KUTVニュース

東京2020オリンピック 事前合宿参加選手を動画で応援

東京2020オリンピックの事前合宿で高知を訪れるチェコとシンガポールの選手たちを歓迎・応援しようと、高知市の義務教育学校の児童・生徒が、心のこもったメッセージ動画を制作しています。

動画を制作しているのは、高知市の義務教育学校土佐山学舎です。2年前、シンガポールの選手団が事前合宿に来た時、土佐山のかんなくずで作ったコサージュを贈るなどの交流があります。今回はコロナ禍で滞在場所が限られる選手たちに、「少しでも土佐山の魅力を感じてもらい、喜んでもらいたい」という思いを込めて、メッセージ動画を制作。英語を使い、子どもたちならではの自由な発想力で選手たちを歓迎・応援します。

きょうは全校児童・生徒と教職員およそ170人が参加し、動画のクライマックスとなるドローンを使ったシーンの撮影が行われました。ドローンは教頭が操縦し、撮影や編集も担当しています。子どもたちはチェコとシンガポールの国旗を振りながら撮影に臨んでいました。

「緊張したけど楽しかった!(Q.オリンピックどこの国を応援する?)シンガポールとチェコ!日本も応援する!日本いちばん応援する!」(児童)

「高知の自然をたくさん知ってもらって、お土産にしてもらえたらありがたいと思う。子どもたちも一生懸命土佐山のことを紹介したり、高知のことを紹介したりしているので、ぜひ出来上がった動画を見てもらえたらいいと思う。」(土佐山学舎 和田広信 教頭)

メッセージ動画は、来週、選手団に贈られる予定です。