KUTVニュース

高知市高齢者ワクチン 半数が1回目の接種予約完了

新型コロナのワクチン接種について、高知市では65歳以上の高齢者のおよそ半数が1回目の接種の予約を完了していることがわかりました。

国は高齢者向けのワクチン接種を7月末までに完了することを目標としています。高知市ではインフルエンザの接種率などをもとに個別接種の対象、9万5000人のうち、7割の高齢者がワクチンを接種すると想定しています。きのうの時点ではおよそ4万8000人が一回目を、およそ1万3000人が2回目の接種の予約を完了していて、岡﨑市長は「計画通りに進んでいる」としました。一方で、接種を希望する高齢者が8割を超えてきた場合は7月末までの完了が難しくなる認識を示しました。

高知市では毎週月曜日におよそ7000回分の予約を受け付けています。現在、73の病院で接種が可能ですが会見で岡﨑市長は接種できる病院数を100以上に増やす方針も明らかにしました。