KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (178)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■12月04日 じんけんふれあいフェスタ
[ニュース]
■12月04日 1年の厄を落とす「火渡り」
[ニュース]
■12月03日 北方領土に理解を
[ニュース]
■12月03日 元プロ野球選手が指導
[ニュース]
■12月02日 「美の挑戦者たち」の作品一堂に
[ニュース]
■12月02日 小惑星に「高知みらい科学」命名
[ニュース]
■12月02日 四万十川で落ちアユ漁盛んに
[ニュース]
■12月01日 地元の食材の味を満喫
[ニュース]
■12月01日 気ぜわしい時期、事故に気をつけて
[ニュース]
■12月01日 年末年始の犯罪を防ぐ

 
1
(3)
2
(3)
3
(2)
4
(2)
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 

[ニュース]
■12月04日 じんけんふれあいフェスタ
 
今月10日までの「人権週間」に合わせて、
高知市で「じんけんふれあいフェスタ」が開かれました。

このイベントは、差別のない社会へのきっかけにしてもらおうと
県などが毎年、行っています。
オープニングでは、土佐市の養護学校「光の村」の生徒たちが
太鼓を演奏し、イベントを盛り上げました。
会場には、盲導犬の役割について正しく理解してもらうコーナーや、
風船に小麦粉を入れて親子で作品をつくるコーナーなど
「明るく、楽しい」をコンセプトにした催しが数多く行われました。
県では、
「イベントを通じて人権について深く理解するきっかけになれば」と話していました。 

[ニュース]
■12月04日 1年の厄を落とす「火渡り」
 
素足で炭火の上を渡る師走恒例の”火渡り”が高知市の弘法寺で行われました。

火渡りは、1年の厄払いと来年の無病息災を願い
毎年この時期に行われています。
境内の中央では、燃え盛る炎の中に願い事が書かれた
”護摩木”といわれる木の札が投げ入れられ、祈願されます。
火が落ち着くと、住職らが素足で渡った後、
県内外から訪れた参拝客が、それぞれの願いを胸に炭火の上を渡っていました。 

[ニュース]
■12月03日 北方領土に理解を
 
北方領土について学ぶイベントが
高知市で開かれ、
訪れた人たちが理解を深めていました。
最新の政府の世論調査で、
北方領土について「聞いたことがあり、
内容も知っている」と答えた人の割合は
およそ40パーセントでした。
このイベントは、北方領土を
もっと大勢の人々に知ってもらおうと
国が設立し活動を支援している
北方領土問題対策協会が
2年前から全国各地で開いています。
北方領土については、
今月15日に山口県で行われる
安倍総理とロシアの
プーチン大統領との会談で、
交渉の行方が注目されています。
イベントの主催者は、「領土問題を広く理解してもらい、
外交交渉の後押しになれば」と
話していました。 

[ニュース]
■12月03日 元プロ野球選手が指導
 
高知市で元プロ野球選手が
コーチを務める野球教室が開かれ、
参加した子どもたちは、
練習に対する心構えなどを学びました。
この野球教室は、
県内の少年野球の技術向上につなげようと、
サニーマートなどが開いていて、
県内の少年野球チームから
93人が参加しました。
講師はプロ野球=北海道日本ハムファイターズの
元選手・立石尚行さんと池田剛基さんです。
子どもたちは、元プロ野球選手が実践していた
基礎練習の方法などに、
真剣に聞き入っていました。
また、守備練習などを通じて、
練習に臨むときの心構えなども学んでいました。
野球教室の後には、
講師と子どもたちの交流イベントなども
行われました。 

[ニュース]
■12月02日 「美の挑戦者たち」の作品一堂に
 
長年にわたって芸術活動の支援を行う高知市の衣料販売店の社長が所蔵する
美術コレクション展が香美市立美術館で開かれています。

高知市に本社がある衣料販売店「インターナカツ」は
文化貢献の一環で2003年から5回にわたり、
現代美術コンクール「ジーンズファクトリーコンテンポラリーアートアワード」を開催し、
若手の作家を発掘してきました。
今回はコンクールの作品をはじめ、
審査員を務めた著名な作家の作品など中津徹社長が所蔵する
多彩な作品27点が展示されています。
作品は普段、県内外の店舗に飾られていますが、
一堂に集まるのは今回が初めてです。
展示された作品は大きなものが多く、そのスケール感に圧倒されます。
(香美市立美術館 都築房子館長)
「現代に生きる私たちは色んな問題が有ると思うんですけれど
 それに対して作家の方が色々な答えを用意している。
 解説もつけていますので少し手がかりが得られるのではないかと思います」

展覧会は香美市立美術館で今月18日(日)まで開かれています。 

 
/ 36