KUTVニュース

観光列車で“スイーツおきゃく” 来年1月に4日間限定

高知県内の食材をふんだんに使ったスイーツを、豪華観光列車で楽しめます。その名も「スイーツでおきゃく」来年1月、4日間限定の旅行です。

人気の観光列車「時代の夜明けのものがたり」。沿線でのおもてなしや雄大な景色など魅力たっぷりの旅をすることができ、今月も乗車率が91%と、コロナ禍でも人気を誇っています。そんな観光列車、新たな魅力が・・・「スイーツ」です!来年1月、4日間限定でスイーツを楽しむ旅が企画されているんです。

「見た目も可愛らしいスイーツがなんと12種類もあるんです!どれもおいしそうで何から食べるか迷ってしまいます・・・」

メニューを考えたのは老舗旅館「城西館」のパティシエ。JR四国が、沿線の食材を使ったスイーツでおもてなしをしたいとオファーしました。

高知・奈半利間では、安芸市のナスを使ったタルトや北川村のゆずを使ったロールケーキなどが。高知・窪川間では、佐川町の牛乳を使ったプリンや四万十栗を使ったモンブランなどが。それぞれの路線で、地元の自慢の食材が利用されています。

また、移動する列車ならではの企画も・・・

「こちらでは、沿線で採れたての食材をその場で盛り付けるサービスが行われているんです。」

早速食べてみると・・・

東西あわせて、21種類のスイーツに、沿線の食材が使われています!車窓からの景色に加え、スイーツでも、高知の魅力を「再発見」できる、列車の旅となりそうです。

「こんなにも高知県の食材ってすごいものがあったんだと。特別なスイーツでたのしい話ができる時間を過ごしてもらえたら。」(JR四国 ものがたり列車推進室 蔦 利次室長)

4日間限定の「スイーツでおきゃく」。来年1月20日(木)と28日(金)の便はJR四国ツアーのホームページで予約することができます。21日(金)と27日は四国内の旅行会社で予約できるよう調整中だということです。