KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (93)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■06月28日 屋形船業者などが救命講習
[ニュース]
■06月28日 小学生の折り鶴がハワイに
[ニュース]
■06月28日 小学生が遠隔システムで天体学ぶ
[ニュース]
■06月27日 子どもたちがクラシックを楽しむ
[ニュース]
■06月27日 キリンのイブキ広島へ
[ニュース]
■06月27日 モネの庭で青いスイレン
[ニュース]
■06月26日 アール・ヌーヴォーのガラス展
[ニュース]
■06月26日 来月から名古屋便ダイヤ改正
[ニュース]
■06月25日 ボランティアで幼稚園の壁紙をきれいに
[ニュース]
■06月25日 高校生が中心商店街でフィールドワーク

 
1
(3)
2
(3)
3
(3)
4
(3)
5
(2)
6
(3)
7
(3)
8
(3)
9
(3)
10
(3)
11
(2)
12
(1)
13
(3)
14
(3)
15
(3)
16
(3)
17
(2)
18
(2)
19
(1)
20
(3)
21
(2)
22
(2)
23
(3)
24
(3)
25
(2)
26
(2)
27
(3)
28
(3)
29
 
30
 
 

[ニュース]
■06月28日 屋形船業者などが救命講習
 
夏のレジャーシーズンを前に、四万十市の屋形船業者やカヌーの指導者らが
心肺蘇生などの救命講習を受けました。

四万十市の四万十川では5つの屋形船業者と3つのカヌーの体験施設が
観光遊覧やカヌー体験を行なっています。
夏の観光やレジャーが盛んになる前に、四万十消防署で救命講習が行なわれました。
講習には屋形船業者とカヌーの指導者ら18人が参加。
倒れている人の意識や呼吸を確認した後、
心肺蘇生法と人工呼吸の仕方を実演しながら学びました。

(体験した男性)
「中々、難しいですね。自分が何をしているのか、 何をやっていいのか
 すぐに出てきません。(講習は)役に立つと思います。」

四万十消防署管内では去年1年間に11件の水難事故があり、2人が死亡しています。
参加者たちはこの後、AEDの取り扱いについても学びました。 

[ニュース]
■06月28日 小学生の折り鶴がハワイに
 
戦争や暴力のない平和な世界を願って、高知市の小学校で全校をあげての
折り鶴作りが進められています。
まもなく完成する一千羽の鶴がハワイへと渡ります。

この取り組みは、高知市の一ツ橋小学校の5年生=仁井田紘季くんが、
去年秋にパリで起きたテロをニュースで知り、
平和な世界にするために何かできることがないかと考え出したことが
きっかけで始まりました。
紘季くんは、平和を呼びかける広島の千羽鶴の存在を知り、
鶴を折ろうと友人に呼びかけたところ、徐々に子どもたちの間に広がりました。
去年は子どもたちが作った一千羽を超える折り鶴が、
ハワイ・真珠湾にある記念館に届けられました。
そして今年度、再び全校をあげての折り鶴作りが始まりました。
鶴を折るための小さな教室には、休み時間に学年を超えた子どもたちが集まり、
一つ一つ丁寧に鶴を折り平和のメッセージを記し続けてきました。
そして、今年も一千羽の折り鶴が完成しようとしています。
(仁井田紘季くん)
「いっぱい折ってきたから、手にしみついた。折り方が。」
「(折り鶴を受け取った人が) 暴力とかふらない優しい気持ちになったら
 いいなと思います。」

(校長先生)
「最初はひとり。で、3人になって、最終的に去年は実行委員が15人くらいに
 なって今年も続けてやろうとそれにのべ200人くらいが折って」
「仁井田くんは自分ひとりでは できないんだけど、勇気を出して声を出して 
 ちょっと動くことによってみんなも力を貸してくれる。それに驚いたと思います。」

一ツ橋小学校の子どもたちが心を込めて折った鶴は、
紘季くんが家族とともにハワイで配る予定で、あす学校で出発式が行われます。 

[ニュース]
■06月28日 小学生が遠隔システムで天体学ぶ
 
高知市内3つの小学校をインターネットで結ぶ遠隔授業が行われました。
テーマは天文学で、子どもたちは普段の理科の授業では学んでいない
宇宙や星といった天文の話に興味津々の様子でした。

遠隔授業は高知市教育委員会が開き、高須小、小高坂小、高知大附属小の3校と
芸西天文学習館をインターネット回線で結んで行われました。
講師は高知市の天文学の専門家関勉さんで、
子どもたちは関さんが持ってきた星のかけらに実際に触れるなどして、
好奇心を膨らませていました。
関さんは223個の小惑星に名前をつけていて、
子供たちはその全てが高知や四国にちなんだもので
あることなども学んでいました。

(児童は)
「色んな星の名前とか宇宙の種類を知れて良かったです」
「土星の輪の中に空間があって、星がひとつもないということが分かって
 うれしかったです」

高知市教育委員会は「今後もこのような活動を続けていき、子どもたちに
普段の授業とは違った多種多様な分野を学んでいってほしい」と話していました。 

[ニュース]
■06月27日 子どもたちがクラシックを楽しむ
 
国内外で活躍するプロの演奏家が、
南国市で子どもたちに演奏を披露しました。
本物の楽器から出る音色に、
子どもたちは大いに刺激を受けていました。
演奏したのは、県内で
クラシック音楽の普及活動をしている
4人グループ=カルテットクロシオです。
4人はそれぞれプロとして演奏活動をしていて、
ディズニーオンクラシックなどの全国ツアーや
数々のオーケストラに参加しています。
きょうのコンサートは南国市にある
レストラングドラックが
50周年を記念して行う
地域貢献の一環として企画しました。
南国市のたちばな幼稚園では
年中から年長までの園児が、
プロが奏でる音色を楽しんでいました。
コンサートは南国市の大篠小学校でも
行われました。 

[ニュース]
■06月27日 キリンのイブキ広島へ
 
のいち動物公園で生まれたアミメキリンの
オス、イブキが広島の動物園へ出発しました。
アミメキリンのイブキはのいち動物公園で
飼育しているリンタロウと
国内最高齢のジャネットの間に
初めて産まれた子どもです。
すくすく育って1歳半のいまでは
体長 3メートル25センチ体重 220キロです。
去年の夏には牛のようにモーと鳴くことでも話題に。
今回は繁殖目的で広島の動物園に行くことになりました。
きょうは、朝8時15分から搬出作業が行われました。
輸送箱に入るときには嫌がるそぶりも見せましたが、
飼育員が呼びかけると落ち着いた様子に。
そしてイブキが入った輸送箱は
ゆっくりとクレーンで吊り上げられてトラックに乗せられ
広島市の安佐動物公園へと
出発しました。
イブキを乗せたトラックは無事、
広島に到着したということで、
広島でも愛らしい姿で人気ものになるといいですね。 

 
/ 19