KUTVニュース

国道・高速道路の雪氷トラブル防止へ

積雪や路面凍結に向けた対応も始まりました。国土交通省土佐国道事務所では毎年冬に管内の国道で除雪作業を行ったり、凍結防止剤を散布したりしています。

1日は職員と道路工事の業者が、凍結防止剤を積み込み、車両を実際に動かす訓練を行いました。

新潟県では去年12月に日本海側を中心とした大雪の影響で、1000台以上の車が高速道路で立往生しました。そのことを教訓に、県内でも大規模な立往生の発生を防ごうと、計画的に通行止めにすることを決めている高速道路と国道の「規制区間」の周知に努める方針です。

「これまで雪が降っていなかったところでも雪が降るかもしれませんし、想定外を想定することがとても大事になってくる。」(土佐国道事務所 岡本雅之所長)