あさコレ!

番組情報
番組名

あさコレ!

放送時間
毎週土曜日 あさ9時55分~
番組紹介

さわやかな朝に視聴者に役立つ情報をコレクションしてお届けします!

【リポーター】
古川なるみ
ハル


なるみの“目指せ!女子力UP!”

料理名「たっぷり野菜と蒸し鶏のスープパスタ」

今回はなんと洋食の橋田シェフ、そして和食の刈谷調理長のお二人が見守る中、なるみちゃんが一人で料理に挑戦!二人に習ったことを活かして上手に作れるかな・・・?

【材料】
<野菜スープ>
※材料①
・ニンニク(みじん切り)・・・1片
・ベーコン(1センチ角切り)・・・50g
・玉葱(皮を剥き1センチ角切り)・・・100g
・人参(皮を剥き1センチ角切り)・・・100g 
・セロリ(筋を取り1センチ角切り)・・・50g
・キャベツ(1センチ角切り)・・・100g
・ジャガイモ(皮を剥き1センチ角切り)・・・100g

-----------------------------------------------

・トマト(種皮をとり1センチ角切り)・・・3個
・水・・・1リットル
・ローリエ・・・1枚
・チキンコンソメ・・・適量
・イタリアンパセリ(荒切り)・・・適量
・オリーブ油・・・適量
・塩コショウ・・・適量→スープパスタにするので、多めに
・パルメザンチーズ(パウダー)・・・20g

<蒸し鶏>
・鶏むね肉・・・300g
・塩・・・適量
・酒・・・大さじ1と1/2
・長ねぎ(青い部分)・・・40 g
・しょうが(スライス)・・・1/3片(4~5g)

<パスタ>
・パスタ・・・400g

【作り方】

<野菜スープ>
(1)野菜を全て同じ大きさ(1センチ角)に切る。トマトも湯剥きして種を除き、カットする。
(2)鍋にオリーブ油を熱し、①の材料を上から順番に炒める。塩コショウで下味をつける。
(3)水を注ぎ、チキンコンソメ、ローリエを加える。沸騰したらトマトを入れ10分間煮込む。塩コショウで少し濃いめに味を整える。

<蒸し鶏>
(1)鶏むね肉を観音開きにして、フォークや串で数か所刺して穴を開ける。
(2) 鶏肉の両面に、塩を片面につきひとつまみずつ塗り込み、臭みを消すため上にねぎ、しょうがスライスを乗せて酒を振りかけ、蒸し器にセットする。
(3)鍋に水を入れ、蓋をして沸騰させる。沸騰したら蒸し器もセットし、蓋をして中弱火で7~8分蒸す。

蒸している間に・・・

<パスタ>
(1)鍋にたっぷりの湯を沸かし、水の量の1%の塩を加えます。
(2)沸騰したらパスタを加え、指定の時間通り茹でます。

<蒸し鶏>
(4) しっかり火が通っているのを確認し、ねぎとしょうがを取り除きます。
(5)触れるくらいの温度まで覚めたら、食べやすい大きさにスライスします。

<盛り付け>
(1)パスタを器に盛り付けます。
(2)パスタに野菜スープを注ぎ、スライスした蒸し鶏を並べます。

最後にお好みでイタリアンパセリやパルメザンチーズをかけたら出来上がり!

 


「イチゴとベビーリーフのサラダ」

【材料】2人分
いちご・・・50g
ベビーリーフ・・・1袋(40g)
モッツァレラチーズ・・・50g

<ドレッシング>
マヨネーズ・・・大さじ1
プレーンヨーグルト・・・大さじ1
牛乳・・・大さじ1
黒コショウ・・・少々

【作り方】
1、イチゴはヘタを切り落とし、1cmの角切りにする。モッツアレラチーズも1cmの角切りにする。イチゴはすべて角切りではなく、縦に4等分など切り方を変えると見た目も華やかになります。
2、ベビーリーフを水洗いし、水気をきっておく。
3、ドレッシングの材料をすべて混ぜ合わせる。
4、器に1と2を盛り付け、3のドレッシングをかけたら出来上がり!

☆イチゴの酸味が強い場合は、ドレッシングにはちみつを加えたり、ヨーグルトを加糖に変えたりするなどすると食べやすくなります。
☆豊富に含まれるビタミンCは、風邪予防のほか、美肌作りに効果が期待できます。水溶性食物繊維の一種であるペクチンに富み、腸内環境を改善して便秘の解消につながります。また、虫歯予防に役立つとされるキシリトール、抗酸化作用を発揮するフラボノイドなども含まれています。


なるみの“目指せ!女子力UP!”「鯛 信州蒸し」

料理を教えてくれるのはホテル日航高知旭ロイヤルの刈谷和食調理長。
今回のテーマは【魚の開き方を学ぼう】です。

○鯛 信州蒸し
【材料】4人前
・鯛切り身…4枚(50g)
・茶そば…30g
・そら豆…8個
・たらの芽…8個
・ネギ…適量
・ワサビ…適量
・塩…適量
・昆布…1枚
・小麦粉…適量
・卵白…1個分
<そば出汁>
・鰹だし…360cc
・みりん…36cc
・薄口しょうゆ…18cc
・濃口しょうゆ…18cc
・片栗粉…適量

【作り方】
①鯛を観音開きにして、臭みをとるため、うすしおを当てておく。
②ばらばらにならないように束ねた茶そばを固めに湯がく。
③鯛に小麦粉を打ち、卵白にくぐらせた茶そばを鯛で巻く。
④昆布を敷いた蒸し器に③を並べ、10分程蒸し上げる。
⑤蒸している間に、鰹だし、みりん、薄口しょうゆ、濃口しょうゆを鍋に入れ弱火~中火で熱し、沸いたら水溶き片栗粉を回しいれ、とろみをつける。
⑥蒸し上がった鯛を器に盛り、彩りの野菜(今回はそら豆とたらの芽)を添え、そば出汁をかけ、上に白髪ねぎをのせたら出来上がり!

☆信州蒸しとは・・・信州蒸しとは、白身魚を「そば」で包んで蒸したもの。
別名、【信濃(しなの)蒸し】【蕎麦蒸し】
信州が蕎麦の名産地であることから。


「ナバナを使った簡単レシピ」

<ナバナの下茹で>
沸騰した湯に塩を入れ、ナバナを下茹でする。
ナバナは茎の部分が太いので、トングなどで名ナバナを掴み、まずは茎の部分を湯に入れ30~45秒茹でる。
その後葉や穂先を含む全体を湯に入れ、そこから15秒ほど茹でたら、ざるなどにあげ冷ます。
この時水に浸けるとビタミンが溶け出る原因になるので、水には浸けない方が良い。

 

「ナバナとしば漬けの春色卵とじ丼」

【材料】1人分
ナバナ(下茹でしたもの)・・・50g
しば漬け・・・10g
卵・・・1個
白だし・・・大さじ1
水・・・80ml

【作り方】
1、丼鍋やフライパンに水、白だし、下茹でしたナバナ、しば漬けを入れ、強火にかける。ナバナやしば漬けはお好みの大きさに切っても良い。
2、1の鍋が煮立ってきたら溶き卵を流しいれ、卵がお好みのかたさになったら、丼にもったごはんの上に乗せて出来上がり!

 

「ナバナとワンタンのスープ」

【材料】2人分
ナバナ(下茹でしたもの)・・・100g
ワンタンの皮・・・4枚
ミニトマト・・・お好みで
鶏がらスープの素・・・大さじ1
水・・・100ml

【作り方】
1、ワンタンの皮を1cm幅に切る。
2、鍋に水と鶏がらスープの素を入れ、火にかける。
3、煮立ったら、ナバナ、ミニトマト、ワンタンの皮を加え、ワンタンの皮が透き通ったら出来上がり!

 

☆ナバナはカロテン、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、カルシウム、鉄分などのビタミン類やミネラル類が豊富です。
☆ビタミンCの含有量は野菜の中でトップクラス。風邪などの病気に対する免疫力を高め、貧血予防や、コラーゲンの育成を促進するなどの美肌効果も期待できます。