KUTVニュース

新型コロナ 新たに10人の感染確認

新型コロナをめぐって、高知県内では新たに10人の感染が確認されました。

新たに感染が確認されたのは、10歳未満から40代までの男女10人です。感染経路がわかっていないのは2人で、全員、症状は軽いということです。県高校春季バレーボール大会のクラスターをめぐっては、一度PCR検査で陰性となった後に発熱などの症状が出た高知西高校の部員1人の感染が確認されました。このクラスターでは教諭2人と9つの高校の部員28人の感染が確認されたことになります。また、2つの部で感染が広がっていた高知南高校では、クラス内で部員と接触があった生徒2人の感染が新たに確認され、県では、2つのクラスのおよそ20人の生徒を検査する予定です。県内では現在、重症の患者が1人、酸素投与が必要な中等症の患者が6人となっています。

ところで、高知新聞社は3日、40代の男性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。男性記者は、先月29日に取材した男性が新型コロナウイルスに感染したことから2日にPCR検査を受け、3日に陽性が判明したということです。高知新聞社によりますと、当時の取材は屋内で行われ、男性記者はマスクを着けていたということです。男性記者に症状はなく、今月に入ってからは出勤していないため、いまのところ社内に接触者はいないということです。