KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (68)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■04月29日 GWスタート
[ニュース]
■04月29日 畳のたこ 雄大に大空舞う
[ニュース]
■04月28日 東京で高知フェア
[ニュース]
■04月28日 初ガツオの季節到来
[ニュース]
■04月28日 中芸地域の景観と食文化 日本遺産認定
[ニュース]
■04月27日 県内各地域の歴史簡単検索
[ニュース]
■04月27日 高知大 専門性高い教諭養成へ
[ニュース]
■04月27日 モネの庭 スイレンの花が咲く
[ニュース]
■04月26日 「藤祭り」玉姫役は地元の女子高生
[ニュース]
■04月26日 園児と知事がこいのぼり揚げ

 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■04月29日 GWスタート
 
ゴールデンウイークが始まりました。
空港や観光地は大勢の観光客らでにぎわいました。

(横浜から)
「ゴルフと美味しいものを食べに
 やっぱりカツオですね」
(東京から)
「たくさん自然の中で遊びたい」
(福岡から)
「坂本龍馬のゆかりの施設に行く」

航空各社によりますと空の便の混雑は下りが来月3日、
上りは来月5日と6日がピークと見られています。

桂浜ではおよそ13メートルの高さのやぐらから
龍馬と同じ目線で太平洋を見渡す「龍馬に大接近」が人気を集めていました。

(広島から)
「同じ目線で見られるとは思わなかったです」
(東京から)
「いいねえ 地球が丸いのがわかるじゃん!」

龍馬に大接近は来月28日までです。 

[ニュース]
■04月29日 畳のたこ 雄大に大空舞う
 
長男の誕生を祝って凧を揚げる風習が受け継がれている宿毛市で、
畳を使った珍しい凧が揚げられました。

きょう4月29日は「畳の日」。
全国畳産業振興会がかつてみどりの日だった頃、
い草の緑にちなんで制定しました。
去年9月に長男が誕生した宿毛市の畳店の家族は、
畳文化を広めようと土佐い草″を使って一畳の大きさの凧を製作。
風習に沿って紅白の和紙の凧を揚げた後、畳の凧揚げに挑戦しました。

(父親・小栗錬さん)
「揚がってくれることを祈ります。」

何度か失敗を繰り返しますが…、
(祖父・小栗学さん)
「何とか、天気も良くみなさんのおかげで揚げていただきました。
 孫も きょうの凧のように羽ばたいてもらいたいです。」

長男の名前は凪翔ちゃん。畳の凧はその名の通り、大空を雄大に舞いました。 

[ニュース]
■04月28日 東京で高知フェア
 
東京の大手保険会社が、
県内の特産加工品や
観光をPRするフェアを開きました。
会場には須崎市の
マスコットキャラクター
しんじょう君も駆けつけました。
こちらは、大手保険会社
「東京海上日動火災保険」です。
東京海上ホールディングスの
グループを率いるCEO・永野毅さんが
高知の出身であることが縁で、
4年前から、銀座のアンテナショップ
「まるごと高知」の人気商品を販売したり、
観光情報をPRしたりするフェアを
開いています。
会場には、きょうが誕生日という
須崎市のマスコットキャラクター・
しんじょうくんが駆けつけ、
ファンが群がる場面も。
また帯屋町筋のメンバーが
よさこい鳴子踊りを披露したり、
いの商業高校の生徒が、
土佐和紙を使ったティッシュカバーを配りながら、
仁淀川流域の魅力を伝えたりしました。
さらに食堂では、
うつぼのてんぷらと四万十ポークをセットにした
ランチが販売されました。
県地産外商公社によりますと、
都市部の大手企業との共催で
事業に取り組むことで、
県内で加工品開発に取り組む
企業の販路拡大につながることなどから、
外商拡大に向けて、
さらにこうした取り組みを進める方針です。 

[ニュース]
■04月28日 初ガツオの季節到来
 
今年も初ガツオが味わえる季節を
迎えました。
土佐沖などで獲れた新鮮なカツオの
街頭販売がきょうから始まりました。
初ガツオの街頭販売は、
この時期ならではの旬の味を
いち早く楽しんでもらおうと
黒潮町の明神水産が毎年行っています。
きょうは、土佐沖、鹿児島沖で
きのう獲れたばかりの
新鮮なカツオ200本が用意され、
訪れた人が買い求めていました。
今年の初ガツオは、
大きさ、値段ともに例年並みで、
小さいもので1本2800円、
大きいもので1本1万6500円です。
10年前に比べると、
水揚げ量が減り、
倍以上の値段になっているということです。
初ガツオの街頭販売は
あすまで行われ、
売切れ次第,
終了するということです。 

[ニュース]
■04月28日 中芸地域の景観と食文化 日本遺産認定
 
国内の観光資源を世界にPRしようと、
文化庁が東京オリンピックまでに
100件の認定を目指す
「日本遺産」に中芸5か町村の森林鉄道と
ユズに関するストーリーが認定されました。
地域が一丸となって手にした
県内初の単独での認定は、
今後の観光振興の大きな後押しになりそうです。
日本遺産は、平成27年度に始まり
文化庁が国の有形・無形文化財を含む
「日本の文化・伝統を語るストーリー」を
認定しています。
今年度は全国から寄せられた
79件の応募のうち
17件が認定され、
きょう東京で認定証が交付されました。
おととしには「四国遍路」が認定されていて、
今回、県単独では初めて
「森林鉄道から 日本一のゆずロードへ
 〜ゆずが香り彩る南国土佐・
 中芸地域の景観と食文化〜」が認定されました。
ストーリーの構成は、
安田町、奈半利町、田野町、
北川村、馬路村にある48の観光資源からなります。

明治から昭和にかけて
木材や人を乗せ地域を支えていた
魚梁瀬森林鉄道の遺構や、
日本一の生産量を誇るユズ畑の景観などです。
認定を目指して、
地元の人たちはおよそ半年かけて
PR活動などを行ってきたといいます。
認定を受け、中芸地域は文化庁から
およそ1億円の補助金を受け取る見込みです。 

 
/ 14