KUTVニュース

高知FD 新人選手が本格始動

今シーズン加入する高知ファイティングドッグスの新人選手が、チームの一員として本格的に始動しました。

高知ファイティングドッグスには今シーズン、14人の新人選手が加入します。きょうはこのうち大内陸史投手、宮森智志投手、桑原潤也選手の3人が佐川町の堀見和道町長を表敬訪問しました。佐川町は選手が住む寮をチームに提供しています。自身も野球経験がある堀見町長は、「常に『どうすれば良くなるのか』日頃の練習から考える力を養ってほしい。」と、激励の言葉を贈りました。

「改めて挨拶することで自分の気も引き締まるしこれから頑張っていうという決意が固まった。新人選手だが、球団としては優勝に向かって自分も役に立てるように1つ1つ地道に(勝ち星を)積み上げて勝利に貢献できたら。」(宮森智志投手)

午後からは越知町のホームグラウンドで新人選手の合同自主トレ。きょうは軽めのメニューで調整しました。注目は元広島東洋カープの藤井皓哉投手。岡山県出身で2014年にドラフト4位でカープに入団し、高卒4年目でプロ初勝利を挙げています。しかし昨シーズンは1軍登板が無く、オフに戦力外通告。ここ高知から再びNPBの舞台に返り咲くことを目指します。

「まだできるという思いでここに来たのでもう一回NPBに復帰してやってやるぞという気持ちでやっていきたい。(目標は)個人的には圧倒的な成績を残してNPBに戻ること。その中でチームが勝てるように優勝できるようにやっていきたい。」(藤井皓哉投手)

14人の新人選手を迎え、目指すは2009年以来となるリーグ優勝。先月、ドラフト8位で阪神に入団した石井大智投手に続き、1人でも多くの選手のNPB入りを目指します。

「ここに来た経緯・目標・夢がブレないように続けられるかどうかそこを彼らには伝えたいし、話もした。楽しみでしかありませんね、今のところは。」(吉田豊彦監督)

チームは来月1日から全体練習を開始、4日から黒潮町で春季キャンプに入る予定です。