KUTVニュース

南国市にからくり人形を贈呈

ものづくりの楽しさを知ることができる高知県南国市の施設、「海洋堂スペースファクトリーなんこく」のオープンを前に工作技術の原点である「からくり人形」が南国市に贈られました。

からくり人形を贈ったのは栃木に住む人形師半屋弘蔵さんです。半屋さんは、南国市出身の科学技術者で江戸時代に活躍した細川半蔵頼直が書いたからくり人形の設計図「機功図彙」をもとにからくり人形の復元に取り組んでいます。今回、半屋さんが制作した「茶運び人形」や「品玉人形」などおよそ6点が贈られました。

「将来(からくり人形)を作るような子どもが育って欲しいと願っています」(半屋弘蔵さん)

今回贈られたからくり人形は「海洋堂スペースファクトリーなんこく」に展示されます。