KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (85)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから


最近の記事
[ニュース]
■04月22日 明治維新150年 近代日本の歩みを考える
[ニュース]
■04月22日 歯科保健センター幡多分室が四万十市に移転
[ニュース]
■04月21日 幕末維新博第二幕開幕
[ニュース]
■04月20日 ポール・スポーツ世界大会出場3選手が知事訪問
[ニュース]
■04月20日 宿毛の鮮魚使ったご当地グルメ登場
[ニュース]
■04月20日 オリパラ事前合宿へシンガポールと県が協力確認
[ニュース]
■04月19日 感謝の気持ちこめポスト清掃
[ニュース]
■04月19日 国際バカロレア目指して
[ニュース]
■04月18日 幕末維新博第二幕フレーム切手販売開始
[ニュース]
■04月18日 海外の教育関係者が特別支援学校の教育学ぶ

1
(2)
2
(2)
3
(2)
4
(3)
5
(3)
6
(2)
7
(1)
8
(2)
9
(2)
10
(3)
11
(3)
12
(3)
13
(3)
14
(1)
15
(1)
16
(3)
17
(2)
18
(3)
19
(2)
20
(3)
21
(1)
22
(2)
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
 

[ニュース]
■04月22日 明治維新150年 近代日本の歩みを考える
 
明治維新について考えてもらおうという企画展が
高知市で開かれています。

龍馬の生まれたまち記念館できのうから始まった
「明治維新150年 近代日本の出発展」。
会場には、明治新政府の成立から幕藩体制が終わる
廃藩置県までの複雑な経緯を解説したパネルが並んでいます。
また、アメリカにわたり西洋文化を日本に伝えた
土佐清水市出身の漁師、ジョン万次郎の伝記など
貴重な資料も展示されています。

企画展は来月20日までです。 

[ニュース]
■04月22日 歯科保健センター幡多分室が四万十市に移転
 
障がいがある人たちや高齢者の歯科診療を行う
保健センターの幡多分室が四万十市に移転し、
きょうから業務を始めました。

県歯科医師会が運営する歯科保健センターの幡多分室は、
障害がある人達の歯科診療を行うため
平成17年、宿毛市の障がい者施設の中に設けられました。

しかし受診者の増加などから診療室が手狭になり、
四万十市立市民病院の西の棟の1階に移転。
きょうから受付と診療を始めました。

(県歯科医師会 野村和男会長)
「広くなってきれいになりました。
 四万十市という幡多の中心部で出来ることを
 うれしく思っています。」

県歯科医師会は今後、より多くの障がい者や
在宅高齢者の歯の健康維持を支援したいと話しています。 

[ニュース]
■04月21日 幕末維新博第二幕開幕
 
志国高知 幕末維新博の 
第二幕が開幕しました 
高知市の桂浜周辺では 
開幕イベントが開かれ
県内外から訪れた
大勢の人で賑わいました。
志国高知幕末維新博第二幕は
明治維新から150年を迎えた今年、
歴史を通じて
高知の観光を盛り上げようと
県などが開催しています。
きょうは開幕に合わせて
リニューアルオープンした 
メイン会場の 県立坂本龍馬記念館で 
開幕イベントが開かれました。
イベントには尾ア知事をはじめ、 
タレントの島崎和歌子さんや 
ビビる大木さんらも出席し 
開幕に華を添えました。
 会場には大勢の観光客が訪れ、
記念館に展示された
坂本龍馬の手紙など
本物の資料から
150年前から現代につながる 
歴史を感じていました。
志国高知幕末維新博の第二幕は、
来年1月31日まで開かれます。
  

[ニュース]
■04月20日 ポール・スポーツ世界大会出場3選手が知事訪問
 
ポールを使って技を競うスポーツの世界大会に、
高知から3選手が出場することになり、尾ア知事を表敬訪問しました。

知事を訪ねたのは、高知市でポール・スポーツの教室を開いている
樋口美加さん(54)と樋口さんの教室に通う甲斐仁紅さん(15)、
藤岡空未さん(14)ら5人です。

ポールスポーツは高さ4メートルの2本のポールを使い、
倒立や回転などの技を組み合わせて芸術性を競います。

今月、高知で行われた全日本大会で3人は金メダルを獲得し、
世界大会への切符を手にしました。

世界大会は7月からスペインのバルセロナで開かれます。 

[ニュース]
■04月20日 宿毛の鮮魚使ったご当地グルメ登場
 
あすから始まる「志国高知 幕末維新博第二幕」に合わせて、
宿毛産の鮮魚を使ったご当地グルメが考案されました。
メニューの監修に当たった老舗料亭の堀知佐子さんが
尾ア知事を訪ね、宿毛の魚の新しい食べ方を提案していました。

県庁を訪れたのは京都の老舗料亭「菊乃井」の常務で、
県観光特使の堀知佐子さんです。
堀さんはこれまでにも室戸市のキンメダイなど
高知県の食材を使ったメニューの開発などに携わってきました。
宿毛市では今回、宿毛湾に生息している約1000種類の魚に着目。
「宿毛の魚おもてなしプロジェクト」と題して
堀さん監修のもと地元の飲食店と共同で「宿毛の魚しゃぶしゃぶ」を
ご当地グルメとして開発しました。
内容は厚切りにしたお刺身で魚のうまみを存分に味わうことができる
「大名造り」とそのお刺身を高知県産の野菜と一緒に楽しむ
すき焼きやしゃぶしゃぶです。
魚は宿毛湾で獲れたことが条件で、先月25日から
宿毛市内の飲食店で出されています。
堀さんは知事に刺身だけでなくあえて加熱して食べる
贅沢さを伝えていました。

(堀知佐子さん)
「自分の地元のお魚が生食だけじゃなく(しゃぶしゃぶ)こんな形で
 観光客に喜んでもらえる一つのきっかけにおとして、
 新しい取り組みをやっているんだなと思っていただければ
 ありがたいと思っています。」

このご当地グルメは
「志国高知 幕末維新博第二幕」に合わせて
あすオープンするカフェのオープニングイベントでも
振舞われる予定です。 

 
/ 17