KUTVニュース

商店街にスーパーカー大集合! 四国最大級のモーターショー

四国最大級のモーターショーが、きのうとおととい高知市で開かれました。ずらりと並んだスーパーカーにクラシックカー。高知ではなかなか見られない光景です。

「よさこいモーターフェス」は、高知を盛り上げようと開かれ、去年に続き2回目です。数百万円かけて自分好みにカスタマイズした車や昭和の時代を彩ったクラシックカー、それに、フェラーリをはじめとする憧れのスーパーカーなど、100台以上が並びました。

今回は、スーパーカーが帯屋町アーケードをジャックし、訪れた人たちを魅了しました。中でも特に目を引いたのが、ランボルギーニの最上級モデル、「アヴェンタドールSVJ」。最高速度350キロ以上、新車価格6000万円の国内ではなかなか見ることができないスーパーカーです。貴重なスーパーカーがアーケードに並ぶ光景。訪れた人たちは、カメラを向けたりじっくりと見たりして、目を輝かせていました。

「お土産を買いに来たらたまたまやっていた。すごいね欲しくなりますね」(香美市から)

「あまり車に興味は無いが、行くという家族についてきた。でも実際見に来たらすごいですね。(Q.一番かっこいいのは?)白の!あれやばいですね。ロボット、トランスフォーマーみたい」(香川から)

主催者は高知の観光振興や、若い人たちに夢を持ってもらうきっかけになればと話していました。