KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (56)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■03月23日 東京オリ・パラでよさこいを
[ニュース]
■03月23日 卒業生新たな道へ
[ニュース]
■03月23日 希望胸に学びやあとに
[ニュース]
■03月22日 県と京都の大学が就職支援協定
[ニュース]
■03月22日 防災技術を建築分野に応用へ
[ニュース]
■03月22日 南国市で早くも田植え
[ニュース]
■03月21日 笑いの力で学ぶコミュニケーション
[ニュース]
■03月21日 高知での事前合宿求め”親書”
[ニュース]
■03月21日 県立大で卒業式
[ニュース]
■03月20日 1万本のチューリップが出迎え

 
1
(2)
2
(3)
3
(2)
4
(2)
5
(2)
6
(3)
7
(3)
8
(3)
9
(3)
10
(3)
11
(1)
12
(2)
13
(3)
14
(3)
15
(2)
16
(3)
17
(2)
18
(1)
19
(1)
20
(3)
21
(3)
22
(3)
23
(3)
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■03月23日 東京オリ・パラでよさこいを
 
「よさこい」で
東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げようと、
尾ア知事らが東京都の小池知事に
応援を要望しました。

県は
全国でよさこいのイベントを主催している団体と一緒に、
2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックを
よさこいで盛り上げるプロジェクトを立ち上げました。

きょうは尾ア知事が、
去年のリオオリンピック、パラリンピックで
メダルを獲った、
ウィルチェアーラグビーの池透暢選手、
ウェイトリフティングの三宅宏美選手と一緒に
東京都庁を訪問。
小池百合子知事にプロジェクトの活動を
応援してもらえるよう要望しました。

県は、今後
プロジェクトメンバーと協議して
具体的な活動内容などを決める方針です。 

[ニュース]
■03月23日 卒業生新たな道へ
 
またきょうは、
高知大学の卒業式も行われ、
1200人あまりの学生が大きな夢と希望を胸に
新しい道を歩み始めました。

卒業したのは
高知大学の5つの学部と
大学院などで学んだ1262人です。
このうち、学部生の卒業式では
脇口宏学長が
「感激あれ若人よ
 感激なき人生は空虚なり」と
はなむけの言葉を贈りました。
そして、学生を代表して
農学部の藤田珠果さんが涙を浮かべながら
謝辞を述べました。

高知大学によりますと
今年度の卒業生の就職内定率は2月27日現在で
およそ87パーセントです。
来月からは社会や大学院などそれぞれの未来に羽ばたきます。 

[ニュース]
■03月23日 希望胸に学びやあとに
 
県内の公立小学校で卒業式が行われ、
卒業生たちが思い出のつまった学び舎を
あとにしました。

卒業式は高知市の
全ての公立小学校で行われました。
このうち朝倉第二小学校では
140人の6年生が卒業の日を迎え、
卒業生1人1人に卒業証書が手渡されました。
証書を受け取った卒業生は、
6年間の思い出や将来の夢を
大きな声で発表していました。

春からは中学生。
卒業生たちは
将来への大きな希望を胸に、
思い出の詰まった学び舎をあとにしました。 

[ニュース]
■03月22日 県と京都の大学が就職支援協定
 
県外の大学に進学した学生に卒業後高知で働いてもらおうと、
県と京都の大学が就職を支援する協定を結びました。

協定を結んだのは、県と京都産業大学です。
県は人口が減少する中少しでも多く人材を確保しようと、
平成24年度から大学との間で高知での就職を支援する協定を結んでいます。
今回協定を結んだ京都産業大学には、
高知出身の学生が現在100人以上います。
協定では高知の企業情報の周知や合同企業説明会の開催などで
協力することを申し合わせました。

(京都産業大学 大城光正学長)
「本学の場合は、全員個別で面談をしてUターン希望者かどうかを
 はっきりと把握しながらやっていますから、今まで以上にきめ細かい指導が
 できるんじゃないかと思っています。」

県が大学と就職支援に関する協定を結んだのは今回で10校目です。 

[ニュース]
■03月22日 防災技術を建築分野に応用へ
 
地中に杭を押し込み堤防などを補強する高知発の技術を
建築の分野にも応用しようと、
高知市の技研製作所が関係者らを招いて、公開試験を行いました。

高知市の技研製作所は、杭を回転させながら圧力をかけて地中に埋める、
ジャイロプレス工法を平成15年に開発しました。
この工法は高知発の防災技術として高知海岸の堤防工事など、
国内を中心に300以上の土木工事で実績があります。
技研製作所はこの技術を建物を支える方法として応用しようと研究を進めています。
きょうは建設コンサルタント会社などの関係者を招いて公開試験が行われ、
ジャイロプレス工法で地中24メートルの深さまで埋めた直径1メートルの杭が、
上から400トンの圧力をかけてもゆがまないことなどが実証されました。
(見学に来た建設コンサルタント会社)
「高知発の技術ですばらしい。我々もアピールできたら」


技研製作所は
「国から建築技術としての許認可を得るなどして、建築分野でも実績をあげていきたい」
と話しています。 

 
/ 12