KUTVニュース

神社と警察が初のテロ対策訓練

高知市の神社でテロを想定した警察との合同訓練が初めて行われました。

海外では駅やコンサート会場など多くの人が行き交う場所で不特定多数が狙われるテロ事件が増えています。高知市の潮江天満宮は今月30日に「わぬけさま」が開かれるのをまえに、初めて、警察と合同で対策訓練を行いました。訓練は、刃物を持った不審な男が境内にいる想定で、事務員が通報をした後参拝客を避難させるなど、手順を確認しました。

「刃物を捨てろ!」

男を取り押さえた後、警察官は現場に残された不審なバッグを回収しました。

「いつどこで起きるかわからない。人が集まるところであればテロの対象となり得る。車の突っ込みや刃物での切り付けなど身近なところで起きる可能性がある。」(高知南警察署 松田克二警備官)

警察は、不審者を見つけた場合速やかな110番通報を求めると共に万が一、事件に巻き込まれた際は、素早く逃げるよう呼びかけています。