KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (46)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■08月23日 ハウスメーカーが反射材を贈呈
[ニュース]
■08月23日 高校生が課題解決へ活発に議論
[ニュース]
■08月23日 連日の大型客船寄港で卸団地は
[ニュース]
■08月22日 中学生が議員に!
[ニュース]
■08月22日 中学生が国家試験に挑戦
[ニュース]
■08月22日 またまた高知に大型豪華客船
[ニュース]
■08月20日 日本一早い新酒の仕込み始まる
[ニュース]
■08月18日 韓国のボーイスカウトが高知に
[ニュース]
■08月18日 ポケモンGOで桂浜大人気!ただ・・
[ニュース]
■08月18日 高知県最低賃金 全国最下位脱出へ

 
1
(3)
2
(3)
3
(3)
4
(2)
5
 
6
(2)
7
(1)
8
(3)
9
(3)
10
(1)
11
(3)
12
(3)
13
(1)
14
 
15
(3)
16
(2)
17
(3)
18
(3)
19
 
20
(1)
21
 
22
(3)
23
(3)
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■08月23日 ハウスメーカーが反射材を贈呈
 
夜間の交通事故防止に役立ててもらおうと、
大手ハウスメーカーから県警に反射材が贈呈されました。
反射材を贈呈したのは、セキスイハイム東四国です。
セキスイハイム東四国は振込め詐欺の被害防止や防犯教室など
安心・安全の街づくりに向けた活動を進めています。
きょうはその一環で県警に反射材500個を贈りました。
子どもからお年寄りまでみんなに親しみを持ってもらおうと、
反射材には県警のマスコットキャラクター「ポリンくん」がデザインされています。
県警によりますと、今年の交通事故の件数は1347件で、
21人が夜間の事故で亡くなっています。

(木村社長インタビュー)
「交通の関係で(私も)危険な目に遭ったこともありますし、
 そういう(事故を減らしたいという)思いがあります」

贈られた反射材は来月21日から30日まで行なわれる
秋の全国交通安全運動で配布される予定です。 

[ニュース]
■08月23日 高校生が課題解決へ活発に議論
 
高校生がテーマに沿って意見を出し合い、課題解決につなげようという
取り組みが高知市で行われました。
テーマは「ネットトラブルの予防と対策」です。

この取り組みは、インターネット会社の社員らでつくる
「安心ネットづくり促進協議会」が、2011年に大阪でスタートしました。
高校生にテーマに沿って活発に議論してもらい、
プレゼン能力を身につけてもらおうというのが狙いで、
高知で開かれるのは今回が初めてです。
きょうは県内4校から31人の高校生が参加し、
5つのグループに分かれて活発に意見を交わしました。
テーマは「ネットトラブルの予防と対策」。
生徒たちはまず、ネットのトラブルに関する身近な事例や対策を付箋に書き出し、
カテゴリーごとに分類します。

そしてパソコンを使ってプレゼンテーション用の資料を作成した後、発表しました。

中にはネットトラブルを起こさない対策として
「実際にネットトラブルを疑似体験する」という斬新な意見を発表する班もありました。

(生徒インタビュー)
「ツイッターに(写真を)載せられたときに自分は話し合って解決したほうが
 良いと思ったけれど、他の人はツイッターの会社に(画像を削除するよう)
 依頼するという意見は考えてなかった」
「自分たちで書いていた意見を図にまとめてみんなの前で発表することが
 難しかったです」

今回出た意見は11月に提言としてまとめられ、
12月に東京での最終報告会で生徒たちが政府や国の関係機関に伝えることにしています。 

[ニュース]
■08月23日 連日の大型客船寄港で卸団地は
 
きのうに続いて、きょうも大型外国客船が高知新港に寄港しました。
4000人規模の観光客を乗せた「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」で、
大勢の人たちが高知市内をめぐりました。
中でも大型客船が寄港したときにだけオープンするドラッグストアは大盛況でした。

クァンタム・オブ・ザ・シーズは、全長およそ350メートル
乗客定員およそ4900人の大型客船です。
高知へは6月と今月14日に続き3度目の寄港で、
今回はおよそ4000人が乗船しています。
おととい上海を出発し、乗客のほとんどは中国人です。

乗客はおよそ80台のバスに分かれて高知市内へと出発しました。

高知市の卸団地にも観光バスが。
こちらは観光だけでなく買い物を楽しみたい人のため、大型客船が
寄港したときだけオープンするドラッグストアです。
次から次へとバスがやってきて、乗客たちは我先にとお店に入っていきます。

ドラッグストアの向かいの建物では、
美容室のスタッフがシャンプーなどを販売していました。

「初めて出しました。中国語も調べて・・」

卸団地ではドラッグストアを中心に、大型客船の観光客の受け入れを進めています。
きょうは、ドラッグストアを訪れるバスがさほど多くありませんでしたが、
今月14日の寄港の際には、大勢の買い物客が周辺の店舗を訪れたということです。
クァンタム・オブ・ザ・シーズは来月24日にも高知新港に寄港する予定です。
その際、卸団地を訪れるバスの台数もさらに増えることが見込まれていて、
大型客船寄港による盛り上がりはまだまだ続きそうです。 

[ニュース]
■08月22日 中学生が議員に!
 
夏休み中の中学生が高知市の模擬議会に
議員として参加しました。
中学生たちは市政についての
疑問や期待などを堂々と
市長らに質問していました。
高知市の模擬議会は子どもたちに
市政のしくみについて理解してもらい、
若者の政治離れを防ごうと開かれました。
きょうは高知市内の中学校から推薦された生徒
40人が議員として参加し、
市政に関して直接、岡ア誠也市長や教育長、
各部長らに質問しました。
教室へのエアコン設置や給食の実施についてといった
中学生らしい質問だけでなく、
防災対策や高齢化対策など様々な分野の質問がありました。
市長らは一つ一つの質問に丁寧に答え
中学生たちは模擬議会の内容に満足したようです。
今回の模擬議会は選挙権が
18歳に引き下げられたのを受けて
13年ぶりに開催されました。
高知市は「さらに幅広い視点からの意見を
市政に生かすためにも、若者の政治参加を
これまで以上に促していく」と話しています。 

[ニュース]
■08月22日 中学生が国家試験に挑戦
 
高知市で、全国で初めて中学生を対象にした
アマチュア無線技士の国家試験が行われました。
無線を使えるようになることで、
防災活動に役立てる狙いがあります。
第4級アマチュア無線技士の国家試験が
高知市の潮江中学校で行われ、
1年生から3年生までの希望者18人が
受験しました。
潮江中学校は南海トラフ地震が発生した際、
30分以内に2メートルから3メートルの
津波が到達すると予想されていて、
日ごろから防災活動に力を入れています。
きょう行われた試験は災害時、
固定電話や携帯電話が使えなくなったときの
連絡手段として無線を使える人材を確保しようと、
全国で初めて中学校で行われました。
潮江中学校では、試験の合格者で
「アマチュア無線クラブ」の
部活動をスタートさせる予定です。 

 
/ 10