KUTVニュース

高知市で高齢者ワクチン接種始まる

「失礼します。しびれたりはないですか?」

新型コロナウイルスのワクチンをめぐって高知市ではきょう、全ての高齢者を対象とした接種が始まりました。高知市で行われているのはかかりつけ医など医療機関で接種を行う「個別接種」で、こちらの病院では、午後2時から4人が接種を受けました。そのうちの一人、安芸道子さんは予約の受け付けが始まった先月23日、一番に市役所の列に並びました。

(Q.きょう何時ごろ来ましたか)
「午前4時10分ごろ一日も早く打ちたかった」(安芸道子さん)

しかし、この日はシステムトラブルにより予約できない状態が続き、予約を完了できたのは受け付け開始から1時間後のことでした。

トラブルがありながらもきょう、一回目の接種を終えた安芸さんからは安堵の声が聞かれました。

「ものすごく安心しました。ホッとしました。ホテル旅館飲食に友人がいてみんな苦労しています。(接種が進んで)もとにはもどらなくても早くみんなが働けるようになればと思う」(安芸道子さん)

医師は接種対象者が増えてくる今後に向けて備えたいとしています。

「1回目と2回目の人が混ざってくるので、そういう時にスムーズに対応できるように体制を整えたい。副反応には十分に注意したい」(浜田循環器内科 濱田富雄院長)

ワクチンの接種をめぐって高知市では、すでに今月末まで予約が埋まっています。来月1日から12日までの予約についてはあす午前9時から電話とインターネットで受け付けを始める予定です。電話番号は0120-920-737です。