KUTVニュース

高知県内企業の魅力知って 企業と学生がオンラインで交流

高知の企業の魅力を知ってもらおうと昨夜、県内企業と県外の学生が交流するオンラインイベントが開かれました。

このイベントは、県内の企業の魅力を若者に広く伝えようと県が初めて開きました。イベントには県内外、18人の学生が参加し、IT企業や銀行など4つの企業の社員と、仕事のやりがいや、内容などについて意見を交わしました。県によりますと、高校卒業後、県外に進学する若者は毎年2000人ほどいて、その82%がそのまま県外で就職しているということです。県内の企業にとっても、若い人材の確保は、事業を続けていくための大きな課題となっていて、オンラインでの企業説明会は、県外の学生へのアプローチ方法として大きなチャンスとなっています。

「県外から戻ってきて就職する割合がかなり少ないので、学生に県内企業の魅力を伝えていきたい。」(運営会社SHIFT PLUS 廣瀬恵理子さん)

オンラインでの交流イベントは、今後、月に1回のペースで予定されています。