KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (46)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■07月22日 岩手の高校生が須崎の津波模型寄贈
[ニュース]
■07月22日 暑さの中 園児がよさこいの練習
[ニュース]
■07月22日 ポケモンGO配信 高知では
[ニュース]
■07月21日 海から港を見よう
[ニュース]
■07月21日 地元の川で遊ぼう
[ニュース]
■07月21日 怪獣が大集合
[ニュース]
■07月20日 牧野植物園 製薬会社と共同研究
[ニュース]
■07月20日 西アフリカの球児たちが来高
[ニュース]
■07月20日 さあ夏休み!小中学校で終業式
[ニュース]
■07月19日 ダイヤモンドダイニングよさこいへの意気込み

 
1
(2)
2
(2)
3
(2)
4
(2)
5
(3)
6
(3)
7
(3)
8
(3)
9
 
10
 
11
(2)
12
(3)
13
(3)
14
 
15
(2)
16
 
17
(1)
18
(3)
19
(3)
20
(3)
21
(3)
22
(3)
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■07月22日 岩手の高校生が須崎の津波模型寄贈
 
「模型」を使って津波の仕組みや恐ろしさを
伝えている岩手県の高校から、
須崎市の「津波模型」が
須崎工業高校に贈られました。
今後、防災授業や地域のイベントで
実演を重ね、
南海トラフ地震対策を呼びかけていきます。
こちらが岩手県の
宮古工業高校が作った
須崎市の「津波模型」です。
去年、兵庫県で開かれたぼうさい甲子園で
須崎工業高校が宮古工業高校との
交流をきっかけに製作を依頼しました。
たてと横の長さはそれぞれ1メートル80センチで、
1万分の1の縮図で須崎市が再現されています。
色の着いた水を流すことで、
津波が来た時にどこがどのように浸水するのか
わかりやすく示すことができます。
宮古工業高校は東日本大震災が起きる前の
平成17年から「津波模型」を使った
防災の呼びかけを始め、
全国各地で100回を超える実演をしてきました。
岩手県外の津波模型を作るのは
須崎市が2例目ですが、
模型の完成がゴールではなく、
実演を大勢の地域の人に見てもらうことで
津波のイメージを共有することが
大切だということです。
須崎工業高校は今後
津波模型を使った防災授業を
須崎市内を中心に行う予定で、
岩手から託された防災への思いを
さらに広げていきます。 

[ニュース]
■07月22日 暑さの中 園児がよさこいの練習
 
きょうは二十四節気の一つ=大暑です。
県内は暑い日が続いていて、
高温注意情報が連日発表されています。
この暑さの中、来月行われるよさこい祭りに向け
子どもたちが練習に汗を流しています。
高知市の芸術学園幼稚園では
いわゆる転勤族が多いことから、
希望する親子らが夏の高知の思い出を作ろうと
よさこい祭りに参加していて、
今年で10回目です。
きのうから本格的な練習がスタートし、
子どもたちは少しでも早く
踊りを覚えようと必死です。
とはいえ、熱中症対策はばっちりです。
こまめな休憩と水分補給は欠かせません。
よさこい祭り本番まであと19日です。 

[ニュース]
■07月22日 ポケモンGO配信 高知では
 
全国のニュースでもお伝えしていますように、
世界で大ヒット中のスマートフォン向け
ゲームアプリ=「ポケモンGO」の
国内での配信が始まりました。
高知での反響は?取材しました。
GPS機能を使って街中でポケモンを
捕まえながら遊ぶスマートフォン向け
ゲームアプリ「ポケモンGO」。
今日の午前10時ごろに
日本での配信が始まりました。

(利用者のみなさんインタビュー)

中にはゲームを高く評価する
こんな意見も。

(高く評価する方のインタビュー) 

[ニュース]
■07月21日 海から港を見よう
 
夏休み初日のお出かけにも
ぴったりの青空が広がりました。
浦戸湾では、親子連れらが
船の上から港を眺めて楽しんでいました。

毎年「海の日」にあわせて
この時期に行われるみなとウォッチング。
ふだん見ることの少ない海からの景色を楽しみながら、
港が地域経済を支える物流の
拠点となっていることなどを理解してもらおうと
高知港湾・空港整備事務所が企画しています。

参加したのは、
きょうから夏休みに入った子どもたちや
その保護者たちです。
デッキを自由に行き来しながら
およそ1時間のクルーズを楽しんでいました。

参加者が最も盛り上がったのは
桂浜の坂本龍馬像をのぞむときでした。
また
大型船の入港や出港を知らせる信号など、
海の上からの特別な眺めを満喫していました。
子どもも大人も大満足のクルーズになったようです。 

[ニュース]
■07月21日 地元の川で遊ぼう
 
子どもたちに地元を流れる川に
親しんでもらおうと、
香南市の物部川で川遊び体験教室が開かれました。

この川遊び体験教室は
国土交通省高知河川国道事務所と
「物部川21世紀の森と水の会」が協力して行っていて、
今回で4回目になります。
教室に参加したのは地元の小学生22人です。
子どもたちはまず、
本格的なシュノーケリング道具を身につけ、
川遊びを始めました。

ほとんどの子どもたちは
初めてだというシュノーケリング。
川の流れにのって泳ぎ、
おおはしゃぎで遊んでいました。
どっぷりと川につかって川遊びを楽しんだあと、
専用の網を使って川漁体験を行いました。
きょうの物部川は水質も良好で
水生生物を見つけやすい状態だったため、
子どもたちは次々に
テナガエビやゴリなどの生物を見つけ、
網の中へすくいとっていました。

地元の川の大切さを
改めて知った子どもたち。
笑顔一杯で、
夏休みのスタートをきっていました。 

 
/ 10