KUTVニュース

高知・芸西村のイルミネーション 温かい竹灯り

様々な模様が浮かび上がる幻想的な景色、「竹灯りの宵」。2014年から、芸西村の琴ヶ浜で行われている一日限定のイベントですが、今年は密を避けるため、ロイヤルホテル土佐で期間限定で開催されています。
  
「今年はロイヤルホテル土佐のお世話になって庭で開催しています。見に来てくれた人には竹の大小や丸かごの灯りを楽しんでいただけたらと思います。」(竹あかり実行委員会 公文三郎 会長)

竹灯りはすべて手作り。放置された竹林の竹を150本切り出し、集落活動センターのメンバーや芸西村の職員、ボランティアなどおよそ100人が思いを込めて作り上げました。

「こちらの竹灯りよく見ると一つ一つの模様が違うんです。竹の中から浮かび上がる優しい灯りを見ていると、外の寒さも忘れ温かい気持ちになってきます。」

今年は、たくさんの竹まりが生み出すやわらかな空間や、フォトスポットが初登場。訪れた人たちは竹ならではの温かい光にうっとりとしている様子でした。

「散策がてら見に来ました。一つ一つの作品がすばらしいなと思います。」(訪れた人)

「(竹灯りを見る機会は)そんなにない。素晴らしいと思います。」(訪れた人)

日常から離れた時間を過ごせる「竹灯りの宵」は、来年1月10日までです。

入場は無料です。また、芝は立ち入り禁止となっているため、ホテルのエントランスを通って会場に入って下さい。