KUTVニュース

「SNSの安全な利用を」高知市で高校生が呼びかけ

スマートフォンを初めて利用する機会が増える春休みを前に、高校生たちがSNSの正しい利用を呼びかけました。

呼びかけをしたのは太平洋学園に通う高校生や警察官らおよそ30人です。けさ、高知駅で通勤や通学途中の人たちにSNSの正しい利用を呼びかけるチラシを手渡しました。県警によりますと、SNSを利用して知らない人と出会い性犯罪に巻き込まれたり、プライバシーをインターネット上に拡散されたりする事件が、全国的に後を絶たないといいます。国はスマートフォンを初めて手にする機会が増えるこの時期に啓発活動に力を入れていて、今回もその一環として行われました。

「インターネットに気を付けてほしいだまされることがあると思うので。私もネットを使うので危ないサイトに入らないよう気を付けています。」(参加した高校生)

「全国ではSNSの使用で犯罪に巻き込まれた児童が1800人あまりに上る。県内でも複数の被害発生している。犯罪被害から子どもたちを守るため保護者には子どもがスマホを使用する際は各家庭でルール作りを進めてほしい。」(県警少年女性安全対策課 大野稔明課長補佐)

県警は、今後も保護者が利用環境を制限する「ペアレンタルコントロール」や「フィルタリング」の機能を活用することなどを呼びかける方針です。