KUTVニュース

東京五輪飛込競技代表 宮本葉月選手 知事に意気込み語る

東京2020オリンピック飛込競技の代表に内定している高知県出身の宮本葉月選手が県庁を訪れました。

県庁を訪ねたのは、土佐女子高校出身で近畿大学3年の宮本葉月選手。東京オリンピック女子シンクロ3メートル飛板飛込の代表に内定しています。宮本選手は先月1日に代表選考を兼ねた飛込のワールドカップで榎本遥香選手と女子シンクロ3メートルに出場。8位入賞を果たし、県勢初の東京オリンピック出場を決めました。

宮本選手は小さい頃から指導を受けてきた高知海洋高校の瓶子勇治郎教諭らとともに濵田知事のもとを訪ねました。 宮本選手は県内の飛込競技のレベルが決して低くないことや、大会に向けた意気込みを語りました。

「次はメダルを持って帰ってくる。」
「ジュニアのときから高知のいろんな人に応援してもらったので、私がオリンピック代表に内定したことでやっと恩返しができた。私の姿を見て後輩たちが頑張ろうと思ってくれる人になりたい。」(東京オリンピック 女子シンクロ3メートル飛板飛込代表 宮本葉月選手)

宮本選手はきょう午後、母校の土佐女子高校も訪れる予定です。