KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (124)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから


最近の記事
[ニュース]
■08月17日 医学生がへき地医療を学ぶ
[ニュース]
■08月17日 香美市の小学生が様々な楽器に挑戦
[ニュース]
■08月17日 レッサーパンダの赤ちゃんすくすくと
[ニュース]
■08月16日 北ミサイル関連でJアラート使った訓練実施へ
[ニュース]
■08月16日 食虫植物とアリ植物展
[ニュース]
■08月16日 県内就職を支援・就職フェア
[ニュース]
■08月15日 戦没者慰霊式
[ニュース]
■08月15日 Uターンラッシュピーク
[ニュース]
■08月15日 子どもたちが1日記者体験
[ニュース]
■08月14日 あす全国戦没者追悼式 遺族団が出発

 
1
(3)
2
(3)
3
(3)
4
(2)
5
(2)
6
 
7
(2)
8
(3)
9
(3)
10
(2)
11
(3)
12
(2)
13
(1)
14
(3)
15
(3)
16
(3)
17
(3)
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■08月17日 医学生がへき地医療を学ぶ
 
過疎地の医師不足が深刻化する中、
地域の医療を志す医学生たちが、
きょうから主に中山間地域の診療所などで研修を行っています。

この研修会は医学生に医師の確保が難しい地域の
現状を知ってもらい、へき地医療を体験してもらおうと県が行っています。
県によりますと県内には2000人余りの医師がいて、
人口10万人あたりの医師数は全国4位ですが
地域によって偏りがあるということです。
出発式のあと37人の学生たちは
県内12か所の病院や診療所へ向かいました。

このうち仁淀川町の国保大崎診療所では
高知大と香川大の2人の医学生が研修に訪れました。
まず、診療所内の部屋がそれぞれどんな用途で
使われているのかについて説明を受けました。
このあと所長が週に2回訪問診断を行っている特別養護老人ホームへ。
患者ひとりひとりと話をしながら診察を行う様子を見た2人は、
高齢社会でのへき地医療に対する理解が深まったようです。

診療所の所長は都市部にはない、
へき地ならではのメリットもあるといいます。

2人はあすあさってと、診療所に訪れた患者さんの
診察を見学するなどしてへき地医療の現状を学びます。 

[ニュース]
■08月17日 香美市の小学生が様々な楽器に挑戦
 
香美市の小学生が高知大学の学生らに教えてもらいながら
様々な楽器を体験しました。
子どもたちは生の音を聞き、興味を持ったようです。

「サマーチャレンジスクール」と名づけられたこのイベントは、
学校や学年が異なる子どもたちと、
サポートする中、高、大学生が
一緒に音楽やものづくりを行うことで、
子ども達の創造力や自主性を養おうと開かれています。
きょうは小学生8人が参加し、
実際に楽器に触れて材料を比べたり、
音色を聞き比べたりしながら楽器の違いを学びました。

次は身近にあるホースとクリアファイルを使って
トランペットを作ります。その出来ばえは・・・

(女の子)
 「まあまあ、自分で言うとまあまあ」

最後は本物の楽器に挑戦です。
子どもたちは、体の大きさほどあるチューバや
高い音を奏でるフルートなど実際に音を出し、
好みの楽器を見つけていました。

(男の子)
「サックス」
「上手かった」
(女の子)
「大きい楽器も小さい楽器も練習したい」

イベントはあすも行われ、子どもたちは
ボディーパーカッションを練習し夜のコンサートで披露します。 

[ニュース]
■08月17日 レッサーパンダの赤ちゃんすくすくと
 
香南市ののいち動物公園に先月、小さな命が誕生しました。
レッサーパンダの赤ちゃんで、今すくすくと育っています。

先月17日に生まれたレッサーパンダの赤ちゃんです。
小さく丸まっていてかわいいですね。

オス=カイ(9)とメス=みたらし(4)の間に生まれました。
のいち動物公園では12年前に生まれた
メスのカイ以来の待望の赤ちゃんです。

これは生まれた後の赤ちゃんの様子。
レッサーパンダは出産の直後は神経質になるため、
今は巣箱の中でお母さんと一緒に生活しています。
赤ちゃんは順調に成長していて、
生まれた頃およそ145グラムだった体重は二倍以上となり、
ふっくらとしてきているということです。

まだ公開されていないレッサーパンダの赤ちゃん。
訪れた人たちも公開を楽しみにしているようです。

のいち動物公園は生後3ヶ月がたった10月ごろに
一般公開できればと話しています。
名前は今後、公募される予定です。 

[ニュース]
■08月16日 北ミサイル関連でJアラート使った訓練実施へ
 
北朝鮮のミサイル発射計画を受けて、
国は高知を含む中四国9県を対象に、
Jアラート=全国瞬時警報システムを使った訓練を
あさって行う方針を固めました。

先週、北朝鮮はアメリカのグアムに向けて
弾道ミサイルを発射する計画を発表し、
その中で「島根、広島、高知の上空を通過する」としています。

発射計画を受け総務省消防庁は
弾道ミサイル発射の情報などを瞬時に全国の自治体に送信する
「Jアラート」を使った訓練を、あさって行う方針を固めました。
対象となる地域は高知を含む中四国の9つの県で、
県庁にも午前10時過ぎにメールで通達があったということです。
訓練ではJアラートが正しく作動するかや、
防災無線などを通じて住民に情報が伝わるかを確かめる予定です。
国はあす午後、都道府県を対象に
訓練の概要について説明することにしています。 

[ニュース]
■08月16日 食虫植物とアリ植物展
 
県立牧野植物園で子どもたちの夏休みに
合わせた展示会が開かれています。
植物と虫の不思議な関係が紹介されています。

「食虫植物とアリ植物展」。
食虫植物とは栄養の少ない環境で生きるためにワナを仕掛けて虫を捕らえ、
栄養を補給する植物です。
世界におよそ550種類生育しています。
虫の捕らえ方ははさみこんだりネバネバした液でくっつけたりと様々です。



アリ植物は、熱帯雨林に潜む凶暴な肉食のアリを幹や枝に棲まわせることで、
植物を食べようとする虫や動物から身を守ります。
こちらは南米・ボリビアで「悪魔の棒」と呼ばれています。
近づくとアリに突然噛まれ肌が赤くはれて
耐え切れない痛みに襲われるといいます。

「食虫植物とアリ植物展」は今月31日までで、
26日、27日にはハエトリグサが虫を捕らえる瞬間などを
観察できる体験会が行われます。 

 
/ 25