KUTVニュース

ワインで乾杯はいかが? 「宝石箱のよう」ボージョレ解禁

フランスのワイン「ボージョレ・ヌーボー」がきょう解禁されました。今年も上品でフルーティーな味に仕上がっています。

毎年11月の第3木曜に解禁されるボージョレ・ヌーボー。フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で収穫されたブドウで造られた新酒です。高知市のイオンスタイル高知には12品目のボージョレ・ヌーボーが販売されています。販売するソムリエに今年の味を聞いてみると…

「酸味とココリス(お菓子)のような甘みも感じますし、ジュエリーボックス=宝石箱のような、かわいらしいお嬢さんの宝石箱、そういったものを感じさせる、イメージさせるワインに仕上がってますね。」(イオンスタイル高知 リカー担当 古島孝幸さん)

今年は芽が出る4月に大量の霜が降りた影響で、ブドウの収穫量が3割~4割減りましたが、夏場は天候に恵まれ、成熟が順調に進んだといいます。コロナ禍で家飲みが増えたこともあり、こちらでは去年同様、300本あまりの予約が入っていて、解禁を前に開かれるコンクールで受賞歴があるワインが人気だということです。

「高知もワインのファンってたくさんいらっしゃると思うんですね。これからももっとワインファンが多くなってほしいんですけどきょう一杯ビールを飲むお父さん、お母さんはボージョレで乾杯というのもよろしいんじゃないでしょうか。」(イオンスタイル高知 リカー担当 古島孝幸さん)

イオンスタイル高知では「花のある食卓」をテーマにシクラメンなどの花も合わせて販売していて、特設コーナーは1週間ほど開設するということです。