KUTVニュース

秋季全国火災予防運動 高知市の商業施設で消火訓練

秋季全国火災予防運動がスタートしました。高知市の商業施設では、消防や病院の職員も参加し消火訓練が行われました。

訓練は高知市の商業施設、イオンモール高知で行われ、高知北消防署と高知赤十字病院の職員も参加しました。

3階のフードコートから出火したとの想定で、従業員はすぐさま客を避難させます。その後まもなく消防が火元に駆け付け逃げ遅れた人を救出。消火活動を行い、火を消し止めていました。

訓練は去年開館した新館で行われ、新館での消火訓練は今回が2度目です。子どもから高齢者まで大勢の人たちが訪れる商業施設での訓練は、命を守るために重要です。

「イオンモールの従業員にこういう避難経路で避難することだったり、それを覚えてもらったりするために必ず(毎年)訓練を実施しています。」(イオンモール高知 曽根弘之オペレーション担当)

全国秋の火災予防運動は、今月15日までで、期間中、県内各地で消火訓練が行われます。