木金
16時17分〜16時50分

「テレビ」に「高知」の全てをギュっと詰め込んだという意味の「テレっち」。そして“産みたて新鮮”というイメージで「たまご」をつけました。
新鮮であり、やさしさがあり、あたたかみのある情報番組を目指し、グルメやレジャーはもとより子育てや地域の情報など様々な話題を「生放送」ならではの切り口で放送いたします。
http://www.kutv.co.jp/teletchi/
【司会】
藤崎靖啓
藤崎美希
久保円華
石井俊大

【レポーター】
ツーライス(ヤス・大ちゃん)
野島信乃
古川なるみ


最近の記事
[チャチャッとレシピ]
■8月21日(月) 冷しゃぶのナムル風サラダ
[おでかけmarche]
■いの町におでかけ!
[オトナウェディング]
■8月16日(水)第二回
[チャチャッとレシピ]
■8月16日(水) レタス丸ごとぺロりサラダ
[高知ユナイテッドSC選手名鑑]
■8月15日(火)第19回 20番FW前原大樹選手
[チャチャッとレシピ]
■8月14日(月) ハムのマリネ
[オトナウェディング]
■8月9日(水)第一回
[チャチャッとレシピ]
■8月9日(水) いかのトマトソース炒め
[チャチャッとレシピ]
■8月7日(月) しじみご飯
[チャチャッとレシピ]
■8月4日(金) カマンベールチーズのアヒージョ

 
1
 
2
(1)
3
 
4
(1)
5
 
6
 
7
(1)
8
 
9
(2)
10
 
11
 
12
 
13
 
14
(1)
15
(1)
16
(2)
17
 
18
(1)
19
 
20
 
21
(1)
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[おけいこリサーチ]
■7月10日(月)はグルーデコ!
7月3日(月)のおけいこリサーチは
グルーデコ!

グルーデコは、ここ1、2年で
人気急上昇中のクラフト!

エポキシ系の樹脂粘土を使って
アクセサリーや雑貨をデコレーションします! 
今回グルーデコを教えてくださったのは
高知市でおけいこ教室・アトリエMを
開いている畠中雅子さん。

畠中さんはグルーデコのほか、
カルトナージュやポーセラーツなど
いろんなクラフトを
教えていらっしゃいます。 
今回はチャームに挑戦!

この花型の部分をグルーデコで
作ります! 
まずは2種類の粘土を
練っていきます。

この2種類の粘土を混ぜることで
24時間で完全に硬化するんです。 
接着性がある粘土なので、
ガラスやビーズ、プラスチックなどを
埋め込んだりつけたりして、
いろんなデザインのアクセサリーや雑貨を
作ることができます。 
この粘着性のある粘土のことを
グルーというんです。

3分間練ったら、
グルーを花型に入れていきます。 
次にグルーにビーズを
埋め込んでいくのですが、
この時にバキュームという機械を使うんです。 
小さいビーズをこのバキュームで
すいあげて、
グルーに埋め込んでいきます。 
グルーを全部埋め込むと
こんな感じに!

キラキラでかわいいですよね〜 
残りのパーツもつけて完成です!

林修先生の今でしょ!講座でも
人気の教室として紹介された
グルーデコ!

高知ではできるところが
限られていますが、
やってみたいという方、
ぜひお問い合わせしてみてくださいね 
 
アトリエM 高知市で検索してみてください!

アトリエM ブログ
https://ameblo.jp/ani-059974/ 

[おけいこリサーチ]
■7月3日(月)はタグラグビー!
7月3日(月)はタグラグビー!

タグラグビーとは
タックルに代表されるような
体のぶつかり合いはなく、
誰でも安全に楽しむことができる
ボールゲーム! 
今回お邪魔したのは
「南国BLUE SKY RS」

前身の「大篠BLUE SKY RS」は
全国大会にも出たことがある
チームなんですよ。 
タグラグビーの
基本的なゲームの進め方は3つ!

攻める時はボールを持って
あるいは、パスをしながら攻めます。
ただし、ボールを前にパスするのは禁止!
これはラグビーと一緒ですね。 
守る時は、ボールを持っている相手の
タグをとる!
タグをとったら「大きな声でタグ!!」

タグをとられた相手は、止まって
ボールをパスしなくてはいけません! 
そして、相手チームのゴールに走りこんで
トライ!
トライで1点です。 
タグラグビーは高知県ラグビー協会が、ラグビー人口の拡大を目的に、
県内各地の学校で、出前授業も実施!

徐々に子供達の間で、広がりつつあります。
ぜひやってみたいという方、南国市周辺にお住いの方
問い合わせしてみてはいかがでしょうか? 
 

[おけいこリサーチ]
■6月19日(月)はちぎり絵に挑戦!
今回は「ちぎり絵」に挑戦!
教えてくださったのは
いの町和紙ちぎり絵サークルの
西野篤さんです。

いの町和紙ちぎり絵サークルでは、
月に1回、和紙ちぎり絵の第一人者
北村霞代子さんに指導を受けながら、
作品作りに取り組んでいるそうですよ。 
今回、ちぎり絵に使うのは
もちろん高知を代表する和紙
「土佐和紙」です。 
特に西野さんが好きな和紙は
「土佐典具帖紙」

カゲロウの羽にもたとえられる
世界一薄い和紙です。

ちぎり絵をする人たちにとっては
「宝の紙」なのだとか…。 
今回は、あじさいの
暑中見舞いはがきをちぎり絵で・・・。 
まずは和紙の基本的なちぎり方を
教わりました!

手でちぎる時は繊維に沿って
ひねりながらちぎります。 
ちぎってできる繊維の毛羽立ちを
極力なくしたい時は
鉄筆をつかって、
切り取っていきます。 
手でちぎったものと、鉄筆でちぎったもの。
違いわかりますか?

鉄筆でちぎった方が輪郭がはっきりしますよね。

和紙のちぎり方によって変わる
この毛羽立ちをうまく使って
表現していくのが
ちぎり絵の魅力の一つだとか。 
さて、早速久保アナも挑戦。
まずは花の部分に使う和紙を
選んでいきますよ!

西野さん曰く、ポイントは
「色」と「構図」
腕は関係ないのだとか…。 
和紙を選んだら、ちぎっていきます!
手や鉄筆を使って一つ一つ丁寧に…。 
いくつか、ちぎれたら
次は貼っていきます!

久保アナ、カラフルなあじさいを
考えているようですね。 
ただ、いきなり貼っていくのは不安が。
失敗したらどうしよう・・・
ちょっと怖いですよね・・。

でも大丈夫!実はやり直しがきくんです!

※ピンセットと水を使えば
はがせるのだそうです。 
「やり直しがきく」という言葉に
勇気付けられ、どんどん貼っていく
久保アナ。

薄い和紙を貼る時は、上からのりを
厚い場合は、裏にのりをつけて
貼っていきます。 
あじさいの花の部分ができたら、
次は葉脈や花芯など細かい部分を
いれていきます。

こうした細かい部分をしっかり
表現することで
あじさいらしくなるんですよ。 
最後は、和紙を細かくちぎったものを飾って完成です! 
 
ちぎり絵の体験は
いの町紙の博物館までお問い合わせください!
TEL 088−893−0886 
 

[おけいこリサーチ]
■5月15日(月)のテレっちは三味線!
5月15日(月)のおけいこリサーチは
三味線です!

教えていただくのは
二代目杵屋彌之吉さん。 
高知市出身の彌之吉さん。
高校を卒業後俳優を目指して上京。
演劇の勉強で始めた日本舞踊で
三味線に出会います。

その後、東京芸術大学に進み
歌舞伎や日本舞踊の舞台で活躍。
今では県内に拠点を移し、
教室も開いています。 
さて、三味線は全くの初心者の
久保アナウンサー。
早速教えていただきました!

今回教えていただくのは
細棹三味線といって
三味線の中でも小ぶり。
津軽三味線などとは違い
音も繊細です。 
三味線で一番難しいのが
撥さばき。

手首ではなく、
手の重さと撥の重さを使って
遠心力で撥を扱うんです。 
彌之吉さんいわく
三味線は「弦楽器」ではなく
「弦打楽器」

胴の部分を太鼓のように
撥でたたく
さらに弦を弾くことで
音を出しているんです。

だから、三味線一つで
いろんな表現ができるんですね。 
そして、棹の部分には
初心者でもわかりやすいように
「譜尺」がついています。 
久保アナ、今回は
「さくらさくら」と「よさこい節」を教わりまして、
よさこい節をスタジオで披露しました!

三味線教室、興味があるという方は
こちらまで! 
 

[おけいこリサーチ]
■5月8日(月)のおけいこリサーチはポーセラーツ
今回ご紹介するのはポーセラーツ
ポーセラーツとは、真っ白な食器に転写紙や絵の具でデザインするテーブルウェアクラフト。

世界でたった一つのオリジナルの食器が作れます! 
 
教えていただくのは
高知市内で教室を開いている
中島まゆみさん。

中島さんは
ピアノの先生でもあるんです! 
今回は転写紙でポーセラーツに挑戦!

転写紙で作ると基本失敗がないんです!
やり直しがきくところも、
初心者にとってはうれしいですよね! 
まずは食器にあわせてカットした
転写紙を水につけます。 
しばらくすると・・・
こんなふうにツルっと!
フィルムと台紙がはがれるんです! 
これをコップに貼り付けていきます!
これは簡単!! 
こちらが久保アナの作品!
イニシャルもあって素敵でしょ! 
スプーンもかわいくできました!

自分なりのデザインで
実用的でかわいい食器が作れるのが魅力的!

プレゼントにもいいですね。 
これを800℃で焼いて完成!
焼くのは先生がやってくださいます!

体験料は材料費込みで2500円〜!
ぜひあなたも自分用に!大切な人のプレゼントに!
作ってみてはいかがですか?

中島さんのポーセラーツ教室
ブログ:https://ameblo.jp/mamipiano-chinapainting/
HP:https://mamitakahome.jimdo.com 
 

 
/ 11