KUTVニュース

子どもたちが「海の生き物」学ぶ 高知・須崎市

子どもたちに高知の海の魅力を知ってもらおうと、高知県須崎市で先日、海の生き物に触れその生態などを学ぶ自然学習が行われました。子どもたちにとって特別な体験になったようです。

この自然学習は日本財団などが推進する「海と日本プロジェクト」の一環として行われました。海への好奇心を高め、美しい海を次の世代につなげようとする取り組みです。2日間にわたって行われたイベントには、県内の小学5年生と6年生10人が参加しました。初日は須崎湾でクルージングを楽しんだ後、貝やプランクトンなどを観察しました。

2日目は須崎市の桜川河口付近の干潟で水生生物の調査。講師を務めたのは海洋生物を研究する高知大学の伊谷 行教授です。

干潟で生息する生き物を捕獲するための手動式ポンプで、砂と砂の中にいる生き物を一気に吸い上げると。

「わー!カニと何かの合体系が。なにこれ、白いのおる。」
「スナモグ~すごい元気!」
「スナモグリですね。」
「やったー!」

エビの仲間「スナモグリ」です。その名の通り、砂の中に1メートルほどの巣穴を掘ってその中で暮らしています。干潟には、川から豊富な栄養が流れてくるため様々な生き物が棲んでいます。この日は1時間ほどでスナモグリをはじめアナジャコ、ハゼなどたくさんの種類の生き物を見つけることができました。子どもたちは2日間で学んだことをイラストを交え、レポートにまとめていました。

「プランクトンとかを見れたので小さくてかわいかったです。(高知の自然は)とってもきれいでした。」
「きょうはスナモグリをとったのが一番心に残りました。大きいのがとれたときはすごくうれしかったです。ここは森しかないんじゃないかって思ったので、干潟があるということがすごい驚きました。(高知の自然好きになりましたか?)大好きです。」
「初めて自分も見て、やったなと、嬉しい気持ちでいっぱいになった。(高知の海ってどんなとこ?)新しい発見もあって、ほかの海ともまた違う楽しさがあるところだと思います。」

高知の豊かな自然を体いっぱいで感じた子どもたち。伊谷教授は子どもたちが「楽しい」と感じた場所を守っていってほしいと話します。

「(高知の)海も川も自慢なんですけど、海と川をつなぐ河口域、そこにできる干潟も大事なところ、そしてそこにいろんな生き物がいて面白いということを感じてもらって。あの楽しかったところが埋め立てにあったらいけないなという思ってもらったらなと思います。」(高知大学教育学部 伊谷行教授)


高知県産ユズ輸出拡大へロゴマーク

高知県産ユズのさらなる輸出拡大につなげるためのロゴマークが決まりました。豊かな自然の中で育った世界に誇れるユズを、広くアピールできることが期待されます。

県産のユズは、日本一の生産量を誇り、県では、産業振興計画の重要な柱となっている「地産外商」を進めるため、ユズの輸出拡大に取り組んできました。2011年にフランスで本格的なプロモーションが始まり、高い評価を得たことから、県産ユズの輸出額は、年々増加しています。一方で、近年は、海外産の価格が安いユズが出回り、競合しています。そこで県は、県産ユズの認知度アップとさらなる輸出拡大を目指し、ロゴマークを募集。国内・海外から1831点の応募があり、きょう、入賞作品の表彰式が行われました。

最優秀賞に選ばれたのは東京都の会社員増田広奈さんの作品です。川と緑とユズをモチーフに、高知の自然の中で豊かに育ったユズをイメージしています。また、ユズが太陽に見えるようにデザインされ、世界に輝く存在になるようにという思いが込められています。

「私自身ユズがとても好きなので、今回募集を見たときにぜひ応募したいと思い作成しました。選んでもらって大変うれしいです。皮の部分を薄く切って料理の添えたりお風呂で楽しんだり香りがいいので大好きです。とても素晴らしいユズなので、世界に誇れる高知のユズを広くアピールしてもらえればと思います。」(増田広奈さん)

増田さんがデザインしたロゴマークは、今後、現地でのプロモーションや商品パッケージなどで使用され、県はブランドゆずとしての価値を高めたい考えです。


英語で挑戦!防災かるた

小学校の「外国語活動」と防災教育を組み合わせたユニークな授業が高知市の小学校で行われました。子どもたちが挑戦したのは「英語の防災かるた」です。

高知市の一宮東小学校の4年生が「外国語活動」の時間に挑戦したのは、英語版の「防災かるた Nankai Karuta」です。英語の習得と防災意識の向上を目指して、今回初めて行われました。授業で使われたのは、ハワイ出身でALT=外国語指導助手のカイリ・モスマンさんがデザインしたオリジナルのかるたです。かるたには「地震」を意味する「Earthquake」や、「消火器」という意味の「Fire extinguisher」など、防災にまつわる英単語の頭文字がイラストともに描かれています。

子どもたちは先生の発音を真似しながら、興味津々の様子で防災かるたに夢中になっていました。

「楽しかった。津波や火事など、色んな人が集まり外国の人が困っている時に役立ちそう。」(児童)

「オリンピックが近いということもあり、外国人がもし地震に合ってさまざまな単語を発したとき、子どもたちが聞き取れるようにしたり、子どもたちが説明できるようになってほしいと思い開発した。英語のコミュニケーションと、身近に色んな危険があることを学んでほしい。」(一宮東小学校・細川晃教頭)

きょう授業で使ったかるたは9枚でしたが、一宮東小学校では今後もかるたに使うアルファベットを増やしていく予定で、ゆくゆくは英語版の防災かるたを県内全域に広めていきたいとしています。


農家グループが育てたコスモス見ごろ 高知・宿毛市

けさの高知県内は冷え込み、ほとんどの観測地点で今季最低の気温となりました。宿毛市ではコスモスの花が咲き青空に映えています。

コスモスが一面に咲く、宿毛市山奈町の山田地区です。環境保全に取り組む地元の農家のグループ「山農会」が、地区を花で彩ろうと2年前から田んぼの一画をコスモス畑にする活動を行っています。今年は8月中旬に稲刈りを終えた後の田んぼを耕し、道路を挟んで2ヘクタールの範囲に種をまきました。台風などの影響も受けず、これまでになく順調に育ったということです。コスモスは今月上旬から咲き始め、今、見ごろを迎えています。

「大きいですね、花が。色々な花が混じってきれいですね。」(見物客)

けさの県内は本川で5.1℃、梼原で6.6℃、高知市で11.2℃など16観測地点のうち13地点で今季最低の気温となりました。宿毛市のコスモスは来月上旬まで楽しめそうだということです。


食品ロス削減へパネル展 高知市

本来食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」を身近な問題として捉え、減らす意識を持ってもらおうと高知市役所でパネル展が開かれています。

このパネル展は10月の食品ロス削減月間に合わせて高知市が開いています。高知市では食品ロス削減のために「食品を残さず食べる」「料理を作りすぎない」などの工夫をしている人が98%と、全国に比べ割合が高くなっています。一方で、高知市が実施した調査では、可燃ごみのうちおよそ10%が食品ロスになっていることがパネルで説明されています。また、食品ロスを防ぐため、冷蔵庫の中の写真を撮って食品の配置を整える方法や、余りがちな食材を活用したレシピなど、家庭で役立つコツが紹介されています。

「食品ロスを減らすためにどのような取り組みがあるか知ってもらい、家で実践してもらえたら。」(高知市環境部環境政策課 深川圭主査補)

パネル展は今月30日まで高知市役所2階で開かれていて、食堂「せんだんの木」では余りがちな食品を使ったレシピの料理を味わうことができます。