KUTVニュース

高知・いの町の電子機器会社 フェイスシールド寄贈

医療現場で役立ててもらおうと高知県いの町の電子機器会社が県にフェイスシールドを寄贈しました。

フェイスシールドを寄贈したのは、いの町の電子機器会社、「仁淀デンツウ」です。自社製品としてフェイスシールドを製作していて、県内の医療現場で役立ててもらおうと、贈りました。県によりますと、新型コロナの第一波ではガウンやフェイスシールドなどの感染防護具が不足したといいます。今は供給が回復してきていますが、まだ十分とは言えない状態だということです。

贈られた1000個のフェイスシールドは、高知医療センターや協力医療機関などに配られます。