KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (84)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■05月26日 小学生がハワイの文化学ぶ
[ニュース]
■05月26日 全国ブランドで高知をPR
[ニュース]
■05月26日 須崎の新名物!焼鳥パン誕生
[ニュース]
■05月25日 地域の歴史資源を全国に
[ニュース]
■05月25日 リニューアル3ヶ月遅れる見通し
[ニュース]
■05月25日 熊本地震受け新たな対応策
[ニュース]
■05月24日 災害対策など要望へ
[ニュース]
■05月24日 老舗旅館がお茶の料理提供
[ニュース]
■05月23日 園児たちが鏡川で稚アユを放流
[ニュース]
■05月23日 園児・児童・生徒が合同で避難訓練

1
(2)
2
(3)
3
 
4
(3)
5
 
6
(2)
7
(2)
8
(2)
9
 
10
(3)
11
(3)
12
(3)
13
(3)
14
(2)
15
(1)
16
(3)
17
 
18
(3)
19
(3)
20
(3)
21
(2)
22
 
23
(3)
24
(2)
25
(3)
26
(3)
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■05月26日 小学生がハワイの文化学ぶ
 
高知市の小学生がハワイの女性教育者と交流し、
海外の文化などを学びました。
普段触れ合うことのない人たちとの交流に
子どもたちは目を輝かせていました。
この交流会は子どもたちにハワイのことを
知ってもらおうと世界中の女性教育者でつくる
DKGという団体が開きました。
高知市の神田小学校の6年生たちが参加し、
ハワイで高校の校長を務めたアイリーンさんたち3人が
ハワイのあいさつや文化、日本との共通点などを紹介しました。
その後、フラダンスの歌と振りを、一緒に練習しました。
子どもたちは元気よく、英語で歌を歌い、
フラダンスを踊っていました。
DKGの日本支部は、2012年に高知で初めて発足したこともあり、
「今後も、交流を続けていきたい」と話しています。 

[ニュース]
■05月26日 全国ブランドで高知をPR
 
大手ビールメーカーの商品と
高知の特産品・土佐文旦をコラボした
商品が発売されることになりました。
全国ブランドによる発信で
知名度のアップに期待がかかります。
この夏、発売されるのは、
「キリン氷結・土佐文旦」です。
キリンビールでは全国の都道府県と連携し、
地域産品を生かした商品開発を進めています。
『全国トップクラスの商材』という視点から、
県園芸連と検討を進めた結果、全国一の産地で
比較的加工品の少ない『土佐文旦』が選ばれました。
土佐文旦を100%使用した商品は、
濃厚な文旦の香りと上品な味わいが特徴で
全国発信に期待がかかります。
発売は、8月30日の予定です。
また関連するコラボ商品の缶ビールも発売され、
こちらは高知用に全国で一番高い
アルコール度数6.5%になっているということです。 

[ニュース]
■05月26日 須崎の新名物!焼鳥パン誕生
 
須崎市に新名物の誕生です。
人気店同士がコラボして誕生した
「焼鳥パン」が人気を集めています。
開発に携わった人たちは、
須崎市を盛り上げたいという
熱い思いがありました。
須崎市のベーカリー=「モンブラン」と
焼き鳥屋「鳥よし」。
2つの人気店同士がコラボし、
新商品が誕生しました。
国産生鶏のせせりを焼いて特製のたれに漬け、
ふわふわのパンに乗せたぜいたくな「焼鳥パン」。
今月14日から、「モンブラン」で販売を始め、
お客さんの評判は上々です。
この焼鳥パンの完成までには、
焼鳥に使う鶏肉の部位や味付け、パンの形など、
様々な試行錯誤が重ねられました。
そうして完成した焼鳥パンは、
鶏肉の中でも希少な部位を使っているため、
原価率も高く、利益も出づらいという側面もあります。
それでも販売を続けるのは、「モンブラン」の大ア社長や
「鳥よし」の市川さんの須崎市を
もっと盛り上げたいという想いからです。
地元を愛する想いがたくさん詰まったこの「焼鳥パン」。
須崎市を県内外にアピールする新名物の誕生です。 

[ニュース]
■05月25日 地域の歴史資源を全国に
 
その坂本龍馬記念館が第二幕のメイン会場となる
歴史博覧会は来年3月4日から
およそ2年間にわたって開かれます。
その名も「志国高知幕末維新博」で、
きょう100人以上の委員からなる
推進協議会が設立されました。
志国高知幕末維新博は、
大政奉還・明治維新から150年を迎える
来年から再来年にかけて県内で開かれる歴史博覧会です。
期間は来年3月4日から、再来年の末にかけてで、
来年は新たに完成した高知城歴史博物館を、
再来年はリニューアルする県立坂本龍馬記念館を
メイン会場に開かれます。
また県内23か所に地域会場が設けられ、
各地域の歴史資源を掘り起こすと共に、
食や自然などが一体となった周遊コースを整備し、
全国に売り出すことが目的です。
きょうは市町村や観光関係者、
マスコミなど100人以上の委員からなる
推進協議会が設立され、
7月に開かれる2回目の会で、
事業実施計画を策定する予定です。
ところで尾ア知事は坂本龍馬記念館の
工事の入札が不落になり、
第二幕の開幕が遅れることに
なったことについて次のように述べました。
また尾ア知事は、
「落札できなかった原因を究明し、
 次はしっかりと事業を展開できるようにしたい」と
述べました。 

[ニュース]
■05月25日 リニューアル3ヶ月遅れる見通し
 
再来年1月のリニューアルオープンを
予定していた高知市の県立坂本龍馬記念館は
開館が当初の予定より
3ヶ月ほど遅れることがわかりました。
「県立坂本龍馬記念館」は、
現在の建物の改修などが計画されていて、
総事業費は、26億5千万円です。
これに伴い先週、
工事の建設請負業者を決める入札が行われましたが、
事業者のいずれも予定価格を超えたため、
落札できませんでした。
県によりますと今後予定される入札で
事業者が決まった場合でも
工事の着工は、契約締結に伴う
議案の承認が必要な9月県議会の後になるため、
開館の時期は、早くて2018年4月になる予定です。 

 
/ 17