KUTVニュース

コロナ禍で観光客172万人減

去年1年間に高知を訪れた県外からの観光客がおよそ267万人とみられることが分かりました。今の方法で推計を始めた2003年以降、最も少なくなっています。

県の推計によりますと去年1年間に高知を訪れた県外観光客はおよそ266万8000人で、推計を始めた2003年以降、最も少なくなっています。要因は新型コロナで、乗用車での観光客は34%、97万人の減少。近年順調だった大型客船も98%の減少となりました。県外観光客は2013年以降、7年連続で400万人を維持してきたため、県は今回の数字を「大変厳しい」と捉えています。

現在、3密の回避や、自然が多い場所へというコロナ禍での新たな観光ニーズに対応するための観光ルートの創設や宿泊施設の整備が進められていて、県は「官民一体となって落ち込んだ観光需要の回復に努めたい」としています。