KUTVニュース

天狗高原 秋の深まり感じる“紅葉” 高知・津野町

秋の楽しみの1つといえば「紅葉」ですよね。高知県津野町の天狗高原では葉が鮮やかに色づき、大勢の人たちを楽しませています。

雄大な山々を一望できる四国カルスト。中でも標高およそ1400メートルの天狗高原では、紅葉が見ごろの終盤を迎えていて、祝日のきょうは大勢の観光客が訪れていました。1週間ほどしか見ごろが続かないとされる天狗高原の紅葉。今年は先月末に頂上の方から葉が色づき、ふもとにかけて徐々に見ごろが移っています。今は8合目付近が最も色づいていて、ドライブをしながら色とりどりの紅葉が楽しめます。

「紅葉が緑・黄色・赤とグラデーションになっていてとってもきれいです。色鮮やかで青空に映えています!」(三上アナウンサー)

天狗高原の観光の拠点「星ふるヴィレッジTENGU」です。宿泊もできる施設ですが、今月はすでに予約で満室となっていて、来月の予約も例年の4倍と大忙しです。

「ここから見下ろして紅葉とかがあったのでとてもきれいでした。思い出になってよかったです。」
「人がけっこう多くてびっくりしました。子どもが生まれてからは来ていないので久しぶりです。ソフトクリームを食べながら楽しみたいと思います。」(観光客)

こちらで人気なのが、天狗紅茶のソフトクリーム。香りが高い津野町の紅茶と、カルスト台地で育った牛の牛乳を使用していて、濃厚な味わいです。

「いただきます。上品な紅茶の甘みとミルクの濃厚さが口いっぱいに広がります。雄大な景色を見ながら食べるソフトクリームは何倍もおいしく感じます。」(三上アナウンサー)

太陽の光を受けてキラキラと輝くススキは秋の深まりを感じさせてくれます。雄大なカルスト台地とススキの競演はまさに「秋の景色」です。のんびりとした時間が流れる天狗高原。紅葉とススキは今週末まで楽しめそうだということです。