KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (93)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから


最近の記事
[ニュース]
■09月24日 中高生が議論しながら自分の意見発表
[ニュース]
■09月23日 幕末維新号出発!
[ニュース]
■須崎高校で最後の文化祭
[ニュース]
■09月22日 衝突防止機能つきの車を体験
[ニュース]
■09月22日 ヤナセ天然スギ 計画伐採今年で休止
[ニュース]
■09月21日 「オーテピア」工事順調に進む
[ニュース]
■09月21日 秋の全国交通安全運動スタート
[ニュース]
■09月21日 小学生らが坂本龍馬像を清掃
[ニュース]
■09月20日 高知家ひとナビ しんじょう君アテンド 守時健さん
[ニュース]
■09月20日 佐川町の黒岩梨 今年の出来は?

 
1
(3)
2
(3)
3
(2)
4
(3)
5
(3)
6
(2)
7
(3)
8
(3)
9
(3)
10
(2)
11
(3)
12
(3)
13
(3)
14
(3)
15
(3)
16
(2)
17
 
18
(2)
19
(2)
20
(4)
21
(3)
22
(3)
23
(1)
24
(1)
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 

[ニュース]
■09月24日 中高生が議論しながら自分の意見発表
 
中高生に様々なテーマで議論し
自分の意見を発表してもらおうというイベントが
高知市で開かれました。

このイベントは中高生に他人の意見を聞いた上で
自分の意見を発表してもらおうと、県が毎年開いています。
きょうは県内の中高生52人が参加し、様々なテーマで議論しました。
この中で食事を通して子ども達や保護者に
居場所を提供する子ども食堂について議論したグループでは、
・行きやすいように学校の中に食堂を開く
・地域の交流の拠点にする などの意見が出ていました。

(参加した生徒)
「子ども食堂が食事だけでなく悩みを相談できる場所になれば
 地域の繋がりも増えると思う」

県は
「子ども食堂の認知度はまだ低いため、
 中高生に積極的に運営に関わってもらいより興味を持って欲しい」
と話しています。 

[ニュース]
■09月23日 幕末維新号出発!
 
トロッコ列車
「志国高知 幕末維新号」の
運行がきょうから始まりました。
JR高知駅では出発式が開かれました。
いま開かれている
志国高知幕末維新博にあわせて、
土・日・祝日にJR土讃線の
高知ー窪川間でトロッコ列車
「志国高知 幕末維新号」が
運行されます。
けさはJR高知駅のホームで
出発式が行われました。
出発式には尾ア知事や、車両の中で
観光案内などをつとめる伊野商業高校の生徒ら
およそ50人が参加しました。
レトロな色合いの車体には日本の夜明けを
イメージしたデザインが描かれていて、
大勢の人が写真を撮るなどしていました。
「志国高知 幕末維新号」は
来年5月末まで運行されます。 

[ニュース]
■須崎高校で最後の文化祭
 
再来年度、須崎工業高校と統合する
須崎高校で最後の文化祭が
開かれています。
文化祭で行われた
ファッションショーでは
統合後に生徒たちが着る
新しい制服にあのキャラクターも
袖を通していました。
昭和21年・1946年に創立された
須崎高校は、
再来年度、須崎工業高校と統合し、
「須崎総合高校」になります。
2年に1回、文化祭を開いていて、
今年が「須崎高校」としての
最後の文化祭です。
体育館では、ファッションショーが
行われました。
モデルの生徒たちが着ているのは、
統合後の「須崎総合高校」の制服です。
冬服、夏服など新しい制服が紹介された後、
「特別ゲストがいる」との
アナウンスが・・
しんじょう君専用の須崎総合高校の制服が
作られていました。
この取り組みは学校家庭クラブの生徒たちが
新制服をPRしようと6月から進めてきました。
実際に、しんじょう君の寸法を測って、
岡山県の制服メーカーまで
足を運んだといいます。須崎
高校の文化祭は、
あすは一般のお客さんを招いて
行われます。
「須崎高校」としての最後の文化祭。
生徒たちはどんな思い出を
作るのでしょうか。 

[ニュース]
■09月22日 衝突防止機能つきの車を体験
 
車のアクセルとブレーキを踏み間違える
高齢者の事故が全国的に多発しています。
そこで事故防止につなげてもらおうと、
衝突防止機能が搭載された車に試乗する
講習会が高知市で開かれました。
高齢者が店舗や病院などの駐車場で
アクセルとブレーキを踏み間違えて
建物に突っ込む事故が全国的に多発しています。
県警によりますと
県内で過去5年間に起きた
高齢者の死亡事故のうち、
およそ6パーセントが
誤発進が原因だということです。
そこで衝突防止機能を
搭載した車に実際に乗って、
事故防止につなげてもらおうと
講習会が行われました。
まず、運転の基本ルールについて学んだ後
試乗会です。
トヨタが開発した「ICS」は
前後の障害物を感知し、
ドライバーがアクセルを踏んでも
ブレーキを自動でかける
衝突防止機能を搭載した安全装備です。
障害物を壁に見立てて時速15キロほどで
前進すると・・・
試乗した人も安全運転への意識を
再確認したようでした。
高知警察署は「安全装備を搭載した車が
広く普及することによって
万が一のとき県民の命を
救うことにつながれば」と話しています。 

[ニュース]
■09月22日 ヤナセ天然スギ 計画伐採今年で休止
 
江戸時代から残るとされる
ヤナセ天然スギの計画的な伐採事業が
市場価格の低下などを理由に
今年で休止されます。
実際の伐採が今月一杯で終わるのを前に
報道陣に公開されました。
四国森林管理局は
平成27年に市場価値の低下などを理由に
国有林に分布するヤナセ天然スギの伐採を
平成30年から休止する事を決めていました。
ヤナセ天然スギは、
江戸時代からお城の資材に使われるなど
貴重な材木とされていました。
しかし、木材需要の低迷で
昭和40年代から50年代には
1立方メートル辺りおよそ50万円だった市場価格が
現在はおよそ7万円にまで下がっています。
きのうは伐採作業が報道陣に公開されました。
この2本の木はともに樹齢およそ250年、
高さは40メートルを超えていて、
見るものを圧倒する迫力がありました。
ヤナセ天然スギの実際の伐採は
今月一杯で終わります。
四国森林管理局によりますと
魚梁瀬地区にはスギの人工林があり、
20年後には、市場に供給できるようになると
いうことです。 

 
/ 19