KUTVニュース

高知県四万十市中村 全国一暑い37.9℃

高知県内はきょうも朝から気温が上がり、四万十市中村では37.9℃を観測。全国1番の暑さとなりました。週末にかけて高知市では最高気温が37℃予想の日もあり、引き続き、熱中症に警戒が必要です。

きょうの県内は高気圧に覆われ、厳しい暑さとなりました。四万十市中村では最高気温が37.9℃を観測し、全国で1番の暑さとなりました。

(Q.川で遊ぶのどうですか)
「楽しいです!」(女の子)

「暑いですね。川に入らないとやってられないですね。なかなか水遊びもしに行きにくいので、感覚取れて思いっ切り遊べる所は良いですね」(母親)

また、四万十市江川崎では全国5位となる37.3℃、高知市で36.2℃など県内16の観測地点のうち9つの地点で、今年一番のうだるような暑さとなりました。
      
「ほんとに暑いです。このお天気はきついし、やってられない」(高知市の女性)

この暑さの影響で県内では午後3時半時点で7人が熱中症の疑いで救急搬送されました。

日が暮れた後も、気温が25℃以上の熱帯夜となるところが多くなる見込みです。家の中でも熱中症になる危険があります。エアコンや扇風機をうまく使い、暑さを避け、のどが渇いていなくても水分をこまめに補給するなど、充分な対策をとってください。

あすも県内は高気圧に覆われて広く晴れる見込みで、高知市では最高気温が35℃の予想で、猛暑日となりそうです。