KUTVニュース

東京で2年ぶりの開催 高知の食の魅力をPR

高知県の魅力の情報発信が再始動です。県は東京のアンテナショップに在京のメディア関係者を招き、高知の食の魅力をPRするイベントを開きました。

このイベントは県が在京のメディア関係者を対象に毎年開いていましたが、去年は新型コロナの影響でオンラインでの開催でした。2年ぶりの今回は、感染防止対策として会食形式でなくメディア関係者に県の担当者や生産者らがプレゼンを行う形式で実施されました。7日夜は17社22人が出席し、田舎寿司や金目鯛など県内各地の魅力ある食材について生産者のこだわりやおすすめの食べ方などの説明を受けながら高知の食を楽しんでいました。

「やっと新型コロナが落ち着きを見せ始めていて、高知県の観光(の魅力)を直にメディアの方にお伝えする機会がやっと来たかなということで非常にうれしく思っている。まだまだ高知の魅力を十分届けられていない部分もあると思う。少しでも多くのみなさんに魅力が伝わるよう機会を捉えていろんな形で発信していきたい」(県観光政策課 鈴木康正課長)

県は1月から食を前面に出した観光キャンペーンを展開する予定で、今回のイベントを通して「観光振興策の再スタートに向け勢いをつけることができれば」としています。