KUTVニュース

灯台も一般開放 足摺岬をイルミで彩る 高知・土佐清水市

足摺岬でツバキや海を連想させる赤や紫に輝くイルミネーションが灯され、幻想的な雰囲気に包まれました。

高知県土佐清水市足摺岬のジョン万次郎像が建つ広場で行われた「あしずり光の岬イルミネーションナイト」。地元の人たちや観光客に夜の足摺岬を楽しんでもらおうと市が初めて企画しました。造花と共におよそ1万5000球のLEDのイルミネーションが飾り付けられ、光の空間を浮かび上がらせています。ツバキや海を連想させる赤や紫の光に包まれる中、ピラミッド型のタワーと星のオブジェが輝き、訪れた人達は写真を撮るなどして楽しんでいました。

「みんなで家族とかで来たら仲良くなれるというか思い出が作れると思います。」

「楽しいです。めっちゃきれい。」

「あしずり光の岬イルミネーションナイト」は22日夜も午後8時半まで行われる予定です。

またイベントに合わせ20日と21日、「足摺岬灯台」が一般に公開されました。今回の公開は1868年=明治元年の11月1日、国内で最初に西洋型灯台の設置工事が神奈川県の観音埼で始まったことから制定された“灯台記念日”にちなんで高知海上保安部が行いました。

事前に予約した見物客が灯台内部の階段を上がり、屋上のデッキに出て雄大な太平洋を眺めます。この日はちょうど海上保安庁の航空機が上空で2回旋回し、花を添えました。

「怖かったです。でも海がすごくきれいで風もなくて良かったです。」

「こんな楽しいことが待っていたなんて感動です。」

訪れた人たちはめったに味わえない貴重な体験を楽しんでいました。