KUTVニュース

コロナ終息願いしめ縄づくり 高知市

高知市の神社で新年を迎えるためのしめ縄作りが行われました。新型コロナ終息への願いが込められています。

しめ縄作りは高知市の護国神社で行われ、宮司の補佐役である禰宜の宮元序定さんと地域の人たちの4人で藁を編みました。編んだしめ縄は本殿や拝殿、鳥居にかけるための3本で、このうち拝殿にかけるしめ縄は長さがおよそ5メートルです。宮元さんたちはフェイスシールドを付け感染防止対策を講じた上で、力を合わせ、丁寧に仕上げていました。

「コロナが終息することを一番に願い、穏やかな安心できる日々が過ごせるように考えながら作っています。」(護国神社 禰宜 宮元序定さん)

護国神社では新年の初詣について分散参拝を呼びかけています。