KUTVニュース

線状降水帯に関する情報 重要性とは

気象庁はきょう未明、沖縄本島地方に線状降水帯の発生による気象情報を初めて発表しました。今後、高知でも発表される可能性があるこの情報について、高知地方気象台に聞きました。

きょう、沖縄では激しい雨が降り、土砂崩れなども発生しています。気象庁はきょう午前2時50分ごろ、線状降水帯の発生による「顕著な大雨に関する情報」を、沖縄本島地方に発表。情報の運用開始後、全国で初めての発表となりました。

「線状降水帯発生情報発表の基準は雨量、形の災害の危険度を示す指数があり、それに沖縄は該当した。」(高知地方気象台 寺尾克彦次長)

線状降水帯は、発達した積乱雲が直線状に並び、長時間、雨を降らせる現象で、近年、災害をもたらす大雨の要因のひとつとなっています。過去、高知でもこの基準に該当するような大雨がありました。

2018年の西日本豪雨。このときは複数回、線状降水帯が発生。県内を襲った記録的豪雨は各地に大きな爪あとを残しました。2019年の台風18号。線状降水帯が発生し大雨に。高知市中心部を流れる鏡川が増水し、車が水に浸かる被害が出ました。気象台によりますと、高知県を含む太平洋側の地域は線状降水帯が発生しやすいということです。

「高知県の場合は、県内どこで発生してもおかしくないような状況。夏場の気温が高い時期は南から暖かく湿った空気が流れこむため多いと考えるが、10月11月まではいつなってもおかしくないような状況。」(高知地方気象台 寺尾克彦次長)

今後、県内でも、発表される可能性がある、「線状降水帯発生情報」。大雨警戒レベルとは紐づいていませんが、発表されるのはすでに危険が迫っているタイミングだといいます。

「情報が発表された時には土砂災害警戒情報や洪水警報が発表されているはずなので、かなり危険な状態が迫っている。これが出る前の警報の段階でできるだけ避難していただく」(高知地方気象台 寺尾克彦次長)

気象庁は「顕著な大雨に関する情報」としていますが、JNNでは、意味が明確に伝わるよう「線状降水帯発生情報」と言い換えてお伝えしています。


願い事いっぱい 園児が七夕飾り 高知・安芸市

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の安芸駅に七夕飾りが登場しました。矢ノ丸保育園の園児29人が飾り付けました。利用客に夏を感じてもらおうと10年以上続いている取り組みで、去年は新型コロナの影響で中止に。2年ぶりの飾りつけです。

子どもたちは、願い事を書いた短冊や、自分たちで作った織姫や彦星、夏らしいスイカなどの飾りを楽しそうに結び付けていました。みんなのお願い事は?

七夕飾りは7月7日まで設置されています。また、構内には短冊を入れる箱もあり、入れられた短冊は、七夕飾りの笹や、やなせたかしさんデザインの七夕列車に飾り付けられるということです。


新型コロナ 高知県内で新たに10人の感染確認

新型コロナウイルス、新たに10人の感染が確認されました。入院患者の感染が確認されていた高知大学医学部附属病院では新たに2人の感染が確認され、クラスターとなっています。

新たに感染が確認されたのは10代から70代までの男女10人です。感染経路が分かっていないのは3人で全員、症状は軽いということです。入院患者の感染が確認されていた高知大学医学部附属病院では医師1人、入院患者1人の感染が新たに確認され、クラスターとなっています。また、今月7日にファイザーのワクチンを接種した90代の女性が、13日に死亡していたことも分かりました。ワクチン接種後に死亡したのは県内では3人目となり、厚生労働省が因果関係を調べています。

県内の感染確認は1820人となり、54人が医療機関に入院しています。重症の患者が8人、中等症の患者が11人となっていて、病床の占有率は25.7パーセントです。宿泊療養施設には45人が入っています。


オンライン診察を実証 高知・宿毛市 

高知県宿毛市の医療機関が患者の診察や服薬指導、決済までをオンラインで一貫して行う仕組みを実証することになりました。

この事業はスマホやタブレットの専用アプリで医療機関と患者をオンラインでつなぎ、患者はビデオチャットを通じて、医師の診察や薬剤師の服薬指導を受けることができます。また、アプリを通じてカード決済や薬の配送なども依頼できます。実証事業は半年間行われ、宿毛市は事業者間の調整や事業の検証などを行うため、きのう、地元の大井田病院と連携協定を結びました。協定締結の後、地域医療情報のネットワークを活用し事業を支援する企業も加わり、記者会見が行われました。

「東西の一部にしか医療機関がありませんので病院に行くのに時間がかかるということで、独居老人が増える中、自宅にいて診察を受けられるのは効果があると期待しています。」(宿毛市 中平富宏市長)

市は広い地域で大勢の人に利用してもらえる仕組みを目指しています。

 


大手コーヒーチェーン 高知産ショウガで限定商品

大手コーヒーチェーンスターバックスが高知のショウガを使った商品を開発し、あすから高知県内の店舗限定で販売されることになりました。

スターバックスは世界83か国、およそ3万2000店舗を展開する大手コーヒーチェーンです。国内進出25周年を記念して地域とのつながりを深めようと、47都道府県それぞれの地域限定メニューを販売することになり、各地の店舗の従業員がメニューを考案。高知からは生産量日本一を誇るショウガを使った商品が誕生しました。ジンジャーシロップがたっぷりかかり、高知らしいエネルギッシュな様子を表現したということです。

「高知ジンジャーシトラスやきフラペチーノ」はあすから県内6店舗で販売されます。