KUTVニュース

高知市議会2月臨時議会開会

高知市議会の臨時議会が開会し、9億円近くの補正予算案が提出されました。新型コロナのワクチン接種にかかる費用や、理美容業界への支援策などが盛り込まれています。

新型コロナのワクチン接種をめぐり、高知市は来月1日、市民からの相談に応じるコールセンターの開設を目指すなど、準備を進めています。補正予算案には、3月下旬に予定されている高齢者の接種クーポンの発行や送付にかかる費用などが盛り込まれています。

「高知市医師会や医療機関等の関係団体との協力体制を構築し、市民の皆様の円滑なワクチン接種に向けまして、接種場所やスタッフの確保などの準備に、精力的に取り組んでまいります。」(岡﨑誠也高知市長)

このほか、新型コロナの打撃を受ける理美容業界を支援するため、利用促進に向けたクーポン券の発行にかかる経費や、障がいがある人たちの感染防止対策として、社会福祉法人が「仕切り壁」を設置する費用を助成することなども盛り込まれています。

9億円近くの一般会計補正予算案などを審議する高知市議会2月臨時議会は、今月15日までです。