KUTVニュース

ものづくりサポートセンター愛称決定 高知・南国市

高知県南国市のものづくりを全国に発信しようと市が整備を進めている「ものづくりサポートセンター」の愛称が決まりました。

「南国市に来ています。ご覧ください。未来感のあるデザイン。まるで宇宙船のようです。インパクトもあります。」(佐竹記者)

来月21日にオープンする南国市ものづくりサポートセンターです。南国市が誇る農機具や工作機械、金属部品といったものづくりを全国に発信する拠点として市がおよそ16億円をかけて整備しました。オープンを前に施設に愛着を持ってもらいたいと愛称を公募。寄せられた198作品のなかから、小学生の意見も参考に選定した結果「海洋堂スペースファクトリーなんこく」に決定しました。運営に当たるのは世界的に支持されているフィギュアメーカー「海洋堂」の関連会社「海洋堂高知」です。1階には海洋堂のジオラマや製作工房が設けられる予定でフィギュアの製造工程が見られるほかワークショップが行われます。2階と3階には南国市のものづくりの歴史や産業に関する資料が展示されるほか、ものづくりの楽しさを学べる体験コーナーが設けられます。

「施設の目的、一つは海洋堂さんと一緒に観光の誘客を図るということもう一つは 地域の子どもたちに南国市のものづくりの素晴らしさを知ってもらって体験してもらって南国市のものづくりに携わっていただけるような人材の育成を目指しています。」(南国市商工観光課 長野洋高 課長)

来月21日のオープン当日は飲食ブースが出店し、ステージイベントが開かれる予定です。