KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (134)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■07月17日 高知小津高校で一足早い終業式
[ニュース]
■07月17日 スピード感持って復興・復旧を
[ニュース]
■07月16日 追手前小学校卒業生がオーテピア見学
[ニュース]
■07月16日 高知市で海開き
[ニュース]
■07月14日 ほのぼのと心温まる世界
[ニュース]
■07月13日 宿毛市で高校生が災害ボランティア
[ニュース]
■07月13日 被災の高速道ふもとの集落は復旧追いつかず
[ニュース]
■07月13日 高知自動車道 通行止めが1週間ぶりに解除
[ニュース]
■07月12日 今年一番の暑さ
[ニュース]
■07月12日 やなせたかしさんの世界広がる

1
(1)
2
(2)
3
(1)
4
(2)
5
(3)
6
(1)
7
(1)
8
(1)
9
(1)
10
(2)
11
(3)
12
(2)
13
(3)
14
(1)
15
 
16
(2)
17
(2)
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■07月17日 高知小津高校で一足早い終業式
 
高知市の県立高校で一足早く
終業式が行われました。
終業式の前には防災訓練が行われ、
生徒達は夏休み中に災害が起きた時に、
自分の身を守るためには
どうすればいいのか、改めて学びました。
きょう終業式を行ったのは
高知市の高知小津高校です。
終業式の前に全校生徒およそ800人が
校内で火災が起きたことを想定し、
防災訓練を行いました。
生徒達は教諭の指示に従い
速やかに体育館に移動していました。
先日の記録的豪雨の影響で、
学校は3日間臨時休校しました。
夏休み中に災害が起きた時、
自分の身を守るためにはどうすればいいのか、
訓練が終わった後、問可孝男教頭は
生徒達にまずは考えて行動することが大切だと話しました。
県内の多くの県立高校は
あさって19日に終業式が行われます。 

[ニュース]
■07月17日 スピード感持って復興・復旧を
 
西日本豪雨で被害の大きかった県内の地域では
きのうまでにのべ1800人を超える
ボランティアが協力するなどしていて、
全域で復旧・復興が進められています。
県は、スピード感を持って
復旧・復興に引き続き取り組むとともに
新たな災害への備えを強化していく方針です。
10日間にわたって県内に雨を降らせた
西日本豪雨では、3人の犠牲者を出し、
県西部を中心に浸水の被害が相次ぎました。
今も、10人が避難生活を送っています。
被害の大きかった安芸市、宿毛市、大月町では
ボランティアセンターが立ち上げられ、
のべ1837人のボランティアが参加し
土砂の撤去などを行いました。
センターはきのうまでに閉鎖されています。
きょう開かれた県災害対策本部会議で
尾ア正直知事は今後、
スピード感を持って進めるべき
取り組みについて次のように述べました。
県は、早期の復旧・復興のため
補助制度の周知徹底をしたり、
特に台風が発生しやすくなる
これからの時期に備えて
避難所の体制を確認・強化したりすることに
しています。 

[ニュース]
■07月16日 追手前小学校卒業生がオーテピア見学
 
新図書館等複合施設、
オーテピアが来週、開館します。
開館を前に施設ができた場所に
元々あった旧追手前小学校の
最後の卒業生が集いました。
すっかり生まれ変わった様子に、
卒業生たちはさまざまな思いを抱いていました。
図書館や科学館などの
複合施設=「オーテピア」は、
旧追手前小学校の跡地に建てられています。
きょうは保護者の呼びかけによって
旧追手前小学校の最後の卒業生で、
現在高校3年生の生徒たちが集まりました。
生徒たちは、開館を目の前にした
ピカピカの図書館を
ゆっくり見て回りました。
卒業生のほかに6年生の時の担任で、
現在、高知市の小学校で
教頭を務める男性の姿もあり、
みんなで当時を懐かしんでいました。
オーテピアは、今月24日に開館します。 

[ニュース]
■07月16日 高知市で海開き
 
きょうは海の日です。
高知市の種崎海水浴場では
海開きのイベントが行われました。
イベントでは防災に関する
コーナーも設けられ、
訪れた人たちは海水浴を楽しみながら
防災について学んでいました。
地元の町内会などが企画したこのイベントは、
海開きを盛り上げると共に、
訪れた人たちに防災への知識を
深めてもらおうと、
14年前から行われています。
会場には、射的などの縁日のほか、
国土交通省の協力で体験を通して
津波のメカニズムを知ることができる
コーナーなどが設けられ、
訪れた人たちは防災について学んでいました。
きょうは厳しい暑さの中、
およそ50人が海水浴を楽しんでいました。
種崎地区は過去の大地震で
津波の被害を受けているほか、
南海トラフ地震対策として
津波避難タワーやセンターなども設置されています。
地元の人たちはイベントを通して
防災について先進的な取り組みを進める
種崎地区をアピールしていきたいと話していました。 

[ニュース]
■07月14日 ほのぼのと心温まる世界
 
ほのぼのとした絵と心温まるストーリーで
数々のベストセラーを手掛けてきた絵本作家、
宮西達也さんの企画展が
県立文学館で始まりました。
この企画展は静岡県出身の絵本作家
宮西達也さんのデビュー35周年を記念して
開いています。
会場には、200万部のベストセラー
『ティラノサウルス』シリーズなどの
代表作を中心に、
絵本の原画や資料など
およそ200点を展示しています。
チャーミングなキャラクターたちを通して
人のあるべき姿を訴えかけてくる、
メッセージ性溢れる作品ばかりです。
この企画展は9月2日(日)まで、
県立文学館で開催しています。
来月26日(日)には
宮西さんのサイン会も行います。 

 
/ 27