KUTVニュース

テクノロジーで農業の未来を創る 高知で情報交換会

高知県内の農業分野が抱える課題を最新の技術を活用して解決につなげようと情報交換会が行われました。

「高知の農業の未来をテクノロジーで創る」をテーマに、分野を超えて開かれた情報交換会。県内外の20社以上の企業が、農業に応用できる人工知能=AIなどの先進的な技術を参加者に披露しました。最新技術と連携を図り、今、農家が抱える人手不足などの課題解決の糸口にしてもらいたいと、県が開きました。新型コロナウイルスの影響で、一部オンラインでの情報交換会となりましたが、200人以上が参加しました。

AI機能を持つカメラで農作物を認識し自動で収穫をするロボットや、病気や害虫の被害を受けた農作物の写真を送ると、原因となる病害虫の名前と対処方法を教えてくれるアプリなどが紹介されました。参加者らは、メモを取りながら熱心に聞いていました。

「昔からの園芸王国高知の経験、技術にさらに新しい世界の最新技術を組み合わせて、もっともっと収量を上げていこう、農業所得を上げていこうという取り組みなので大事なことだと思います。」(南国スタイル 中村文隆代表取締役専務)

それぞれの企業が自分たちの最新技術を紹介し、高知ならではの豊かな農業資源を生かして、「一緒に新しいことにチャレンジしたい。」と呼びかけました。

「農業に限らないんですけど、違う分野の技術なんかも応用できる技術がいっぱいあると思うので、最先端の技術を知っていただいて、まずは何かアイデアを上げるきっかけができればと思っています。」(産学官民連携センター 澤田博睦センター長)

県内の農家らは今後、興味を持った企業に詳しく話を聞くなどする予定です。