KUTVテレビ高知 KUTVテレビ高知 × Shufoo! I・NA・KA(いーなか)宣言KUTV
イブニングKOCHI
イブニングKOCHI
カテゴリ
■ニュース (199)

番組情報
イブニングKOCHI
月火水木金
18時15分〜18時50分

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

 

最近の記事
[ニュース]
■全国戦没者追悼式へ向け出発
[ニュース]
■08月14日 海洋堂ジオラマ展
[ニュース]
■08月14日 オーテピア夏休みで大賑わい
[ニュース]
■08月13日 お盆でにぎわうわんぱーくこうち
[ニュース]
■08月13日 観光客・帰省客に「宗田節」PR
[ニュース]
■08月13日 車いすラグビー金 池選手が凱旋
[ニュース]
■08月12日 よさこい祭りフィナーレへ
[ニュース]
■08月11日 よさこい祭り本番2日目も力強く!
[ニュース]
■08月10日 国際チーム「夢の舞台」で踊り
[ニュース]
■08月10日 よさこい本番初日・熱気あふれる梅ノ辻競演場

 
1
(3)
2
(3)
3
(4)
4
(1)
5
(1)
6
(3)
7
(3)
8
(3)
9
(2)
10
(3)
11
(1)
12
(1)
13
(3)
14
(3)
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 

[ニュース]
■全国戦没者追悼式へ向け出発
 
あす8月15日に東京で平成最後の
全国戦没者追悼式が行われます。
式に参列する県内からの遺族団が
きょう高知を出発しました。
今年は
平成最後の戦没者追悼式ということもあって、
県内からは
例年より20人ほど多い80人の遺族が参列します。
最高齢88歳の山中和宏さんです。
昭和20年に父親の苅谷通さんが
シベリアに抑留され、
その年の12月に栄養失調で亡くなりました。
しかし山中さんが父親の死を知ったのは
7年後の昭和27年でした。
遺族の高齢化などから
今後、若い世代へ
戦争の悲惨さを伝えることが
引き続き課題となっています。
県遺族会は
9月に青年部を立ち上げるなどして、
若者に向けた取り組みを
強めていく方針です。
全国戦没者追悼式は
あす午前11時51分から
東京の日本武道館で行われます。 

[ニュース]
■08月14日 海洋堂ジオラマ展
 
環境保護の大切さを知ってもらおうと、
生き物を取り巻く自然環境を表現した
ジオラマを集めた展示会が、
高知市で開かれています。
こちらも夏休み中の
親子連れらでにぎわっています。
この展示会は10月に高知で開かれる、
「全国豊かな海づくり大会」の
事業の一環として企画されました。
ジオラマ15点は
大阪のフィギュアメーカー
『海洋堂』が製作しています。
『小さなガラス瓶が
 川や海を巡って
 様々な生き物に出会い、
 砂浜にたどり着く』という
ストーリーのもと、
生き物を取り巻く自然を表現して
環境保護を訴えています。
訪れた人たちは、
環境保護の大切さを再認識しながら、
手の込んだリアルな造形を
楽しんでいました。
この展示会は今月21日まで、
入場無料で開かれています。 

[ニュース]
■08月14日 オーテピア夏休みで大賑わい
 
夏休み真っ只中です。
子どもたちは、
どうすごしているんでしょうか。
先月オープンした
高知市のオーテピアでは、
大勢の子どもたちが
それぞれの時間を満喫していました。
先月24日にオープンしたオーテピア。
よさこい祭りのため9日から13日まで
休館していた2階の図書館には、
大勢の家族連れが訪れていました。
熱心に本を読む子どもや
夏休みの宿題をする子ども。
それぞれが思い思いの時間を
すごしていました。
5階の『高知みらい科学館』も
大にぎわいです。
実験を通して科学の面白さを伝える
サイエンスショーには、
子どもだけでなく大人も興味津々な様子!
テーマは『マイナス196度の世界』。
ショーに参加しながら
ドライアイスができる仕組みなどを
学んでいました。
このほか、実際に体験することで
振り子や滑車の原理について
知ることができるコーナーも大人気でした。
大人も子どもも一緒になって楽しめる
オーテピア。
夏休み期間にあわせ来月2日まで、毎日
サイエンスショーや読み聞かせなどの
イベントが行われます。 

[ニュース]
■08月13日 お盆でにぎわうわんぱーくこうち
 
きょうは盆の入り。
高知市のわんぱーくこうちは
帰省客や家族連れでにぎわいました。

きょうも気温が上がり、日中の最高気温は
大栃で34.7度、高知で34.5度など
県内全域で真夏日に、江川崎では35.1度と猛暑日となりました。
この暑さの中、高知市のわんぱーくこうちは
お盆の帰省客や観光客らでにぎわい、
多くの家族連れが水遊びなどを楽しんでいました。

「楽しいです。(夏休みにしたいことは)虫取り。」

また、わんぱーくこうち内にはミストが
設置されている場所があり、
訪れた人たちの憩いの場になっていました。

「暑いですね今年は特に。ここ(ミストの中)はすごく涼しいですね。
 ありがたいです。」

暑さ対策は動物たちにも。ミストの下で休むシマウマや
飼育員さんにもらった氷のペットボトルにぴったり寄り添う
モルモットの姿が見られました。
この暑さに日陰に大集合した動物たちもぐったり。
あまりの暑さに百獣の王ライオンもこの姿。

わんぱーくこうちアニマルランドではさらにホットな話題が・・・
今月10日、ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生しました。
名前はまだ決まっていませんがすでに展示されています。
大人のニホンカモシカと違い真っ黒な毛が特徴的で、
一年もすれば親離れするということです。

お母さんカモシカに甘える可愛らしい姿を
見られるのも今だけです。
こちらがカモシカの赤ちゃんの写真です。
お母さんにぴったり寄り添う姿が愛くるしいですよね。
この夏ぜひニホンカモシカの赤ちゃんに
会いに行ってみてはいかがでしょうか。 

[ニュース]
■08月13日 観光客・帰省客に「宗田節」PR
 
土佐清水市が全国トップシェアを誇る特産品
「宗田節」をもっと知ってもらおうと、
高知を訪れた観光客に、宗田節のだしを使った
トコロテンが振舞われました。

宗田節のPRは土佐清水市の食品業者や
商工会議所などでつくる団体が行いました。
「宗田節」は原料となるメジカの漁獲量全国1位の
土佐清水市で江戸時代から続く伝統産業です。
カツオ節に比べると味が濃厚な上、コクがあるのが特徴で、
そばやうどんなど麺類の出汁として飲食店などで使われています。
しかし一般家庭ではカツオ節より知名度が低いことが課題です。

高知龍馬空港では夏季限定販売の
宗田節でつくるめんつゆのPRも兼ねて、
観光客にトコロテンが振舞われました。

主催者はPRを通して宗田節のコクや香りを
感じてもらえればと話していました。 

 
/ 40