KUTVニュース

児童が漬物用ダイコンの収穫 高知・南国市

子ども達が元気な声で収穫しているのは、高知県南国市の西山地区で栽培された漬物用のダイコンです。

西山地区ではこの時期、「ダイコンのすだれ」が冬の風物詩となっています。かつて多くの農家がダイコンを栽培していましたが、徐々に生産者が減り、2013年に最後の1軒から農業生産法人 「南国スタイル」に受け継がれました。

きょうは食育に力を入れている後免野田小学校の2年生・20人が畑を訪れ、去年10月に自分たちで種をまいたダイコン、およそ2000本を収穫しました。

「新八州」という真っ白でまっすぐな品種で、今年は寒波の影響もあったものの、味のいい大きなダイコンに育ちました。葉を握りしめ力いっぱい引っ張りながら収穫する子どもたち。中にはこんなハプニングも・・・

抜き終わると次は土を落とす作業です。重いダイコンを持ちながら機械に入れると、みるみるうちに真っ白に。子どもたちにとっていい経験となったようです。

「軽いと思ったら重たかったし硬かった」
「もう大変やった。めっちゃ気持ち良かった」

収穫されたダイコンは2週間ほど天日干しした上で加工工場に出荷されます。そして1年後に古漬けとして販売されます。南国市の小学校では今月26日の給食で去年子ども達が収穫したダイコンの古漬けが提供されるということです。