KUTVニュース

KUTV「ろくろう」コラボアイテムは?

高知県出身のフィギュアイラストレーター・デハラユキノリさんと高知市の作業用品販売「ワークウェイ」、テレビ高知は、共同でマスコットキャラクター「ろくろう」をあしらった商品を開発しています。「からふる」では、先月、第一回目の打ち合わせの模様をお伝えしましたが、今回は、アトリエで製作に取り組むデハラさんの表情を取材しました。

キモカワイイ作品で人気のフィギュアイラストレーター、デハラユキノリさん。おしゃれでかっこいい作業用品やユニフォームを販売するワークウェイ。そしてテレビ高知のマスコットキャラクター「ろくろう」の3大コラボ商品開発プロジェクト。Tシャツやパーカー、エコバッグなど、いろんなアイテムを製作することにしていて、きょうは、具体的なデザインについて話し合いました。

一体どんなデザインになるのか、期待が高まります。

クッション的にフィギュアカットカメラがアトリエに入ると、もくもくとデザインのデッサンに取り組むデハラさんの姿が。ははあ。かなり攻めたデザインのろくろうですねー!

取材カメラが気になったようで、その形もデザインのモチーフに。

これまでデハラさんは、「おじさん」をモチーフにしたフィギュアでファンの支持を得てきました。それだけにテレビ高知のマスコットキャラクターでありながら「おじさん」という「ろくろう」をどんな感じのデハラワールドに落とし込むんでしょうか。

頭の中のイメージを一度、形にしようと、紙粘土をこね始めました。

アトリエ取材から1週間が経ちました。デハラさんのイメージが形になったようです。

もうちょっと批判があるかなと思ったんですけどテレビ高知のゆるさがこのノリでいいって言ってくれて安心しました。ここがOKあればこっちも遊べるので楽しみです。

さてさてコラボ商品の開発に向けた取り組みは来月クライマックスを迎えることになりました。いったいどんなアイテムが誕生するのか次回は、そのすべてをお伝えします。