KUTVテレビ高知 I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (317)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■03月22日 お弁当・お惣菜大賞 高知商生最優秀賞を報告
[ニュース]
■03月22日 高知大学卒業式 1000人あまりが門出
[ニュース]
■03月22日 サクラ開花宣言 今後1週間で満開に
[ニュース]
■03月21日 ツメナシカワウソ一般公開
[ニュース]
■03月21日 牧野植物園に憩える場所
[ニュース]
■03月21日 林業大学校卒業式
[ニュース]
■03月20日 有望な人材確保へ 県警がインターンシップ
[ニュース]
■03月20日 豪雨被害の高知道 工事の進捗は順調
[ニュース]
■03月20日 香南市岸本小で最後の卒業式
[ニュース]
■03月19日 高知FD県庁でPR

 
1
(3)
2
(1)
3
(1)
4
(3)
5
(2)
6
(2)
7
(3)
8
(3)
9
(1)
10
(2)
11
(3)
12
(3)
13
(3)
14
(3)
15
(3)
16
(1)
17
(2)
18
(3)
19
(2)
20
(3)
21
(3)
22
(3)
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■03月22日 お弁当・お惣菜大賞 高知商生最優秀賞を報告
 
高校生と量販店が共同で開発した商品が、
今年1月、お弁当・お惣菜のコンテストで
日本一に輝きました。
生徒達はきょう高知市の岡ア市長に
受賞を報告しました。

高知市役所を訪れたのは、
高知商業高校社会マネジメント科
地域実践コースの3年生です。
生徒達はサンプラザ塚ノ原店と共同で、
新商品「土佐の結び」を開発。
全国の量販店の商品が集うコンテスト=
「お弁当・お惣菜大賞2019」で、
最優秀賞を受賞しました。
生徒達から受賞の報告を受けた岡ア市長。
4655点の応募の中で
頂点に輝いた味を早速試食していました。

(高知商業高校 社会マネジメント科地域実践コース 
 弘田葉澄さん)
「市長に『報告したい!』という気持ちが一番強かったので
 市長が一口食べるたびに『美味しいね』
 『高知の食材やろ?』と反応してくれるのが
 すごく嬉しくて、どんどん話しているうちに
 緊張がなくなっていって、『嬉しい』という
 気持ちの方が強かったです」

卒業式を終え、来月から新たな道に進む生徒達。
高校生活の最後に、
岡ア市長に最高の報告ができたようです。 

[ニュース]
■03月22日 高知大学卒業式 1000人あまりが門出
 
サクラの便りが届いたきょう、
高知大学の卒業式が行われ、
1000人あまりが門出の日を迎えました。
今年は2015年に開設された
「地域協働学部」の1期生も新たな一歩を踏み出します。

卒業するのは、6つの学部と
1つのプログラムの合わせて1059人です。
このうち2015年に開設された「地域協働学部」は、
1期生が卒業の日を迎え、卒業生を代表し、
下村海登さんが謝辞を述べました。

式のあと、会場の外では家族や部活の仲間たちが
門出の日を祝いました。

高知大学によりますと、卒業生全体のうち
就職先が決まっているのは92パーセントで、
このうち4分の1が県内での就職だということです。
これから、それぞれの思いを胸に新たな一歩を踏み出します。 

[ニュース]
■03月22日 サクラ開花宣言 今後1週間で満開に
 
待望のサクラの便りが届きました。
高知地方気象台はきょう、
サクラの開花を宣言しました。
平年と同じで、去年より7日遅い開花です。

午前9時過ぎ、高知城にある
ソメイヨシノの標本木です。
きのうは1輪しか咲いていませんでしたが、
けさはちらほらと小さな花を咲かせていました。
その数、10輪程度。
開花となる5〜6輪の花が咲いた状態を
上回っていました。
そして午前10時前、気象台の職員が
標本木の状態を確認しました。

(ON高知地方気象台 吉村優調査官)
桜が10輪程度以上咲いているのを確認しました。
高知では本日、桜の開花となります。

開花は平年と同じで去年よりは7日遅くなりました。
けさの最低気温は県内各地で
平年を3度から8度近く上回る暖かい朝でした。

(見に来た人)
うれしいわね。待ちに待ったいうかね。
今まで寒い寒い思いよったのが今度暖かくなるがやき
ちょうどえいわね。その基準がこのサクラかね

気象台によりますと桜は今後おおむね1週間程度で
満開となりそうだということです。 

[ニュース]
■03月21日 ツメナシカワウソ一般公開
 
香南市ののいち動物公園で
ツメナシカワウソの
オス「ゆるり」の
一般公開が始まりました。
新しい環境にも慣れていて
元気に泳ぎ回り、
愛嬌を振りまいています。
新しく仲間入りした
ツメナシカワウソのオス
「ゆるり」、4歳です。
きょうはあいにくの雨でしたが、
ゆるりは元気いっぱい!
元々、水辺で暮らしているためか
晴れより雨の日のほうが
活発に動くそうです。
のいち動物公園では
おととし、オスの「クラ」が死に
メスの「ララ」が1人ぼっちに
なってしまっていました。
そこで新たなお婿さんとして
「ゆるり」が
伊勢シーパラダイスから
やって来たのです。
2匹の相性はというと・・・
ゆるりはララが大好きなようで、
水の中でじゃれあって
遊んでいる姿が見られました。
ツメナシカワウソは
準絶滅危惧種に指定されていて、
国内でも7匹しか飼育されていません。
のいち動物公園では2012年に
繁殖に成功したこともあり
今回、新たな命の誕生が期待されます。
伊勢シーパラダイスでは
人気ものだった「ゆるり」
「ゆるり」は動きがダイナミックで
表情豊かなので
のいち動物公園でも
人気者になってもらいたいと
話していました。 

[ニュース]
■03月21日 牧野植物園に憩える場所
 
県立牧野植物園に新しい広場がオープンし、
セレモニーが行われました。
植物を楽しむだけでなく、
”憩える”場所として活用され、
新たな楽しみ方が加わります。
牧野植物園の新たな園地
「こんこん山広場」は
きょうがグランドオープンです。
セレモニーでは、
水上元園長が、植物を楽しむだけではなく
”憩う”という広場の新たな役割について
話しました。
こんこん山広場は
標高130メートルの丘の上に整備され、
広さは1.4ヘクタール。
今までできなかった食のイベントも
予定しています。
きょうから5月26日まで、
春のフラワーショーが
開催されていて、
ルピナスやネモフィラなどの
花々が広場を彩ります。
また、植物に触れて学べる
「ふむふむ広場」は
来月末にオープンし、
8月には展示館もリニューアルされます。 

 
/ 64