KUTVニュース

高齢者のインフルエンザ予防接種無料に

きょうからインフルエンザの予防接種が始まりました。今年は新型コロナとインフルエンザが同時に流行する可能性があることを受け、高知県は、高齢者を対象に無料で予防接種ができるよう助成しています。

毎年、10月1日から始まるインフルエンザの予防接種。今年は新型コロナとインフルエンザが同時に流行する可能性があることから、県は、特に重症化しやすい高齢者を対象に、予防接種の費用を助成することとしました。これにより、去年までは最大1100円の自己負担金が必要でしたが、今年は65歳以上の高齢者は無料で予防接種を受けることができます。

高知市にある潮江高橋病院では、高齢者のワクチン接種が例年より増えると見込み、例年の1.5倍にあたるワクチンを用意しました。きょうは、さっそく予防接種を受けに来た人の姿が見られました。

「(予防接種により重症化を防げることは)えいことよね」
「できる予防を最大限やっておいたほうがいいと思う。リスク軽減が一番。周りの人を守る意味でも受けるべき。」(70代の女性と付き添いの姪)

「同時流行が懸念される中、インフルの重症化防ぎ入館患者減らすための対策。ワクチン接種は重症化の予防期待されるのでリスク高い高齢者には接種していただければ。」(潮江高橋病院 髙橋重信医師)

高齢者が無料で予防接種を受けられるのは12月31日までです。