KUTVニュース

高知県四万十市長が会見「市民に迷惑かけた」

新型コロナの陽性患者が確認された飲食店を訪れ、濃厚接触者として自宅待機していた高知県四万十市の中平正宏市長がきょう会見を開き、「市民に心配をかけた」と謝罪しました。

「市民の皆さんに心配をかけ心よりお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。」(中平正宏市長)

四万十市の中平正宏市長は今月11日夜、市議会議長と共に市内の飲食店を訪問。新型コロナの濃厚接触者として19日にPCR検査を受け、市長は陰性でしたが、議長は陽性が判明しました。きのうまで自宅待機をしていた中平市長はきょう、会見を開き謝罪した上で、県から市内の飲食店などに営業時間短縮要請が出ていることに触れました。