KUTVニュース

【高知】空港の検疫所で陽性判明後、県内で入院の男性 オミクロン株確認

今月24日に海外から帰国し、関西空港の検疫所で新型コロナの陽性と確認され、高知県内の医療機関に入院している県内に住所地のある40代の男性について、県は30日、解析の結果、ウイルスがオミクロン株と確認されたことを発表しました。

県によりますと、この男性はサウジアラビアなどへの滞在歴があり、今月24日に帰国。関西空港の検疫所で新型コロナの陽性と確認されました。男性は29日¥から県内の医療機関に入院しています。29日の時点では男性は無症状で、県内には濃厚接触者がいないことが確認されています。県は30日、ゲノム解析の結果、ウイルスがオミクロン株と確認されたと発表しました。今回のケースは空港の検疫所で陽性が確認されたため、県内の感染確認の数には含まれていません。

県内では30日も新たな感染は確認されていません。