Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イブニングKOCHI

番組情報
番組名

イブニングKOCHI

放送時間
月~金 ごご6時15分
番組紹介

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

友だち追加

新産廃処分場 佐川町議会受け入れを決める

高知県が佐川町加茂に施設整備の受け入れを申し入れている管理型産業廃棄物の最終処分場について、佐川町議会は施設整備を受け入れることを決めました。

現在、稼動している日高村の産業廃棄物最終処分場=エコサイクルセンターは、早ければ4年後の2023年3月に満杯になる可能性があります。

このため県は新しい最終処分場の建設予定地を佐川町加茂(かも)に決め、先月31日に町と町議会に施設整備の受け入れを申し入れました。

このうち町議会はきょう、14人の議員全員による協議会を開き、受け入れの可否について議論しました。会では一部の議員から「未だに不安の声を上げている住民もいるため、議会としてもしっかり調査してから決めてはどうか」などの意見もありましたが、「県はこれまでに安全性などについて十分説明している」「県はなるべく早い回答を求めているのできょう決めるべき」といった意見が多く挙がりました。

最終的には受け入れの可否を採決することになり、14人中12人が賛成。議会として施設整備を受け入れることが決まりました。議会から県に回答する際には、将来に渡って施設の安全性を確保するよう求める内容の意見書もあわせて提出する方針です。

「(今後)県の方に色々な面でお願いをしていきたいと考えている。本当に加茂長竹地区で安心して生活ができるような環境整備に取り組まねばならない」(佐川町議会 永田耕朗議長)

一方、堀見和道町長をトップとする町の執行部は、今月16日に受け入れの可否を住民に回答する予定です。