KUTVニュース

値上がりの「春」もスタート 食用油

食品の原材料に多く使われている小麦粉や食用油の値上がり。すぐにではないものの今後の家計への影響が心配されます。まずは、家庭用の食用油です。

大手メーカーで、原料の高騰などにより1キロあたり、20円以上値上げされています。高知市内の量販店「サンシャインクレア」は、「店にある程度の在庫があるため、それがなくなるまでは、店頭の販売価格を上げない」としています。

今回の値上がりを受けて、まちの人は…

「値上がりするからと言って買いだめするほどではない。物価はやむを得ない部分も」

「しょうがない、工夫して切り詰めてやるしかない」

食用油の値上がりは、消費者にとっては厳しいものとなりそうです。