KUTVニュース

相次ぐ米の不適切販売 高知・四万十町の生産者は?町長は?

JA高知県の度重なる不適切販売に、高知県四万十町の仁井田米生産者からは落胆の声が聞かれました。

四万十町で50年以上、仁井田米を作っている岡村康博さんは。

「土地をこやして、いいコメをと一生懸命やっているのに台無し。一度そこなった信用はなかなか戻らない。生産者は一生懸命やっているので、信頼回復が第一。時間はかかるだろうが」(生産者 岡村康博さん)

四万十町の中尾町長はブランドとしての信頼回復と生産者への対応も求めたいと話しています。

「仁井田米は自分自身も評価していた。今回の偽装、表示の問題、私自身びっくりしていて、遺憾に思う。早く信頼回復や業務の体制も改めてもらいたい。これまで、仁井田米を生産してきた方など組合の方、さみしい気持ちだろう。一日も早く、ブランドとしてまた評価される取り組みをしてもらいたいし、改めてしっかりとした品質、それを高めてほしい」(四万十町 中尾博憲町長)