KUTVニュース

食品ロス削減へ協定締結 高知・四万十町

高知県四万十町は食品ロスの削減に取り組むため、高知市の会社と連携協定を結びました。

四万十町とSDGs推進に関する連携協定を結んだのは、量販店での食品ロスの削減活動を展開する高知市の会社「With」です。きょうは食品ロス削減キャラクター「もぐにぃ」が立会う中、四万十町の中尾博憲町長と「With」の須江勇介社長が協定書を交わしました。食育などの啓発活動を通じて、町民に食品ロスに関する関心と知識を深めてもらうと共に、家庭や事業所から出る食品ロスの削減を目指します。「With」が自治体と協定を結ぶのは四万十町が初めてです。

「全町民1万6400人いますので、家庭家庭で取り組みの支援をお願いできれば。一番身近な我が家から意識付けをしながら食品ロスを減らしていく取り組みをしていきたい。啓発も含めて精一杯やっていきたい」(四万十町 中尾博憲町長)

四万十町はすでに高知大学ともSDGsを含めた包括的な連携協定を結んでいて、官・民・学が連携し町ぐるみで取り組む方針です。