KUTVニュース

中津渓谷 涼を求める人でにぎわう 高知・仁淀川町

厳しい暑さの中、高知県仁淀川町の渓谷は涼を求める人たちでにぎわっていました。

仁淀川町の中津渓谷です。紅葉の名所として有名ですが、今の時期は、「屋外で涼が取れる場所」として人気が高まっています。

渓谷を流れる仁淀川の源流、中津川。透き通るような美しさです。渓谷には、およそ1.6キロにわたる遊歩道が整備されていて、景色を楽しみながら散策することができます。道中では山肌を伝う水や川を泳ぐ魚を見ることができ、とても涼しげです。そして、入口から20分ほど歩いた場所にあるのが…

「渓谷の奥にある『雨竜の滝』です。普段より水は少ないんですが、この迫力。滝の流れる音、様子を見ると心が落ち着きます。」(尾﨑大晟アナウンサー)

落差はおよそ20メートル。あたりには心地の良い風が吹いていて、訪れた人たちは、滝を見上げながら涼を感じていました。

「ここまで暑かったんですが滝の近くは汗が引くくらい涼しい。へたっていて体もしんどいが、こういう所に来られて涼めるのでリフレッシュになってよかった。」(訪れた人)

仁淀川町によりますと、「今年のお盆休み期間は、例年よりも多くの観光客が訪れた」ということです。