KUTVニュース

高知から世界へ羽ばたけ 人材育成プログラム

将来、世界で活躍する人材になってもらおうと高知県内の大学生や高校生を対象にした人材育成プログラムのワークショップがきのう高知市で開かれました。

このプログラムは、高知から世界で活躍する人材を生み出そうと「Ryoma frogs」と名づけられ今年4月に発足しました。きのうは、このプログラムに参加を希望する県内の大学生や高校生20人にワークショップがオンライン形式で行われました。

「小さいころから地域活性化に興味があってさまざまな活動をしてきたので、いろんなことを話し合いたいと思って参加した」(参加高校生)

プログラムは、半年間かけて語学力やプレゼンテーションの能力を身につけます。また、世界各国で活躍する起業家の講演を聞き、参加者が解決したいと考える高知の課題などを明確にし解決策を探るなどします。

「みんなに教育のチャンスを与えたい。高知の学生として高知にいて世界のことを考えて世界を目指す子どもが育つだろうか。自然もあるし、のんびりしているが。子どもたちが学生時代に(世界を)目指す文化をつくりたい。目指す場所を大人がつくるのが必要と思っている」(渡邊基文 発起人)

プログラムは、今年7月から始まり半年後の12月には国内や海外で活躍する起業家や投資家とのパネルディスカッションや交流会を予定しているということです。