KUTVニュース

新型コロナ 高知県内で22人の感染 医療機関でクラスターも

高知県内では新たに22人の感染が確認されました。高知市の医療機関ではクラスターが発生しています。

「本日の新型コロナ感染者は22人です。約4か月ぶりの20人台。全県に広がってきている。」(県健康政策 川内敦文医監)

新たに感染が確認されたのは10歳未満から100歳代までの男女合わせて22人で、8人の感染経路が分かっていません。高知市の三愛病院では医療従事者1人、患者5人の感染が確認され、クラスターとなっています。このうち、60代の女性患者1人が酸素投与が必要な中等症です。病院では患者29人と医療従事者38人を検査しています。また、高知市の70代の男性が重症となっていて、22人のうち5人はオミクロン株の疑いがあるということです。

県内の感染確認は4248人となり、24人が入院しています。重症は1人、中等症は2人で病床の占有率は7.9%となっています。