KUTVニュース

コロナワクチン接種 会場の調整に追われる

新型コロナのワクチン接種をめぐって、高知県の各市町村では集団接種の会場確保に伴い、当初行われる予定だったイベントなどが中止となるところも出てきています。

新型コロナのワクチンは国の指針で、65歳以上の高齢者への優先接種が4月以降に始まる見込みです。

高知市では医療機関での個別接種を中心に行う方向で検討が進められています。一方で医療機関の数が少ない高知市以外の市町村では、ワクチンを一体的に管理する必要があることなどから、集団接種を検討している自治体があります。

このうち南国市では、市内のスポーツ施設での集団接種が予定されていて、当初開催される予定だったスポーツの大会など4つのイベントがすでにキャンセルになったということです。また香南市では、5~6か所の会場での集団接種が予定されていて、このうち県立青少年センターでは今のところキャンセルは出ていないものの、関係各団体と日程を調整しているということです。

県のワクチン接種推進室は「こうした状況は把握していて現在、接種にあたる医師の確保や接種会場の調整を進めている。今後も各市町村と連携し可能な限りサポートしていきたい」とコメントしています。